写真 風景

写真:小堤西池のかきつばたが見頃です。2024/05/15@刈谷市

2024/5/16

5/15小堤西池のかきつばたが見頃です。 先週よりも花に勢いが感じられます。 池の東のシャリンバイの白い花が満開になってその当たりが華やいでいます。 そこでは、かきつばたの花はシャリンバイに主役の座を譲って引き立て役に回っています。 今年は池の水量が多い 今年は池の水が多いので、水面に映り込むかきつばたの花が波に揺らいで融けていくような風情があります。 こんどの週末は今年のかきつばたの見納めになるかも知れません。 かきつばたと混生している葦が伸び始めているからです。 葦が伸びてくると背の低いかきつばたはど ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:2024年5月9日、国の天然記念物小堤西池のかきつばたが見頃をむかえています。@刈谷市

2024/5/16

2024年5月9日、国の天然記念物、刈谷市にある小堤西池のかきつばたが見頃です。 4月27日に知立神社でかきつばたが咲いているのを見て、その足で小堤西池のかきつばたの様子を確かめに訪れた時はに開花にはほど遠い様子でしたが、それから10日ほどで一気に見頃になりました。 小堤西池のかきつばたは天然記念物なので自然の中にあるがままの姿です。 在原業平がこの辺りを通ったときの景色を伝えています。 ここから少し東にある三河八橋の無量寿寺に行くまでもなく、この辺り一帯は見渡す限りこの風景が広がっていたのだと思いながら ...

ReadMore

写真 風景

写真:2024年、知立神社のかきつばたが早く咲きましたが近くの小堤西池のかきつばたの開花はまだでした。@刈谷市

2024/4/27

知立神社のかきつばたが早く咲きましたが近くの小堤西池のかきつばたの開花はまだでした、 昨年は5月の初めに花が咲き始めました。 先日、知立神社のかきつばたが雨の中でツツジと一緒に美しく咲いていたので、今年は開花が早いのかと思って近くの天然記念物小堤西池に自生するかきつばたの様子を見に行きました。 結果はご覧のとおり花はまだまだでした。 とは言っても。そろそろ開花の時期を迎えます。 https://okazin86.com/chiryu

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:尾張国二宮 大縣神社は濃尾平野を開拓者した古代の人たちの守り神。@犬山市

2024/4/30

尾張国二宮 大縣神社(おおあがたじんじゃ)は濃尾平野を開拓した古代の人たちの守り神です。 犬山市にあります。 国宝の犬山城から南南東7㎞にある本宮山の麓にある神社です。 元は本宮山、(真霊山(みかみやま)ともいう)の山頂に祀られていた神様ですが、大縣神社の由緒書によると垂仁天皇27年(BC3年)に麓の現在地に遷座されたそうです。 祭神は尾張国開拓の祖神、大縣大神です。 尾張国一宮の真清田神社の祭神は天火明命(あめのほあかりのみこと)も国土開拓、産業開発の神様なので、濃尾平野の開拓と開発のために尽力された神 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:尾張国一宮 真清田神社@一宮市

2024/4/22

尾張国一宮の真清田神社(ますみだじんじゃ)は愛知県一宮市にある歴史ある神社です。 参道はアーケードのある大きな商店街になっていて、市役所も門前に立地しています。 御由緒 神社名 真清田神社(ますみだじんじゃ) 祭神 天火明命(あめのほあかりのみこと) 鎮座地 愛知県一宮市真清田1ノ1 祭礼日 四月三日(桃花祭) 当社は尾張国一宮にして、祭神天火明命は天孫瓊瓊杵尊の御兄神に坐しまし国土開発、産業守護の神として 御神徳弥高く、この尾張国はもとより中部日本今日の隆昌を招来遊ばれた貴い神様であります。 創建につい ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:知立神社にある東公園ではかきつばたとツツジが満開です。@知立市

2024/4/22

知立神社にある東公園ではかきつばたとツツジが満開です。 花菖蒲園(西公園)はまだ咲いていません。 強く降る雨のかなで、ツツジとかきつばたが薄暗い神社の森を背景にして光るように咲いています。 ツツジもかきつばたも例年に比べると咲くのが早いのですが、特にかきつばたがツツジと同じタイミングで咲いているのは、季節がこれまでとは大きく変化してきているのでしょう。 強い雨のせいで知立神社の社号標を撮り忘れました。

