写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:谷汲山華厳寺の仁王像と門前町の桜祭り@岐阜県揖斐川郡

2024/4/15

西国三十三番満願霊場谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)は、その山号と寺号は醍醐天皇より賜ったと伝えられています。 お寺の場所は、根尾川が山から濃尾平野に流れでる手前の西に位置しています。 その根尾川は濃尾平野にでて木曽三川(きそさんせん)のひとつ揖斐川(いびがわ)に合流します。木曽三川とは長良川、木曽川、揖斐川のことをこのように呼びます。 谷汲山華厳寺は日本最古の観音霊場「西国三十三所観音霊場」の第三十三番札所で結願・満願のお寺として知られています。 春には桜、秋には紅葉の名所として多くの参拝者を集めま ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:壬申の乱で大海人皇子に破れた大友皇子の墓と伝わる古墳があります。@岡崎市

2024/4/10

壬申の乱(じんしんのらん・672年)で大海人皇子(おおあまのおうじ)に破れた大友皇子(おおとものおうじ)の墓と伝わる古墳が岡崎市にあります。 壬申の乱は天智天皇死後の皇位を巡り、天智天皇の弟、大海人皇子と天智天皇の息子、大友皇子との戦いのことです。 近年では、鸕野讃良皇女(うののさららのこうじょ)(のちの持統天皇)が夫である大海人皇子(後の天智堪能)の皇位継承のために、近江を去り吉野でいの準備を行い、兄である天智天皇が亡くなった後に、兄の息子の大友皇子を討つことを説得したのではという説も有力になっているよ ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市

2024/4/10

満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市 1500年前に迫害を避けてこの地(岐阜県本巣市根尾)に潜んでいた男大迹王(おほどのおおきみ)が継体天皇として即位するためにこの地を去るにあたり形見として植えられた桜です。 「身の代と残す桜は薄住よ 千代に其の名を栄盛(さか)へ止(とど)むる」。 歌まで添えられています。 継体天皇(男大迹王)は福井で育てられ、迫害を避けてこの地に隠れていました。 そういった歴史上の出来事を知る、やんごとなき桜の木です。 【PR】初心者も安心のサポート充実【DMM FX】 国指定天然記念物 根尾 ...

ReadMore

news 写真 風景

写真:東山植物園桜の廻廊満開@名古屋市

2024/4/10

東山植物園の桜の廻廊の桜が満開です。

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:持統天皇のお手植えと伝わる奥山田のしだれ桜が放つオーラに負けそうです。@岡崎市

2024/4/14

持統天皇のお手植えと伝わる奥山田のしだれ桜が放つオーラに負けそうです。 奥山田のしだれ桜は、豊田市と岡崎市の境近くにあるしだれ桜の名木です。 1300年前に持統天皇(645-703)が上皇となられ、村積山(むらづみやま)に行幸されたときにお手植えになったと伝わる美しいしだれ桜の巨木です。 西暦702年のことです。 【PR】DMM.com証券のFX取引サービス【DMM FX】 その村積山の頂きには村積神社があります。 物部真福(もののべのまさち)が聖徳太子に願いこの地に真福寺を建立(推古天皇2年(594年) ...

ReadMore

写真 風景

写真:雨続きだったので貴重な青空。彼岸桜が一気に満開。まさに花開く!。

2024/3/29

雨続きだったから貴重な青空、彼岸桜が一気に満開。うれしそうです。まさに花開く!。 なんとまあ、誇らしげな咲きっぷりでしょう! https://okazin86.com/amenohigansakura/ 【PR】【DMM FX】について詳しくはこちら  

