写真 風景

写真:小堤西池のかきつばたが見頃です。2024/05/15@刈谷市

2024/5/16

5/15小堤西池のかきつばたが見頃です。 先週よりも花に勢いが感じられます。 池の東のシャリンバイの白い花が満開になってその当たりが華やいでいます。 そこでは、かきつばたの花はシャリンバイに主役の座を譲って引き立て役に回っています。 今年は池の水量が多い 今年は池の水が多いので、水面に映り込むかきつばたの花が波に揺らいで融けていくような風情があります。 こんどの週末は今年のかきつばたの見納めになるかも知れません。 かきつばたと混生している葦が伸び始めているからです。 葦が伸びてくると背の低いかきつばたはど ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:2024年5月9日、国の天然記念物小堤西池のかきつばたが見頃をむかえています。@刈谷市

2024/5/16

2024年5月9日、国の天然記念物、刈谷市にある小堤西池のかきつばたが見頃です。 4月27日に知立神社でかきつばたが咲いているのを見て、その足で小堤西池のかきつばたの様子を確かめに訪れた時はに開花にはほど遠い様子でしたが、それから10日ほどで一気に見頃になりました。 小堤西池のかきつばたは天然記念物なので自然の中にあるがままの姿です。 在原業平がこの辺りを通ったときの景色を伝えています。 ここから少し東にある三河八橋の無量寿寺に行くまでもなく、この辺り一帯は見渡す限りこの風景が広がっていたのだと思いながら ...

ReadMore

写真 風景

写真:2024年、知立神社のかきつばたが早く咲きましたが近くの小堤西池のかきつばたの開花はまだでした。@刈谷市

2024/4/27

知立神社のかきつばたが早く咲きましたが近くの小堤西池のかきつばたの開花はまだでした、 昨年は5月の初めに花が咲き始めました。 先日、知立神社のかきつばたが雨の中でツツジと一緒に美しく咲いていたので、今年は開花が早いのかと思って近くの天然記念物小堤西池に自生するかきつばたの様子を見に行きました。 結果はご覧のとおり花はまだまだでした。 とは言っても。そろそろ開花の時期を迎えます。 https://okazin86.com/chiryu

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:尾張国二宮 大縣神社は濃尾平野を開拓者した古代の人たちの守り神。@犬山市

2024/4/30

尾張国二宮 大縣神社(おおあがたじんじゃ)は濃尾平野を開拓した古代の人たちの守り神です。 犬山市にあります。 国宝の犬山城から南南東7㎞にある本宮山の麓にある神社です。 元は本宮山、(真霊山(みかみやま)ともいう)の山頂に祀られていた神様ですが、大縣神社の由緒書によると垂仁天皇27年(BC3年)に麓の現在地に遷座されたそうです。 祭神は尾張国開拓の祖神、大縣大神です。 尾張国一宮の真清田神社の祭神は天火明命(あめのほあかりのみこと)も国土開拓、産業開発の神様なので、濃尾平野の開拓と開発のために尽力された神 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:尾張国一宮 真清田神社@一宮市

2024/4/22

尾張国一宮の真清田神社(ますみだじんじゃ)は愛知県一宮市にある歴史ある神社です。 参道はアーケードのある大きな商店街になっていて、市役所も門前に立地しています。 御由緒 神社名 真清田神社(ますみだじんじゃ) 祭神 天火明命(あめのほあかりのみこと) 鎮座地 愛知県一宮市真清田1ノ1 祭礼日 四月三日(桃花祭) 当社は尾張国一宮にして、祭神天火明命は天孫瓊瓊杵尊の御兄神に坐しまし国土開発、産業守護の神として 御神徳弥高く、この尾張国はもとより中部日本今日の隆昌を招来遊ばれた貴い神様であります。 創建につい ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:知立神社にある東公園ではかきつばたとツツジが満開です。@知立市

2024/4/22

知立神社にある東公園ではかきつばたとツツジが満開です。 花菖蒲園(西公園)はまだ咲いていません。 強く降る雨のかなで、ツツジとかきつばたが薄暗い神社の森を背景にして光るように咲いています。 ツツジもかきつばたも例年に比べると咲くのが早いのですが、特にかきつばたがツツジと同じタイミングで咲いているのは、季節がこれまでとは大きく変化してきているのでしょう。 強い雨のせいで知立神社の社号標を撮り忘れました。

