写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:谷汲山華厳寺の仁王像と門前町の桜祭り@岐阜県揖斐川郡

2024/4/15

西国三十三番満願霊場谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)は、その山号と寺号は醍醐天皇より賜ったと伝えられています。 お寺の場所は、根尾川が山から濃尾平野に流れでる手前の西に位置しています。 その根尾川は濃尾平野にでて木曽三川(きそさんせん)のひとつ揖斐川(いびがわ)に合流します。木曽三川とは長良川、木曽川、揖斐川のことをこのように呼びます。 谷汲山華厳寺は日本最古の観音霊場「西国三十三所観音霊場」の第三十三番札所で結願・満願のお寺として知られています。 春には桜、秋には紅葉の名所として多くの参拝者を集めま ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:壬申の乱で大海人皇子に破れた大友皇子の墓と伝わる古墳があります。@岡崎市

2024/4/10

壬申の乱(じんしんのらん・672年)で大海人皇子(おおあまのおうじ)に破れた大友皇子(おおとものおうじ)の墓と伝わる古墳が岡崎市にあります。 壬申の乱は天智天皇死後の皇位を巡り、天智天皇の弟、大海人皇子と天智天皇の息子、大友皇子との戦いのことです。 近年では、鸕野讃良皇女(うののさららのこうじょ)(のちの持統天皇)が夫である大海人皇子(後の天智堪能)の皇位継承のために、近江を去り吉野でいの準備を行い、兄である天智天皇が亡くなった後に、兄の息子の大友皇子を討つことを説得したのではという説も有力になっているよ ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市

2024/4/10

満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市 1500年前に迫害を避けてこの地(岐阜県本巣市根尾)に潜んでいた男大迹王(おほどのおおきみ)が継体天皇として即位するためにこの地を去るにあたり形見として植えられた桜です。 「身の代と残す桜は薄住よ 千代に其の名を栄盛(さか)へ止(とど)むる」。 歌まで添えられています。 継体天皇(男大迹王)は福井で育てられ、迫害を避けてこの地に隠れていました。 そういった歴史上の出来事を知る、やんごとなき桜の木です。 【PR】初心者も安心のサポート充実【DMM FX】 国指定天然記念物 根尾 ...

ReadMore

news 写真 風景

写真:東山植物園桜の廻廊満開@名古屋市

2024/4/10

東山植物園の桜の廻廊の桜が満開です。

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:持統天皇のお手植えと伝わる奥山田のしだれ桜が放つオーラに負けそうです。@岡崎市

2024/4/14

持統天皇のお手植えと伝わる奥山田のしだれ桜が放つオーラに負けそうです。 奥山田のしだれ桜は、豊田市と岡崎市の境近くにあるしだれ桜の名木です。 1300年前に持統天皇(645-703)が上皇となられ、村積山(むらづみやま)に行幸されたときにお手植えになったと伝わる美しいしだれ桜の巨木です。 西暦702年のことです。 【PR】DMM.com証券のFX取引サービス【DMM FX】 その村積山の頂きには村積神社があります。 物部真福(もののべのまさち)が聖徳太子に願いこの地に真福寺を建立(推古天皇2年(594年) ...

ReadMore

写真 風景

写真:雨続きだったので貴重な青空。彼岸桜が一気に満開。まさに花開く!。

2024/3/29

雨続きだったから貴重な青空、彼岸桜が一気に満開。うれしそうです。まさに花開く!。 なんとまあ、誇らしげな咲きっぷりでしょう! https://okazin86.com/amenohigansakura/ 【PR】【DMM FX】について詳しくはこちら  

ReadMore

写真 風景

写真:寒の戻り!冷たい雨に耐えてふるえる彼岸桜

2024/3/26

寒の戻り!冷たい雨に耐えてふるえる彼岸桜。 2024年ことしの春は去年と違っていつまでも寒い。 花の季節がやってきたと思ったのに、カチンと寒い。 雨の日と曇りの日が続いて青空が見える日が少ない。 写真がなかなかうまく撮れません。 初めから気持ちが天候に負けているのが原因です。 雨の日には雨の写真があるとか言いますが、それはその通りです。 心からそう思います。 とはいうものの、心の奥では雨と寒さにくじけているので調子が出ません。 ビニール傘を差してはいますが、カメラもレンズも雨粒だらけです。 「モチーフとカ ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:石上神宮(いそのかみじんぐう)は伊勢神宮などと並ぶ日本最古の神社のひとつです。@天理市

2024/3/17

『日本書紀』には「石上振神宮」との記載も見えますが、そもそも『日本書紀』に「神宮」と記されているのは出雲と石上と伊勢だけなのです。 と石上神宮の森正光 宮司が説明されています。 石上神宮(いそのかみじんぐう)の神様は 布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ) 布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ) 布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ) です。 続いて、次のように説明されています。 古事記の神武東征のところに、熊野で難に遭われた天皇を救うために建御雷神(たけみかづちのかみ)が剣を降された話があります。 そこ ...

