写真 歴史 風景

写真:二むらや三河に出る秋の月 岳輅

2024/6/7

二むらや三河に出(いず)る秋の月   岳輅(がくろ) 二村山(ふたむらやま)は昔から鎌倉街道の歌枕として知られ、眺望に優れていた。 江戸時代の中頃名古屋乗西寺の住職岳輅(がくろ)が志朗とと月見に訪れた際に詠んだ句で、 寛政6年(1794)の「麻刈集」に載っている。 豊明市観光協会 名古屋市緑区と豊明市の境あたりにある鎌倉街道の名勝、二村山(ふたむらやま)に登りました。 といっても標高80mほどの山にある鎌倉街道の峠です。 そこにあった立て札を見て岳輅と士朗がわざわざ名古屋から見に来た三河に昇る月をどうして ...

ReadMore

写真 風景

写真:小堤西池のかきつばたが見頃です。2024/05/15@刈谷市

2024/5/16

5/15小堤西池のかきつばたが見頃です。 先週よりも花に勢いが感じられます。 池の東のシャリンバイの白い花が満開になってその当たりが華やいでいます。 そこでは、かきつばたの花はシャリンバイに主役の座を譲って引き立て役に回っています。 今年は池の水量が多い 今年は池の水が多いので、水面に映り込むかきつばたの花が波に揺らいで融けていくような風情があります。 こんどの週末は今年のかきつばたの見納めになるかも知れません。 かきつばたと混生している葦が伸び始めているからです。 葦が伸びてくると背の低いかきつばたはど ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:2024年5月9日、国の天然記念物小堤西池のかきつばたが見頃をむかえています。@刈谷市

2024/5/16

2024年5月9日、国の天然記念物、刈谷市にある小堤西池のかきつばたが見頃です。 4月27日に知立神社でかきつばたが咲いているのを見て、その足で小堤西池のかきつばたの様子を確かめに訪れた時はに開花にはほど遠い様子でしたが、それから10日ほどで一気に見頃になりました。 小堤西池のかきつばたは天然記念物なので自然の中にあるがままの姿です。 在原業平がこの辺りを通ったときの景色を伝えています。 ここから少し東にある三河八橋の無量寿寺に行くまでもなく、この辺り一帯は見渡す限りこの風景が広がっていたのだと思いながら ...

ReadMore

写真 風景

写真:2024年、知立神社のかきつばたが早く咲きましたが近くの小堤西池のかきつばたの開花はまだでした。@刈谷市

2024/4/27

知立神社のかきつばたが早く咲きましたが近くの小堤西池のかきつばたの開花はまだでした、 昨年は5月の初めに花が咲き始めました。 先日、知立神社のかきつばたが雨の中でツツジと一緒に美しく咲いていたので、今年は開花が早いのかと思って近くの天然記念物小堤西池に自生するかきつばたの様子を見に行きました。 結果はご覧のとおり花はまだまだでした。 とは言っても。そろそろ開花の時期を迎えます。 https://okazin86.com/chiryu

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:尾張国二宮 大縣神社は濃尾平野を開拓者した古代の人たちの守り神。@犬山市

2024/4/30

尾張国二宮 大縣神社(おおあがたじんじゃ)は濃尾平野を開拓した古代の人たちの守り神です。 犬山市にあります。 国宝の犬山城から南南東7㎞にある本宮山の麓にある神社です。 元は本宮山、(真霊山(みかみやま)ともいう)の山頂に祀られていた神様ですが、大縣神社の由緒書によると垂仁天皇27年(BC3年)に麓の現在地に遷座されたそうです。 祭神は尾張国開拓の祖神、大縣大神です。 尾張国一宮の真清田神社の祭神は天火明命(あめのほあかりのみこと)も国土開拓、産業開発の神様なので、濃尾平野の開拓と開発のために尽力された神 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:尾張国一宮 真清田神社@一宮市

2024/4/22

尾張国一宮の真清田神社(ますみだじんじゃ)は愛知県一宮市にある歴史ある神社です。 参道はアーケードのある大きな商店街になっていて、市役所も門前に立地しています。 御由緒 神社名 真清田神社(ますみだじんじゃ) 祭神 天火明命(あめのほあかりのみこと) 鎮座地 愛知県一宮市真清田1ノ1 祭礼日 四月三日(桃花祭) 当社は尾張国一宮にして、祭神天火明命は天孫瓊瓊杵尊の御兄神に坐しまし国土開発、産業守護の神として 御神徳弥高く、この尾張国はもとより中部日本今日の隆昌を招来遊ばれた貴い神様であります。 創建につい ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:知立神社にある東公園ではかきつばたとツツジが満開です。@知立市