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:谷汲山華厳寺の仁王像と門前町の桜祭り@岐阜県揖斐川郡

2024/4/15

西国三十三番満願霊場谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)は、その山号と寺号は醍醐天皇より賜ったと伝えられています。 お寺の場所は、根尾川が山から濃尾平野に流れでる手前の西に位置しています。 その根尾川は濃尾平野にでて木曽三川(きそさんせん)のひとつ揖斐川(いびがわ)に合流します。木曽三川とは長良川、木曽川、揖斐川のことをこのように呼びます。 谷汲山華厳寺は日本最古の観音霊場「西国三十三所観音霊場」の第三十三番札所で結願・満願のお寺として知られています。 春には桜、秋には紅葉の名所として多くの参拝者を集めま ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:壬申の乱で大海人皇子に破れた大友皇子の墓と伝わる古墳があります。@岡崎市

2024/4/10

壬申の乱(じんしんのらん・672年)で大海人皇子(おおあまのおうじ)に破れた大友皇子(おおとものおうじ)の墓と伝わる古墳が岡崎市にあります。 壬申の乱は天智天皇死後の皇位を巡り、天智天皇の弟、大海人皇子と天智天皇の息子、大友皇子との戦いのことです。 近年では、鸕野讃良皇女(うののさららのこうじょ)(のちの持統天皇)が夫である大海人皇子(後の天智堪能)の皇位継承のために、近江を去り吉野でいの準備を行い、兄である天智天皇が亡くなった後に、兄の息子の大友皇子を討つことを説得したのではという説も有力になっているよ ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市

2024/4/10

満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市 1500年前に迫害を避けてこの地(岐阜県本巣市根尾)に潜んでいた男大迹王(おほどのおおきみ)が継体天皇として即位するためにこの地を去るにあたり形見として植えられた桜です。 「身の代と残す桜は薄住よ 千代に其の名を栄盛(さか)へ止(とど)むる」。 歌まで添えられています。 継体天皇(男大迹王)は福井で育てられ、迫害を避けてこの地に隠れていました。 そういった歴史上の出来事を知る、やんごとなき桜の木です。 【PR】初心者も安心のサポート充実【DMM FX】 国指定天然記念物 根尾 ...

ReadMore

news 写真 風景

写真:東山植物園桜の廻廊満開@名古屋市

2024/4/10

東山植物園の桜の廻廊の桜が満開です。

ReadMore

写真 風景

写真:モネの池の写真の撮り方

  1. HOME >
  2. 写真 >

写真:モネの池の写真の撮り方

印象派のモネの絵画のように写す方法を考えて現地に向かいました。

モネといえば睡蓮の池の絵を思い浮かべます。

モネらの印象派の絵は、対象を全部描ききることをしないで、モチーフも含めてその絵を見る人の心の中にあるものを使って補ってもらいながら表現したり、伝えることで成り立っていると思います。

だから、目にしたらその絵と会話(交信)する時間が必要です。

いわゆる観る人の感覚がフォーマットされる時間が必要なのです。

それで、一度フォーマットされてしまうと、もうその絵は初見のときとは違って、すぐにその絵の世界に潜り込んで描かれている意味が理解された感覚の状態で鑑賞することができるようになります。

そのように考えると、絵の描き手とその絵を見る人との合同作業で作品が成り立っていることに気がつきます。

印象派の絵の特徴を表現するためにカメラの設定をいろいろ変えて撮影してみました。

カメラの設定を練る前にモネの池の行き方を知っておく必要があります。

カメラの設定を練る前にモネの池の行き方を知っておく必要があります。

名古屋からでも、現地まで行くには高速道路を使っても2時間ほどかかる距離にあります。

撮影の成功か失敗かの判断は設営の方向性にもよりますが、結論を申し上げると、何度も足を運び、たっぷりと時間を使ってあれこれと試しながら撮るとうまくいくでしょう。

そんな、最初から分かっているごくごく当たり前の結論にたどり着いただけでした。

しかし、何度モネの池に行ってもそこまで行く時間が短縮されることはありません。

畦らずに気持ちを落ち着けて車を運転することが大切です。

モネの池
モネの池①:絞り値f20 露出時間 1/1600秒 ISO感度12800 焦点距離60mm(全て35mm換算) 

