写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:谷汲山華厳寺の仁王像と門前町の桜祭り@岐阜県揖斐川郡

2024/4/15

西国三十三番満願霊場谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)は、その山号と寺号は醍醐天皇より賜ったと伝えられています。 お寺の場所は、根尾川が山から濃尾平野に流れでる手前の西に位置しています。 その根尾川は濃尾平野にでて木曽三川(きそさんせん)のひとつ揖斐川(いびがわ)に合流します。木曽三川とは長良川、木曽川、揖斐川のことをこのように呼びます。 谷汲山華厳寺は日本最古の観音霊場「西国三十三所観音霊場」の第三十三番札所で結願・満願のお寺として知られています。 春には桜、秋には紅葉の名所として多くの参拝者を集めま ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:壬申の乱で大海人皇子に破れた大友皇子の墓と伝わる古墳があります。@岡崎市

2024/4/10

壬申の乱(じんしんのらん・672年)で大海人皇子(おおあまのおうじ)に破れた大友皇子(おおとものおうじ)の墓と伝わる古墳が岡崎市にあります。 壬申の乱は天智天皇死後の皇位を巡り、天智天皇の弟、大海人皇子と天智天皇の息子、大友皇子との戦いのことです。 近年では、鸕野讃良皇女(うののさららのこうじょ)(のちの持統天皇)が夫である大海人皇子(後の天智堪能)の皇位継承のために、近江を去り吉野でいの準備を行い、兄である天智天皇が亡くなった後に、兄の息子の大友皇子を討つことを説得したのではという説も有力になっているよ ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市

2024/4/10

満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市 1500年前に迫害を避けてこの地(岐阜県本巣市根尾)に潜んでいた男大迹王(おほどのおおきみ)が継体天皇として即位するためにこの地を去るにあたり形見として植えられた桜です。 「身の代と残す桜は薄住よ 千代に其の名を栄盛(さか)へ止(とど)むる」。 歌まで添えられています。 継体天皇(男大迹王)は福井で育てられ、迫害を避けてこの地に隠れていました。 そういった歴史上の出来事を知る、やんごとなき桜の木です。 【PR】初心者も安心のサポート充実【DMM FX】 国指定天然記念物 根尾 ...

ReadMore

news 写真 風景

写真:東山植物園桜の廻廊満開@名古屋市

2024/4/10

東山植物園の桜の廻廊の桜が満開です。

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:持統天皇のお手植えと伝わる奥山田のしだれ桜が放つオーラに負けそうです。@岡崎市

2024/4/14

持統天皇のお手植えと伝わる奥山田のしだれ桜が放つオーラに負けそうです。 奥山田のしだれ桜は、豊田市と岡崎市の境近くにあるしだれ桜の名木です。 1300年前に持統天皇(645-703)が上皇となられ、村積山(むらづみやま)に行幸されたときにお手植えになったと伝わる美しいしだれ桜の巨木です。 西暦702年のことです。 【PR】DMM.com証券のFX取引サービス【DMM FX】 その村積山の頂きには村積神社があります。 物部真福(もののべのまさち)が聖徳太子に願いこの地に真福寺を建立(推古天皇2年(594年) ...

ReadMore

写真 風景

写真:雨続きだったので貴重な青空。彼岸桜が一気に満開。まさに花開く!。

2024/3/29

雨続きだったから貴重な青空、彼岸桜が一気に満開。うれしそうです。まさに花開く!。 なんとまあ、誇らしげな咲きっぷりでしょう! https://okazin86.com/amenohigansakura/ 【PR】【DMM FX】について詳しくはこちら  

ReadMore

写真 風景

写真:寒の戻り!冷たい雨に耐えてふるえる彼岸桜

2024/3/26

寒の戻り!冷たい雨に耐えてふるえる彼岸桜。 2024年ことしの春は去年と違っていつまでも寒い。 花の季節がやってきたと思ったのに、カチンと寒い。 雨の日と曇りの日が続いて青空が見える日が少ない。 写真がなかなかうまく撮れません。 初めから気持ちが天候に負けているのが原因です。 雨の日には雨の写真があるとか言いますが、それはその通りです。 心からそう思います。 とはいうものの、心の奥では雨と寒さにくじけているので調子が出ません。 ビニール傘を差してはいますが、カメラもレンズも雨粒だらけです。 「モチーフとカ ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:石上神宮(いそのかみじんぐう)は伊勢神宮などと並ぶ日本最古の神社のひとつです。@天理市

2024/3/17

『日本書紀』には「石上振神宮」との記載も見えますが、そもそも『日本書紀』に「神宮」と記されているのは出雲と石上と伊勢だけなのです。 と石上神宮の森正光 宮司が説明されています。 石上神宮(いそのかみじんぐう)の神様は 布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ) 布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ) 布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ) です。 続いて、次のように説明されています。 古事記の神武東征のところに、熊野で難に遭われた天皇を救うために建御雷神(たけみかづちのかみ)が剣を降された話があります。 そこ ...