ReadMore

写真 風景

写真:寒の戻り!冷たい雨に耐えてふるえる彼岸桜

2024/3/26

寒の戻り!冷たい雨に耐えてふるえる彼岸桜。 2024年ことしの春は去年と違っていつまでも寒い。 花の季節がやってきたと思ったのに、カチンと寒い。 雨の日と曇りの日が続いて青空が見える日が少ない。 写真がなかなかうまく撮れません。 初めから気持ちが天候に負けているのが原因です。 雨の日には雨の写真があるとか言いますが、それはその通りです。 心からそう思います。 とはいうものの、心の奥では雨と寒さにくじけているので調子が出ません。 ビニール傘を差してはいますが、カメラもレンズも雨粒だらけです。 「モチーフとカ ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:石上神宮(いそのかみじんぐう)は伊勢神宮などと並ぶ日本最古の神社のひとつです。@天理市

2024/3/17

『日本書紀』には「石上振神宮」との記載も見えますが、そもそも『日本書紀』に「神宮」と記されているのは出雲と石上と伊勢だけなのです。 と石上神宮の森正光 宮司が説明されています。 石上神宮(いそのかみじんぐう)の神様は 布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ) 布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ) 布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ) です。 続いて、次のように説明されています。 古事記の神武東征のところに、熊野で難に遭われた天皇を救うために建御雷神(たけみかづちのかみ)が剣を降された話があります。 そこ ...

ReadMore

news

愛知県警は、2024.3.19(火)以降運転免許更新の手続きをスムーズにするため、インターネットと電話による予約制への移行を発表しました。

2024/3/6

愛知県警は、運転免許更新の手続きをスムーズにするため、インターネットと電話による予約制への移行を発表しました。 3月19日以降に更新を迎える優良、一般、違反の各運転者と初回更新者が対象。 3月15日から専用サイトか専用ダイヤル=052(680)9777、平日午前9時~午後5時=で予約を受け付けます。 予約制度の対象となる人 令和6年3月19日(火曜日)以降に免許更新をされる方で、運転免許の講習区分が 「優良」「一般」「違反」「初回」の方が対象となります。 ※但し、西署・港署・幹部交番(高蔵寺、尾西、大府、 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 徳川家康 歴史

写真:現在の上野寛永寺の根本中堂は江戸の歴史に残したその威容をつつましくしても、屋根に葵の紋が眩しく輝いています。@台東区

2024/2/29

現在の上野寛永寺の根本中堂は江戸の歴史に残したその威容をつつましくしても、屋根に葵の紋が眩しく輝いています 寛永寺は天台宗の別格大本山です。 寛永2(1625)年に、徳川幕府の安泰と万民の平安を祈願するため、江戸城の鬼門(東北)にあたる上野の台地に、慈眼大師(じげんだいし)天海(てんかい)大僧正によって建立されました。 上野には津藩の藩主藤堂高虎の屋敷がありました。 高虎はその屋敷を提供し天海と共に家康の遺言通り、家康と天海そして高虎の3人が心静かに過ごすことのできる寺を上野に建てました。 高虎が家康が亡 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 徳川家康

写真:松平郷の領主は在原氏でした。そこに松平氏の始祖となる親氏が婿に入りました。徳川家康の八代前のことです。在原信重が松平太郎左衛門を名乗っていたので、婿の親氏は松平太郎左衛門の名と在原氏の家督を受継ぎ急速に勢力を拡大します。@豊田市

松平氏始祖、松平太郎左衛門親氏像

都から三河の松平郷に移り住んだのは後宇多天皇につかえた公家の在原信盛(ありわらのぶもり)といわれています。

1278 年〜1287 年頃のことだそうです。

その在原信盛の嫡男で松平郷主の在原信重のもとに徳川家康の祖となる親氏(ちかうじ)が婿に入りました。

徳川家康の八代前のことです。

松平氏家系図

在原家の婿となった親氏は父に当たる在原信重が松平太郎左衛門を名乗っていたので松平太郎左衛門の名と在原氏の家督を受継ぎます。

そして引き継いだ人や財産を生かして松平氏の勢力拡大を図りました。

道を作り、川に橋を架け松平城(郷敷城・ごうしきじょうと表記されることがあります)を普請します。

その城を拠点にして近隣の7つの村(田口、泰梨、岩戸、麻生、名之内、大林、毛呂など乙川沿岸一帯の地)を平定していきました。

大久保彦左衛門の三河物語では17名(みょう)(17の村)とされています。また、三河八代記古伝集にも中山十七名トテ七千貫の・・・とあるので最終的には17の村を押さえたようです。