インターネットを検索すると「モネの池」の美しい写真がたくさんアップされているのですが、本当にそのような美しい写真が撮れるものなのかを疑っていたのですが、案外スマホの方が美しい写真が撮れるように思います。

私は一眼レフカメラで、設定を試しながらこんな感じの写真を撮りました。

モネの池への行き方

東名高速道路名古屋ICから名神、東海北陸道を走り美濃ICで高速道路を降ります。

そこからは美濃市内を抜け、道の駅「美濃にわか茶屋」を越えてすぐの信号を左折して長良川を渡ります。

そこからは板取川に沿って山間の国道を走って行きます。

途中に案内看板が出ています。

東名高速道路名古屋ICから現地までは約100㎞の距離です。

約1時間50分ほどで到着しました。

この地図では起点を名古屋ICにしていますが、大阪や東京から行く場合には岐阜まではJRで行くのが良いと思います。

新幹線で名古屋まで来て、JR東海道線に乗り換えると30分ほどで岐阜駅に着きます。

降りたらレンタカーを借りてモネの池まで走るのが体力的に楽だと思うのでお勧めします。

フラワーパーク板取さんが伝えるモネの池の情報が役立ちます

モネの池のすぐ隣にある「フラワーパーク板取」さんのサイトを参考にさせてもらいました。

睡蓮の開花は「お昼頃」との情報は大いに役立ちました。

また、鯉の餌やりが午後に行われるので池の水の濁りが気になる方は午前中に写真を撮るのが良さそうです。

カメラは一眼レフを持っていきました

スマホでもうまく撮れますか?

次のことに注意すればうまく写せます。

池全体を景色として写す場合には何の問題もありませんが、水中の鯉も一緒に写す場合には、水面の光の反射、水中の光の屈折が撮影の邪魔をする場合があるので気をつけながら撮影します。

①水面が光って水中が見えにくい場合は、位置を変えて水の中が見える場所に移動してから撮影するとOKです。

②水中が見えていても遠くにいる鯉は、光の屈折で薄っぺらく変形して写るので、手前まで泳いできたときを狙って撮影します。

③スマホカメラに偏光フィルターを装着すると水面が反射で光っていても水中が撮影できます。フィルターの先のリングを反射がなくなる位置にくるように回して調節します。

この画像には alt 属性が指定されていません
偏光フィルターや望遠レンズ広角レンズがセットになったものもが販売されています。3000円くらいです。

こういったスマホ用の偏光フィルターとボケ加工やピント位置調整できるアプリを利用すると上手くいくのですが、私は、iPhone用の「一眼レンズキット」という有料アプリをインストールしてあるので、それを使って撮影する場合もあります。

一眼レフカメラで撮ったような写真が撮れます。

しかし、モネの池などの水辺ではスマホでの撮影はあまりお勧めできません。

その理由は、撮影中に手がすべって、池の中にスマホを落としてしまう危険性があるからです。仮に防水スマホであったとしても、たぶん壊れてしまうのではないかと思います。池の水深は浅そうに見えますが、フラワーパーク板取さんの説明では水深は腰辺りまであるそうですし、底の泥に埋まってしまうと回収も困難になってしまいます。

一眼レフやミラーレス一眼で撮影する場合

いつも使っているNikonのD5500には18mm~140mmのズームレンズをセットしているので、そのまま持っていきました。

モネの池には鯉がいますから、水中を泳ぐ鯉と睡蓮の茎と水面の丸い葉をうまく写したいので、水面に反射する光を抑えるためにズームレンズと同じ口径の67㎜偏光フィルター(CPLフィルター)を準備しました。