ReadMore

news

愛知県警は、2024.3.19(火)以降運転免許更新の手続きをスムーズにするため、インターネットと電話による予約制への移行を発表しました。

2024/3/6

愛知県警は、運転免許更新の手続きをスムーズにするため、インターネットと電話による予約制への移行を発表しました。 3月19日以降に更新を迎える優良、一般、違反の各運転者と初回更新者が対象。 3月15日から専用サイトか専用ダイヤル=052(680)9777、平日午前9時~午後5時=で予約を受け付けます。 予約制度の対象となる人 令和6年3月19日(火曜日)以降に免許更新をされる方で、運転免許の講習区分が 「優良」「一般」「違反」「初回」の方が対象となります。 ※但し、西署・港署・幹部交番(高蔵寺、尾西、大府、 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 徳川家康 歴史

写真:現在の上野寛永寺の根本中堂は江戸の歴史に残したその威容をつつましくしても、屋根に葵の紋が眩しく輝いています。@台東区

2024/2/29

現在の上野寛永寺の根本中堂は江戸の歴史に残したその威容をつつましくしても、屋根に葵の紋が眩しく輝いています 寛永寺は天台宗の別格大本山です。 寛永2(1625)年に、徳川幕府の安泰と万民の平安を祈願するため、江戸城の鬼門(東北)にあたる上野の台地に、慈眼大師(じげんだいし)天海(てんかい)大僧正によって建立されました。 上野には津藩の藩主藤堂高虎の屋敷がありました。 高虎はその屋敷を提供し天海と共に家康の遺言通り、家康と天海そして高虎の3人が心静かに過ごすことのできる寺を上野に建てました。 高虎が家康が亡 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 徳川家康

写真:超一流の剣術によって将軍家や尾張藩の兵法指南役を目指した宮本武蔵。名古屋にその足跡があり笠寺観音には曽孫弟子による顕彰碑が立てられています。

宮本武蔵顕彰碑

超一流の剣術によって将軍家や尾張藩の兵法指南役を目指した宮本武蔵。名古屋にその足跡があり笠寺観音には曽孫弟子による顕彰碑が立てられています。
将軍家の兵法指南役として江戸での就職(仕官)に失敗した宮本武蔵は、こんどは尾張徳川家の兵法指南役を目指して名古屋に滞在しますが、その時も志を果たせませんでした。

深くはわりませんが、全国に名が通っている剣豪なので、藩主御前での試合を披露することはできたのですが、将軍家にも尾張徳川家にも、いずれにも柳生一門が既にその地位(職)にあり宮本武蔵の願いはかなえられませんでした。

そのことが、愛知県立大学文学部教授の石川清之先生の監修のもとに名古屋市南区を紹介する公式ページの中に紹介されています。

その時の宿(宿坊)としていたのが笠寺観音の塔頭の一つである東光院です。その場所は笠寺観音の南門の通りを真っ直ぐ南に200mのところにあります。その東光院には宮本武蔵が自ら削って作ったと伝わっている木刀など、縁のものが残されています。

東光院は木が茂っているあたりになります

宮本武蔵のことを少し調べてみると、大坂の陣には水野勝成の客将として嫡子の水野勝重付きで活躍したそうです。それ以降大名などとのつながりを保ちながら、つまり武芸の需要がなくなってしまった平和な時代にあっても、自分の剣術と兵法の知識が認めれれ取り立ててもらえる少ないチャンスを狙って活動していたのではないかということが伺えます。

剣の道に燦然と輝く実績(歴史)を残した人物、宮本武蔵でさえも、その戦いのための剣術や兵法の必要性が薄れてしまった時代の中で葛藤していたように感じます。

既に数少なくなってしまっていた将軍家や大名家の兵法指南役のポジションは、特に宮本武蔵が目指したと思われる一流で権威のある将軍家やそれに続く家格を持つ大きな藩では、戦国の世を藩主とともに戦い抜いた実力のある家来が占めていて、宮本武蔵という日本一の武芸者と言えども当時の社会の壁を打ち破ることができませんでした。

実務能力一辺倒では中途採用されることは難しく、戦国時代に功があった家柄かどうかも影響しているように思えてなりません。

実務能力一辺倒では中途採用されることは難しく、戦国時代に功があった家柄かどうかも影響しているように思えてなりません。これは想像ですが、社会の潮流やその人が生きた時代も大きな要素ではありますが、宮本武蔵は有力な施政者の家来ではなかったし、TOPとの絆をこれから作り上げなければいけないという立場です。言い過ぎかもしれませんが藩主が腹から話ができるような信用をまだ得られてなかったのでしょう。

宮本武蔵が、これまでにそれなりに職を得ていた福山の水野家は家康のお母さんの家系ですし、姫路の本多家は本多忠勝の家系なので徳川家に対してモノ言える立場の大名です。

しかし宮本武蔵にはさらに上を目指して中央を目指す、つまり本流を目指したいという出世志向があったように感じます。同じ兵法指南の仕事をするなら自分のキャリアと実績にふさわしいのは将軍家以外にはないと・・・。譲歩したとしても尾張徳川家だと考えていたのではないでしょうか。

本人に聞いてみないとわかりませんが、資料等を読み比べているとそういうふうに思えてくるのです。

剣術の世界では右に出る者はいなくても、社会の仕組みと組織の中では剣術や兵法だけで生きていくには困難で、繰り返しいなりますが、既にそのポストは実際に戦ってきた実績をもつ有力者が占めていたし、その事実には抗しようがなかったはずです。軍事的采配の力量を実戦で示し成果を挙げてきた者たちは家康によって既に大名としての地位を与えられていた時代になっていました。

その様に考えてみると、今、就職の面接や試験に臨む人たちや、中途採用に臨む人達とも心の底で通じ合えるものがあるのではないでしょうか。

前出の石川教授によると

この碑は宮本武蔵が尾張を去った後に、尾張藩士・寺尾直正のもとめに応じ、義子である竹村与右衛門を自分の代わりによこしました。竹村は尾張に滞在して円明流(二刀流)を広め、林資源・林資竜親子や彦坂八兵衛といった弟子に免状を与えています。この林資竜の弟子の弟子にあたるのが左右田邦俊なのだそうです。

この碑を見ていると宮本武蔵の葛藤が伝わってくるようです。

※この記事には想像で書いている部分が多く含まれています。

使ったカメラ Nikon D300S  レンズ:DX Nikkor 35mm F1.8 

-写真, 寺社仏閣, 徳川家康
-, , , , ,

テキストのコピーはできません。