戦国武将の時代には1貫文を2石程度としていたそうなので(ウィキペディア)、松平親氏は少なくとも1万4千石の大名レベルの経済力を持っていたことになります。時代が違うので貨幣価値も異なるのでもっと多いかもわかりません。

その頃から600年経ったいまも、それらの地名が残っています。

松平城跡
正面が松平城址

親氏が時宗の僧だったと伝わっていますが、もし平凡で普通のお坊さんだったら在原家に婿に入ったとしても近隣を平定しようなどという考えがすぐに湧き上がるとは思えません。

仮に親氏に近隣を平定する気持ちがあったとしても、実戦で使える戦略・戦術の知識や経験がないとそれは到底不可能に思えます。

親氏を婿に迎えた松平太郎左衛門信重(在原信重)は弓馬や連歌に秀でた領主だったそうなので、頭脳明晰で人を見る目は持っているはずです。

ましてや、信重が自分の家督(松平郷)を譲ろうと考えた男である親氏は、そのメガネにかなった男だったわけですから、そういった話を二人は掘り下げて語り合っていたとしても何ら不思議ではありません。

勢力拡大のために近隣の豪族と戦う心の準備はすでに整っていたと思います。

また、親氏が領地拡大の考え方や戦い方の知識と経験を持っているからこそ連戦連勝という結果を残せたのでしょう。

単にラッキーなだけでは松平郷の周辺を取り巻いている7つもの近隣豪族を平定してしまうことなどは無理ですから、親氏は相当な実力と戦いの経験を持っていた男だったことが想像できます。

それに、勝算があるからこそ戦ったのでしょう。

【PR】DMM.com証券のFX取引サービス【DMM FX】

指図しているような松平太郎左衛門親氏

そういう風に考えてみると、時宗のお坊さんになって父の有親(ありちか)とともに諸国を放浪する以前は古い資料にも見えるとおり、世良田を称する武家の親子だったわけなのでストンと腑に落ちます。

親氏願文

天下和順          天下秩序を保ち

日月清明          日月は天地を清らかに照らす

風雨時以                               吹く風も降る雨もほどよく

災厲(さいれい)不起   災いや疫病は起きず

国豊民安         国は豊かで民は安らかに暮らす

兵戈無用         兵隊も武器も用いることはない

務修禮穰         人を思いやり治めることに力を尽くす

松平親氏公願文

松平太郎左衛門親氏はそうなることを深く願い願文としたのでしょう。

訳文は筆者です。

同じ文が偈文(げもん:仏教の真理を詩の形で述べたもの)として知恩院HPに説明されています。

https://hukyoshikai.chion-in.or.jp/houwa/monthly/2701/

親氏が僧として必要で大切な教養を身につけていたことがわかります。

親氏は在原家の婿になり、当主の信重の期待通りに男子が生まれ太郎左衛門家(在原家)は存続します。

親氏は在原家の婿(むこ)になり、当主の信重の女(むすめ)との間に期待通り男子が生まれ太郎左衛門家(在原家)は存続します。

在原信重も松平太郎左衛門を名乗っていたので、男子が誕生して松平太郎左衛門家(在原家)の家督と血脈が子孫へと引き継がれていきます。

親氏は、女(むすめ)の婿にと在原家に招いた信重の期待に応えたのです。

子孫繁栄はもとより、近隣を従わせて治める力量は当主の信重が見込んでいた以上だったのではないでしょうか。

松平東照宮を眺める松平太郎左衛門親氏

在原氏の墓所のある在原山への入口には、応永(1394-1428)の頃、諸国を流浪中の遊行僧、徳阿弥が信重の元に入婿し松平太郎左衛門親氏を名のって松平家発展の始祖となりました。と説明されています。