偏光フィルターは、カメラのレンズ先端に取り付けて回しながら反射光を調節するので、レンズとと同じサイズ(直径)のものを用意します。

購入する場合には、レンズの先端のどこかに52㎜とか67㎜とかの表記があるので、それを確かめてから同じサイズの偏光フィルターを選びます。

CPLフィルターを装着すると、レンズフードを外しておかないと、フィルターを回して調整できないので、迷わず外しておきます。

Nikon D5500 偏光(CPL)フィルターを装着しているのでレンズが黒く写っています。

ちょうど67mmサイズのKenkoの偏光フィルター(CPLフィルター)があったので、それをレンズの先端に装着しましたが、新しく購入する場合にはアマゾンで1000円ちょっとで販売されているものでも十分使用に耐えます。

CPLフィルターには黒い色がついているのでその分写真が暗く写るのですが、カメラ任せで撮っても暗い場所でない限りあまり問題はありませんが、明るくちゃんと写すために、被写体の明るさに関係する①シャッター速度②絞り④ISO感度の設定には気をつけてください。

うまく写すための下準備:カメラの設定とか

①露出時間(シャッター速度

は1/60秒や1/125秒、1/500秒などいろいろな速度の設定があります。

例えば1/125秒では1秒の125分の1の時間だけカメラのセンサーに被写体の光が届きます。

それが1/500秒だと1/125秒に比べて1/4しか被写体の光がセンサーに届きません。

しかし被写体の明るさが4倍の明るさの場合には1/500秒にするとうまく写ることになります。

そして、露出時間(シャッター速度)が少ない(速い)ほど、動いている被写体が止まって写ります。

カメラ設定を、Sに合わせて露出時間を固定、例えば1/250秒にしておくと、あとはカメラが自動で調整してくれるのでだいたいうまく写ります。

②絞り

レンズのf値(エフ値)ですが、f3.5、f2.0、f1.2など数字が少ないほど光を多く取り込みます。

その光を取り込む量を少なくすることを絞るといいます。

カメラのレンズにはそのような絞り機能が付いています。

レンズの絞りを絞ってf値が5.6、8、16などと大きくなるほど被写体の近くからその向こう側までピントが合うのではっきりと写ります。

スマホのカメラで撮った写真は近くから遠くまでまんべんなく写りますが、レンズ交換式デジタル一眼カメラではレンズのF値の数字が小めの焦点距離が50mm程度以上のレンズを使うと被写体を際立たせるために背景をぼかして写しやすくなります。

そして、構図にもよりますが、池の鯉が足元に寄ってきた時にグイッと近づいて写すと被写体にパワーがみなぎり存在感のある写真が撮れます。

また、カメラの機能設定を使うだけでもそのような写真を撮ることもできます。

例えば、デジタル一眼カメラには、近頃では撮影シーン別の設定機能がありますが、そこで「ポートレート」を選択することで、あれこれ設定を考えずに被写体が際立ち印象的な写真を撮ることもできます。

それ以外の設定

ホワイトバランス(蛍光灯、白熱灯、曇り、晴れ、日陰)の選択と、ISOの設定は100、200,400、・・・・12800などもオートでよいと思いますが、ISO感度は最高値を400や800程度に設定しておくと画質が荒れ過ぎないので雑味のない写真が撮れます。

きめ細かな写真を撮る場合にはISO設定は100程度に低くします。

ただ暗いところで写す場合はカメラの画像センサーの感度が低くなるので、うまく写りませんから、試し撮りしてだいたいの感覚をつかんでください。

撮った画像をPCに移して状態を確かめると違いがよく確認できます。

モネの池
モネの池②:絞り値 f18 露出時間1/250秒 ISO感度12800 焦点距離40mm

最初のモネの池の写真①と②のISO感度設定は12800ですが写真の粒子が荒れるので普段使うことのない設定ですが、写真が印象派の絵画的のようにならないかと思って試してみた写真です。

モネの池①は露出時間=シャッタースピード(センサーに光を当てた時間)はオートで1/1600秒です。

絞りF値は20、レンズの焦点距離は60mmです。

つまり、画質のきめ細かさや荒さの設定を優先的にISO設定して、あとはカメラ任せにして写しました。

フラワーセンター板取さんの店内で、お客さんにモネの池の撮影のコツを説明されていました。①少し暗めに撮ること、②風で水面が揺れた時に撮るときれいに撮れること、の二つの点を耳にしていたので、少し写真の画質を荒くして撮れば雰囲気が出るかもしれないと考えてISOを最高値にして撮影してみました。