ReadMore

news

愛知県警は、2024.3.19(火)以降運転免許更新の手続きをスムーズにするため、インターネットと電話による予約制への移行を発表しました。

2024/3/6

愛知県警は、運転免許更新の手続きをスムーズにするため、インターネットと電話による予約制への移行を発表しました。 3月19日以降に更新を迎える優良、一般、違反の各運転者と初回更新者が対象。 3月15日から専用サイトか専用ダイヤル=052(680)9777、平日午前9時~午後5時=で予約を受け付けます。 予約制度の対象となる人 令和6年3月19日(火曜日)以降に免許更新をされる方で、運転免許の講習区分が 「優良」「一般」「違反」「初回」の方が対象となります。 ※但し、西署・港署・幹部交番(高蔵寺、尾西、大府、 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 徳川家康 歴史

写真:現在の上野寛永寺の根本中堂は江戸の歴史に残したその威容をつつましくしても、屋根に葵の紋が眩しく輝いています。@台東区

2024/2/29

現在の上野寛永寺の根本中堂は江戸の歴史に残したその威容をつつましくしても、屋根に葵の紋が眩しく輝いています 寛永寺は天台宗の別格大本山です。 寛永2(1625)年に、徳川幕府の安泰と万民の平安を祈願するため、江戸城の鬼門(東北)にあたる上野の台地に、慈眼大師(じげんだいし)天海(てんかい)大僧正によって建立されました。 上野には津藩の藩主藤堂高虎の屋敷がありました。 高虎はその屋敷を提供し天海と共に家康の遺言通り、家康と天海そして高虎の3人が心静かに過ごすことのできる寺を上野に建てました。 高虎が家康が亡 ...

ReadMore

写真 徳川家康 風景

写真:桶狭間の戦いのあと、徳川家康は19歳(1560年)の時に自分が生まれた岡崎城に戻りました。その後、ここを拠点として対抗勢力を討伐し三河を掌握しました。

大樹寺山門と総門越しに見る岡崎城
大樹寺三門(山門)と総門越しに見る岡崎城

桶狭間の戦いのあと、徳川家康は19歳(1560年)の時に自分が生まれた岡崎城に戻りました。その後、ここを拠点として対抗勢力を討伐し三河を掌握しました。その後1570年(元亀元年)には浜松城を築城し東に向けて領地拡大を目指すのですが、岡崎城を居城としていた10年の間に三河を平定したことが、その後の家康の運命を決定づけているようです。

言ってみれば、岡崎での成功で家臣も彼についてきたし、その後の多くの苦難にも心底頼れる家臣とともに乗り越えてこられたのでしょう。

強うそうに見えないのに戦に勝ってしまう。兵の采配のセンスと頭の良さは、大高城兵糧搬入を始めとした家康の野戦の能力が敵将にも伝わり、家康が並の大将ではないことを誰もが認めるところとなります。特にこれまで敵将だった織田信長が家康が桶狭間の戦いの後、岡崎に戻った家康にすぐに同盟を持ちかけるなど敵にも評価されていたことがわかります。

1573年1月(元亀3年の12月)の三方原の戦いで西進してきた武田信玄に負けてしまいますが、それでも家来達の命をかけた犠牲の甲斐あって家康は命を落とすことなく更なる高みを目指すことができました。

しかし、一方の武田信玄は三方ヶ原の戦いに勝った後、1573年(元亀4年)始めに野田城を攻めた後の4月に亡くなってしまったようです。

家康は天も味方する強運の持ち主です。

岡崎城はどっしりとした構えの天守閣で安定感があります。また掘りが深く川が自然の要害になっていて攻めにくい構造になっています。

岡崎市の史跡指定の申請調では、

岡崎城は、三河守護職であり大草城主の西郷弾正左衛門頼嗣(さいごうだんじょうざえもんよりつぐ)が享徳元年(1452)から康正元年(1455)にかけて築城し、その後松平清康(後の徳川家)に譲り、以来徳川幕府発祥の地となり、田中、本多、水野、松平、本多を経て、明治四年廃藩、同六年から七年にとりこぼち(建築物を壊す)となったが、同八年以来公演として本丸の保存につとめ、昭和三十四年三月三十日三層五重の天守閣と井戸やぐら、附やぐらが復元され、一層昔をしのばせるものである。

との理由で史跡指定申請されています。

また、岡崎城は東西に流れて矢作川に合流する乙川(お城の近くは菅生川と呼ばれていた)の北岸の河岸段丘上の龍頭山(標高24m)と呼ばれる要衝の地に立地しています。

岡崎城主だった祖父、父、長男は若くして亡くなっていて家康の悲しみがこの城ある。

岡崎城主だった家康の祖父の清康は25歳で、父の広忠は24歳で、長男の信康は21歳で亡くなっています。家康自身は浜松、駿府、江戸と順番に拠点を移し、75歳(満73歳)で亡くなっているのですが、家康を除いて祖父、父、長男の3人の城主が若くして亡くなっています。

家康が関東異封となり三河、静岡エリアを離れた後には、豊臣秀吉の家来だった田中吉政が11年間城主を務めています。その後は、水野氏、松平氏、本多氏がそれぞれ城主を務めて明治時代を迎えています。

そんな理由から、写真のように岡崎城の瓦は徳川の三つ葉葵の紋ではなく本多家の立葵の紋になっています。徳川の三つ葉葵だと思っている方もいらっしゃると思うのですが、本多氏藩主で自分の城だったのでそうしたのでしょう。

大手門を入るとすぐに三河武士の館や徳川家康、本多平八郎忠勝の銅像があります。また浜松時代に家康が書かせた「しかみ像」の石像も設置されています。

岡崎城にある家康の銅像は、なかなか上手く撮れません。

それぞれの像の写真の撮影は、時間帯によって日の高さや向きが異なるので陰になってしまって上手く撮れないことが多くあります。
顔の部分の露出と測光に注意して表情が撮れるように背景の明るさのバランスに注意を払いながらシャッターを押します。


カメラの機能が進化したので比較的銅像の顔が暗くならずに撮れるようになりましたが、スマホのカメラでは撮りにくく感じています。
岡崎城には写真を撮影するポイントがたくさんあるので何度かに分けて写真をアップしたいと計画しています。

使ったカメラ Nikon D500  レンズ DX Nikkor 17-55mm F2.8

-写真, 徳川家康, 風景
-, , , , , , , ,

テキストのコピーはできません。