在原信盛、信重、親氏室水女墓

在原氏の墓所のある在原山への入口には、応永(1394-1428)の頃、諸国を流浪中の遊行僧、徳阿弥が信重の元に入婿し松平太郎左衛門親氏を名のって松平家発展の始祖となりました。と説明されています。

在原氏の墓所

松平郷々主

在原氏の墓所

 松平氏の遠祖は在原氏を称する公家で、康永年間(1342-1345)に都から三河に下り松平郷を開いたと言われています。

松平郷に住した初代は在原信盛といい、二代信重は弓馬と連歌に長け、家は栄え、富を蓄え、その名は三河一帯に広く聞こえたといわれています。

 応永(1394-1428)の頃、諸国を流浪中の遊行僧、徳阿弥が信重の元に入婿し松平太郎左衛門親氏を名のって松平家発展の始祖となりました。この地には在原信盛、信重と親氏の室、水女の墓所があり在原山と呼ばれています。

豊田市教育委員会

この説明のとおりだとすると、松平2代太郎左衛門泰親、3代信光から家康にまでも在原氏の血が流れていることになります。(3代信光は太郎左衛門を継がず、兄の信宏が継いでいます)。

また信光を3代とするのは、家康に続く松平宗家としての3代目にあたるからです。

この時点で松平氏は松平太郎左衛門家と徳川将軍家に続く松平宗家に分かれました。

松平郷の在原氏は都では天皇に仕える公家ですから、きっと伊勢物語などで有名な在原業平の血を引く末裔なのでしょう。

ただ、在原業平は825年-880年の人物ですから松平郷領主の在原氏からは500年以上前に活躍した人物になります。

在原信重を”弓馬と連歌に長け”と表現していますが、とくに連歌は都人(みやこびと)であった公家の血筋を誇りとして大切に受け継ぎ守ってきたと思います。

諸説あるようですが、在原姓を名乗っているのですからきっとそうなのです。

もしかすると、カキツバタの季節には先祖の在原業平を偲び有名なカキツバタの歌を詠んだ場所、知立市の八橋まで一族揃ってピクニックに出かけるならわしが当時の太郎左衛門家にはあったかもしれませんね。(^^)/

今から600年以上昔のお話しです。

松平東照宮親氏公600年祭立て札
松平東照宮拝殿横に掲げて保存されている親氏公600年祭の立て札 

松平太郎左衛門親氏の墓は、在原氏の墓所ではなく近くの高月院にあります。

1377 年に親氏が本尊阿弥陀仏をはじめ、堂・塔のすべてを寄進してから松平氏の菩提寺となっています。

その関係によるもと思いますが高月院に親氏の墓が在ります。

また、信光明寺と大樹寺にも親氏の墓があります。

親氏が在原氏の墓に入らなかったのは、婿養子としての遠慮があったからのでしょうか。

http://www.matsudairagou.jp/

三河八代記古伝集に親氏が林添の藪田源五忠元を攻めたときの様子の記述を見つけたので転記しておきます。

藪田ノ源五御退治之亊

其ノ頃藪田源五忠元トテ気質偏強二シテ喧嘩ヲ好ム若者有リ

松平近キ林添の里ニ住シ家来大勢抱ヘ置キ近辺ノ村々ヲ押領シ雅意ヲ働キ

富貴ニホコリ 剰へ(あまつさえ)親氏公ニ對シ無礼ヲ尽クス亊度々ニ及ブト雖(いえど)モ

若輩タルニ依テ免ジ置ルゝ所ニ 度重シハ 御堪忍成リ難ク

或時御人数をスグッテ御鷹野ノ体ニ出立 彼ガ屋家ニ不意ニ押掛ケラレ即刻忠元ヲ討果シ

俄(にわか)ニ騒動スル處ノ家来大形討チ

捕リ残ル奴原 諸方ヘ追散シテ松平ニ戻リ玉ヒケル

三河八代記古伝集

PR  厳選された不動産に出会える【Wealthroom】

-写真, 寺社仏閣, 徳川家康
-, , , , , , , , ,

テキストのコピーはできません。