2024/4/22

知立神社にある東公園ではかきつばたとツツジが満開です。 花菖蒲園(西公園)はまだ咲いていません。 強く降る雨のかなで、ツツジとかきつばたが薄暗い神社の森を背景にして光るように咲いています。 ツツジもかきつばたも例年に比べると咲くのが早いのですが、特にかきつばたがツツジと同じタイミングで咲いているのは、季節がこれまでとは大きく変化してきているのでしょう。 強い雨のせいで知立神社の社号標を撮り忘れました。

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:谷汲山華厳寺の仁王像と門前町の桜祭り@岐阜県揖斐川郡

2024/4/15

西国三十三番満願霊場谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)は、その山号と寺号は醍醐天皇より賜ったと伝えられています。 お寺の場所は、根尾川が山から濃尾平野に流れでる手前の西に位置しています。 その根尾川は濃尾平野にでて木曽三川(きそさんせん)のひとつ揖斐川(いびがわ)に合流します。木曽三川とは長良川、木曽川、揖斐川のことをこのように呼びます。 谷汲山華厳寺は日本最古の観音霊場「西国三十三所観音霊場」の第三十三番札所で結願・満願のお寺として知られています。 春には桜、秋には紅葉の名所として多くの参拝者を集めま ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:壬申の乱で大海人皇子に破れた大友皇子の墓と伝わる古墳があります。@岡崎市

2024/4/10

壬申の乱(じんしんのらん・672年)で大海人皇子(おおあまのおうじ)に破れた大友皇子(おおとものおうじ)の墓と伝わる古墳が岡崎市にあります。 壬申の乱は天智天皇死後の皇位を巡り、天智天皇の弟、大海人皇子と天智天皇の息子、大友皇子との戦いのことです。 近年では、鸕野讃良皇女(うののさららのこうじょ)(のちの持統天皇)が夫である大海人皇子(後の天智堪能)の皇位継承のために、近江を去り吉野でいの準備を行い、兄である天智天皇が亡くなった後に、兄の息子の大友皇子を討つことを説得したのではという説も有力になっているよ ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市

2024/4/10

満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市 1500年前に迫害を避けてこの地(岐阜県本巣市根尾)に潜んでいた男大迹王(おほどのおおきみ)が継体天皇として即位するためにこの地を去るにあたり形見として植えられた桜です。 「身の代と残す桜は薄住よ 千代に其の名を栄盛(さか)へ止(とど)むる」。 歌まで添えられています。 継体天皇(男大迹王)は福井で育てられ、迫害を避けてこの地に隠れていました。 そういった歴史上の出来事を知る、やんごとなき桜の木です。 【PR】初心者も安心のサポート充実【DMM FX】 国指定天然記念物 根尾 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 徳川家康 歴史

写真:浜名湖の北にある龍潭寺は井伊家の菩提寺です。小堀遠州の庭が特に有名です。ドラマにもなった女城主直虎が井伊谷城を出て母の元に移り住んだと伝わる松岳院跡もあります。@浜松市

浜名湖の北にある龍潭寺(りょうたんじ)は井伊家の菩提寺です。

小堀遠州の美しい庭が特に有名です。

ドラマにもなった女城主直虎が井伊谷城を出て母の元に移り住んだと伝わる松岳院跡もあります。

今では浜松の観光スポットとしても有名です。

井伊家・宗良親王 菩提寺

萬松山 龍潭寺(りょうたんじ)

当時の歴史は古く、天平5年(733)行基菩薩開創八幡山地蔵寺に始まると伝えられています。

寺の南に井伊氏祖共保公出生の伝説を残す八幡宮御手洗井戸(みたらしのいど)があります。

この寺域はもと井伊八幡宮の境内でしたが、500年前井伊氏がこの地に龍泰寺(現龍潭寺)を造営しました。

龍潭寺は井伊城南の守りの砦の役目を果たしてきた歴史があります。

この参道石垣等に小規模ながら城郭造りの跡が残されています。

朱印地であった境内地24,000坪は、明治政府が没収、その後1万余坪が返還されました。

龍潭寺の森は日本の森百選に選ばれています。

この森に包まれ点在する龍潭寺伽藍(がらん)は、江戸時代建立の貴重な文化財で長い歴史をひめてよく保存され今日に至っています。

鐘楼の傍には井伊直政公誕生の地の石碑が建てられている。

徳川四天王

井伊直政(いいなおまさ)

徳川四天王とうたわれた井伊直政は、永禄4年(1561)2月9日井伊荘祝田で、名門井伊氏の嫡男(ちゃくなん)(あととり)として生まれました。2歳の時に父直親が今川氏真の手により殺され、井伊家は滅亡の危機に立ちます。

8歳の時、直政は龍潭寺の南渓和尚(なんけいおしょう)の計らいで、三河鳳来寺(みかわほうらいじ)に預けられ成長します。

15歳になった直政は、浜松城主徳川家康の家臣となり数々の武勲を立てます。天正10年武田勝頼を攻め滅ぼした家康は旧武田軍の「赤備」(あかぞなえ)の軍を直政に付けます。