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:谷汲山華厳寺の仁王像と門前町の桜祭り@岐阜県揖斐川郡

2024/4/15

西国三十三番満願霊場谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)は、その山号と寺号は醍醐天皇より賜ったと伝えられています。 お寺の場所は、根尾川が山から濃尾平野に流れでる手前の西に位置しています。 その根尾川は濃尾平野にでて木曽三川(きそさんせん)のひとつ揖斐川(いびがわ)に合流します。木曽三川とは長良川、木曽川、揖斐川のことをこのように呼びます。 谷汲山華厳寺は日本最古の観音霊場「西国三十三所観音霊場」の第三十三番札所で結願・満願のお寺として知られています。 春には桜、秋には紅葉の名所として多くの参拝者を集めま ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:壬申の乱で大海人皇子に破れた大友皇子の墓と伝わる古墳があります。@岡崎市

2024/4/10

壬申の乱(じんしんのらん・672年)で大海人皇子(おおあまのおうじ)に破れた大友皇子(おおとものおうじ)の墓と伝わる古墳が岡崎市にあります。 壬申の乱は天智天皇死後の皇位を巡り、天智天皇の弟、大海人皇子と天智天皇の息子、大友皇子との戦いのことです。 近年では、鸕野讃良皇女(うののさららのこうじょ)(のちの持統天皇)が夫である大海人皇子(後の天智堪能)の皇位継承のために、近江を去り吉野でいの準備を行い、兄である天智天皇が亡くなった後に、兄の息子の大友皇子を討つことを説得したのではという説も有力になっているよ ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市

2024/4/10

満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市 1500年前に迫害を避けてこの地(岐阜県本巣市根尾)に潜んでいた男大迹王(おほどのおおきみ)が継体天皇として即位するためにこの地を去るにあたり形見として植えられた桜です。 「身の代と残す桜は薄住よ 千代に其の名を栄盛(さか)へ止(とど)むる」。 歌まで添えられています。 継体天皇(男大迹王)は福井で育てられ、迫害を避けてこの地に隠れていました。 そういった歴史上の出来事を知る、やんごとなき桜の木です。 【PR】初心者も安心のサポート充実【DMM FX】 国指定天然記念物 根尾 ...

ReadMore

news 写真 風景

写真:東山植物園桜の廻廊満開@名古屋市

2024/4/10

東山植物園の桜の廻廊の桜が満開です。

ReadMore

写真 徳川家康

写真:大高城に兵糧米を運び込む作戦は、今川義元から松平元康(家康)に任せられた役目でした。誰もやりたがらない困難極まりない仕事を抜群の作戦能力で切り抜け成功させました。

丸根砦から見た大高城
丸根砦から見た大高城跡(濃い緑の丘)

大高城は、現在の名古屋市緑区にありJR東海道線の大高駅の南500mほどの距離にあります。また、700m東には織田方の丸根砦が、北東600mには鷲津砦があり、桶狭間の戦いがあった時代の今川方の最前線基地でした。その状態にある大高城に食料を運び込むという作戦を松平元康(家康)は戦わずして成功させました。

今川義元から松平元康(家康)に任せられた最前線基地の大高城に兵糧米を運び込む作戦は、誰もやりたがらなかった困難極まりない仕事でした。

そのことを承知しながら、全て自分で何とかするというのが、兵糧米の搬入を命じられた大将の役目なのです。1560年、18歳の元康(家康)は知恵を絞ったのでした(年代には諸説あります)。

というのも、大高城を見張っている織田方の丸根砦は標高35mの高い場所にあり、そこから丸見えだったはずの400mほどしか離れていない道を使って450俵の米を大高城内に運び込むという成功確率の低い仕事なのです。