もっと汚い感じになるかと思ったのですが、絵画のような暗めのぼんやりした感じに写っていて、そう悪くない感じです。

モネの池の撮影のしかた

モネの池の特徴は、池の底がグレーがかった白なのが特徴です

そのことが写真を美しく見せてくれますから、先ずカメラのファインダーを覗いて睡蓮の位置と葉の色合いを選んで構図を決定します。

そして、鯉が構図の中のバランスが良い位置に泳いできてくれるのをずっと待つようにします。

鯉は回遊しているので1時間も頑張ればシャッターチャンスは何度も訪れます。

下の写真の構図で鯉が来るのを待ちました。

モネの池
モネの池③:絞り値 f9 露出時間 1/100秒 ISO感度400 焦点距離48mm
モネの池
モネの池④:絞り値 f20 露出時間1/1600秒 ISO

モネの池の周りを撮ると、池の中とのギャップが大きく夢から醒めたような感覚に見舞われます。

池の中を写すのが良いと思います。

モネの池
モネの池は山間の小さな池です F20 1/1600秒 ISO12800 設定をそのままで失敗
モネの池
根道神社から見たモネの池
モネの池
モネの池⑤ 絞り値f8 露出時間1/50秒 ISO感度400 焦点距離63mm
モネの池
モネの池⑥:絞り値f8 露出時間1/80秒 ISO感度400 焦点距離210mm

感想

モネの池は四季折々に表情を変えるでしょうし、時間帯によっても写真の写り方が変わると思います。

もちろん、天候によっても変化するでしょう。

絞りを変えても、露出時間やISO感度のセッティングを変えても色合いが違って写ります。

また現像処理しても違った表現の写真になります。

いずれにしても、撮影後に画像の加工処理で何とか調整するつもりでいたとしても、最初から思ったイメージの通りに、そしてありのままに写す技術があると手間が省けまから楽です。

モネの池で写真を撮るとと、想像以上にきれいな写真が撮れるので是非トライしてみてください。

フィルムで写真を撮っていた時代には現像や紙焼きの時に多少の調整はできるとは言うものの、写真は一発勝負でした。

今でも、現像から上がってきたフィルムをスキャンしてデジタル化すれば、Photoshopなどで加工も可能です。

しかし、デジタルカメラの連写機能が向上しても、撮影後に大きくトリミング可能な画素数であったとしても、後に積み残した作業とそれに費やす時間が多すぎます。

デジタルの時代でもやはり一発で思ったような写真を撮りたいと思っています。

しかし、まあなかなかそうは参りません。

今回のモネの池の撮影には準備不足で残念な思いが残っています。

カメラは精いっぱい頑張ってくれているのですが、自分のイメージする力が足りずに不本意な写真を掲出してしまっています。

失礼しました。

誤解がないように申し上げるのですが、私は、デジタルカメラで撮った写真を、後から加工することを否定しているわけではありません。

PhotoshopやLightroomを使っての画像の調整は行なうのですが、その作業を通して思うことは、撮影者の意思や感性が乗り移っているオリジナルの写真には力を感じますし、後で加工調整しようと考えて撮った写真は上手く加工処理したつもりでも生気がないと思うからです。

放課後の課外活動のように時々写真撮影の報告もアップしたいと思っています。

おすすめの撮影用アクセサリー

スマホ用クリップオン偏光フィルター

この画像には alt 属性が指定されていません
広角レンズや望遠レンズなどいろいろなレンズがセットになった商品も販売されています。スマホカメラのタイプに合ったものを選びます。

一眼レフカメラレンズ用偏光フィルター

この画像には alt 属性が指定されていません
いろいろなレンズ径のものがあるので、手持ちのレンズ径に合ったものを選んでください。

Nikon D5500

この画像には alt 属性が指定されていません
この画像には alt 属性が指定されていません

-写真, 風景
-, , , , , ,

テキストのコピーはできません。