写真 寺社仏閣 徳川家康

写真:伊賀八幡宮は松平氏第四代、安祥松平氏初代の松平親忠公が伊賀の国から1470年にこの岡崎に遷し祀ったのが始まりと言われています。それ以来ここの地名は下井田から伊賀と言うようになったと伝わっています。確かに伊賀八幡宮の前を流れる川の名前は伊賀川と言います。

伊賀八幡宮随神門
伊賀八幡宮随神門

伊賀八幡宮は、松平氏第四代、安祥松平氏初代の松平親忠(ちかただ)公が伊賀の国から1470年に、この地岡崎に遷し祀ったのが始まりと言われています。

それ以来ここの地名は下井田から伊賀と言うようになったと伝わっています。

確かに伊賀八幡宮の前を流れる川の名前は伊賀川と言います。

その5年後に松平家の菩提寺、大樹寺も創建したと伊賀八幡宮の略記にあります。

徳川家康公は安祥松平の嫡流で松平宗家の血筋です。

そういう意味で安祥城主となった松平親忠公が松平(安祥松平)初代とされています。

安祥城がそれ以来ずっと松平の城であったかというとそうではなく、織田との争いの中で安城合戦と呼ばれた安祥城を巡る10年近い長い紛争が続きました。

それに勝つことにより松平宗家の基盤を築き上げることができたのでした。

しかし、それでも不安定な基盤であったために駿府の今川氏に頼らざるを得なかったことが、幼少の家康が人質として駿府に送られるなど、家康は苦難の幼少時代を過ごしました。

松平宗家は、この松平親忠公から始まって、それ以来の松平の嫡流はよくこの伊賀八幡宮を守り、将軍家となってからも変わらずに先祖が血を流して守り抜いた岡崎の地を大切にします。


19歳で岡崎に戻った家康にとって、この伊賀八幡宮は心強い精神的な拠り所となっていたに違いありません。

家康はこの伊賀八幡宮で出陣のたびに戦勝祈願をおこなっており、負け知らずの八幡宮として、今も「願」をかける人が大勢訪れるそうです。

特に家康の孫である将軍徳川家光による造営は、将軍家の父祖の地にふさわしい神社として美しく造営しています。

現在の主な建物は寛永13年(1636)当時に造営されたものがほとんどです。

使ったカメラ Nikon D500  レンズ DX Nikkor 17-55mm F2.8

-写真, 寺社仏閣, 徳川家康
-, , , , , , ,

テキストのコピーはできません。