戦(いくさ)では成功確率が低いということは、ほぼ死ぬという意味ですから、大高城に兵糧を運び込むと言うことはそれほどに困難な仕事でした。

そもそものこの作戦の目的は、戦いではなくて兵站、つまりロジスティクスなので確実に荷物を届けることが最優先課題だったのです。

多分今川義元は、兵糧米を大高城に運び込むには丸根砦と岩津砦を攻めて攻略してからでないと成功しないと算段していたのでしょう。戦わずして兵糧搬入を成功させたことに驚き賞賛しましたが、元康(家康)にはすぐに丸根砦の攻撃を命令しています。これにも高台にいる敵に対して銃と弓の飛び道具を駆使して勝利しています。

このことから搬入部隊はそれほど火力もあり重装備だったことが伝わってきます。

元康(家康)は、大高城までの兵糧搬入作戦を成功させるために、その確信が得られるまで綿密に計画していた。

元康(家康)は、作戦遂行に当たって事前に物見を出し進む道筋を探らせています。それに対して物見に出た杉浦勝吉からは、道幅は広いことや丸根砦に詰めている織田軍の様子を見て「戦を待つ敵にあらず」との報告が上げられています。

丸根砦を守る織田方の兵が襲ってきた場合、仮にそれを打ち負かすことが出来たとしても、兵糧米を奪われたり交戦中に火をつけられたり川に投げ込まれたりしてしまっては作戦は失敗です。幸い命があったとしてもその責任をとらされて切腹は免れないでしょう。

実際、荷駄を守りながらの行軍はどのようなものだったのでしょうか。

その内容が三河続風土記にあり、作戦の見事さに驚かされます。歴史に残る理由がよくわかります。

馬1頭に3俵の米を背負わせて、馬に口付き2人がつきます。その数が馬150頭、米450俵、口付300人。これが荷駄の全容です。

これを3隊に分けて大高城まで進みます。

そしてこれを護衛する兵が800人で、これも三隊に分けて荷駄の前後左右に付き、弓や鉄砲で武装して荷駄を護衛します。

行軍の先頭からから

①(荷駄)平岩七之助 ・右護衛)大久保五郎右衛門 ・左護衛)杉浦八郎五郎  

②(荷駄)榊原七郎右衛門 ・右護衛)鳥井四郎左衛門 ・左護衛)石川十郎左衛門 

③(荷駄)酒井雅楽助 ・右護衛)大原左近右衛門 ・左護衛)成瀬八郎  最後尾遊軍部隊 本多平八郎 という隊列です。

それぞれの隊は50mほどの距離を保って進軍します。

この行軍方法に加えて、総大将の元康(家康)は敵に攻めかけられたときの緊急事態の対応方法について、ひとつの隊が攻撃されても他の隊は自分の隊を乱すような加勢をしないなど、荷駄を届けることを主眼に置いた詳細にわたる部隊のフォメーションを指示しています。

さらに、敵の丸根砦内の兵を少なくするために、豊田市の寺部や梅坪にある織田方の砦辺りを放火することで、丸根砦から救援部隊を向かわせるという陽動作戦を決行し砦内の敵方の兵力を減少させています。実際に兵力が少なくなっていた丸根砦からは足元を通過する荷駄とそれを守る元康(家康)の軍勢に対して攻撃を加えることができなかったようです。

このように、ひとつづつの戦術を複合させて、敵から攻めにくい環境を自ら作り出し兵糧の運び込みに成功しています。

また、敵に見つかりにくい夜間に決行されたようです。

このような記録を読むと、元康(家康)は、考えられる限りの戦略と戦術を駆使して、兵糧の搬入に成功するべくして成功したことがわかります。

自軍の兵力と武力の優位性、敵方の兵力抑制、安全な時間帯の選択、隙のない行軍体制、戦闘フォーメション、などを綿密に組み合わせて、兵糧米搬入のための理想の状態に近づけています。

元康(家康)はこのとき18歳。

もちろん家来の意見も採用されたでしょうけれども、その抜群の頭脳には驚かされます。

この記事の写真は、実際に元康(家康)軍が通ったと思われる場所やその近辺を撮影しています。当時と道の違いはあっても、地形は変わらないので位置取りはほぼ間違いないと考えています。

使ったカメラ Nikon D300s D500 

-写真, 徳川家康
-, , , , , ,

テキストのコピーはできません。