天正12年(1584)小牧・長久手の戦いで、この赤備部隊が活躍し、井伊の赤鬼と恐れられました。

この功で直政は6万石に出世、井伊家再興を果たしました。

慶長5年、関ヶ原合戦では東軍の軍艦(監督)を勤め徳川軍を勝利に導き、彦根18万石城主となり、徳川軍団の筆頭に出世しました。

慶長7年(1602)2月1日、直政は42歳の生涯を閉じました。

広告 【KINTO】

廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)の傷跡が痛々しい丈六(じょうろく)の大仏

丈六の釈迦牟尼佛(じょうろくのしゃかむにぶつ)

この仏様は遠州地方第一の大仏様、丈六仏です。

丈六とは一丈六尺(五米)の寸法を言いますが、お坐りですから三米(3メートル)ほどの高さです。

享保14年(1729)雲長作の寄木造り釈迦牟尼仏坐像です。

静かに心を深く見つめておられる、座禅のお姿の仏様です。

この仏様のお体(からだ)には黒い落書きの跡が付いています。

明治初年に起こった廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)(仏教を排斥しお寺をこわす)の動乱の傷跡です。

本堂前にあった大仏殿が壊されたとき、近所の子供たちがこの仏様に登り、金箔をこすった跡です。

廃仏毀釈という歴史の生き証人といえる仏様です。

龍潭寺WEBページ https://www.ryotanji.com/index.html

仁王門下に直虎が母と住んだ松岳院跡があります。

仁王門をおりてすぐ右に直虎が母と住んだ松岳院跡があります。

直虎の母は井伊家の姫としての幸せを望んでいたにちがいありません。

松岳院跡地

松岳院跡地とは、井伊家22代直盛公の御内室、松岳院様が住まわれた塔頭(たっちゅう)(寺内寺院)があった場所です。

江戸時代中期に彦根の絵師が描いた龍潭寺境内図に、松岳院の建物が記されています。松岳院様は、おんな城主井伊直虎公の母君です。

永禄3年(1560)5月19日、桶狭間に出陣した直盛は織田信長の奇襲を受け、今川義元と共に討死しました。直虎の母は髪をおろし仏門に入りました、松岳院という法号を頂き松岳院様とよばれ、龍潭寺境内のこの地に庵(いおり)を建て、亡き直盛の追善供養を勤められました。

永禄11年(1568)11月徳政令(債権の放棄)を受け入れた直虎は井伊谷城を出て松岳院に入りました。

1ヶ月後の12月、徳川家康は井伊領に侵攻して井伊谷城を接収し、引馬城へ入り遠州進出第一歩を印しました。

天正3年(1575)、井伊直政公は浜松城で家康に仕えました。

天正6年(1578)1月15日、直虎の母松岳院逝去。

法名松岳院殿寿窓祐椿大大姉と申し龍潭寺に葬られました。

天正10年(1582)6月、本能寺の変。家康主従決死の伊賀越え、直政は家康を守り無事岡崎に帰還しました。

直政のこうした活躍を見届け、直虎は同年8月26日、大叔父である龍潭寺二世南渓和尚に見守られ逝去しました。

庫裡の上り端にいらっしゃる三州護法韋駄尊天像が美しい。

本堂や庭園を拝観する場合には、拝観料を払って庫裏から靴を脱いで上がるのですが、そこに三州護法韋駄尊天がいらっしゃいます。

暗くてよく見えず、カメラの感度を上げて撮影するとノイズが乗ってしまうのですがすが、幸いにもその美しい姿が写っていました。

井伊家の歴史年表を見ると、井伊氏は2つの難局を生き抜いたようにみえます。

井伊家の歴史年表を見ると、井伊氏は2つの難局を生き抜いたようにみえます。

井伊家の歴史年表 https://www.ryotanji.com/history/iikerekisinenpyo.html

1つは南北朝時代 南朝の後醍醐天皇の王子、宗良親王(むねながしんおう)の東国での戦いに付き従った時代。

もう一つは一族が消滅する危機にあった井伊氏を龍潭寺住職南渓和尚の知恵と、女城主の井伊直虎(次郎法師)の努力で井伊直政を育て、戦国の世を生き抜いた時代。

そんな2つの時代を乗り越えてきた一族であることが分かります。

井伊直政の戦場での戦い方は、大将自らが先陣を切って敵陣に突撃するというスタイルだったそうです。

それは、井伊一族の歴史を考え合わせるならは、井伊家は戦いでは常に背水の陣で臨むしかなかったがために受け継がれてきた先戦法、それがきっと伝統だったのでしょう。

平安時代から懸命に戦い抜いてきた井伊一族には、平和に過ごせる時代はあまりありません。

そんな一族のDNAが、直政にもきっとそうさせるのだろうと思います。

 広告【KINTO】

-写真, 寺社仏閣, 徳川家康, 歴史
-, , , , , , , , , , ,

テキストのコピーはできません。