写真 風景

写真:小堤西池のかきつばたが見頃です。2024/05/15@刈谷市

2024/5/16

5/15小堤西池のかきつばたが見頃です。 先週よりも花に勢いが感じられます。 池の東のシャリンバイの白い花が満開になってその当たりが華やいでいます。 そこでは、かきつばたの花はシャリンバイに主役の座を譲って引き立て役に回っています。 今年は池の水量が多い 今年は池の水が多いので、水面に映り込むかきつばたの花が波に揺らいで融けていくような風情があります。 こんどの週末は今年のかきつばたの見納めになるかも知れません。 かきつばたと混生している葦が伸び始めているからです。 葦が伸びてくると背の低いかきつばたはど ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:2024年5月9日、国の天然記念物小堤西池のかきつばたが見頃をむかえています。@刈谷市

2024/5/16

2024年5月9日、国の天然記念物、刈谷市にある小堤西池のかきつばたが見頃です。 4月27日に知立神社でかきつばたが咲いているのを見て、その足で小堤西池のかきつばたの様子を確かめに訪れた時はに開花にはほど遠い様子でしたが、それから10日ほどで一気に見頃になりました。 小堤西池のかきつばたは天然記念物なので自然の中にあるがままの姿です。 在原業平がこの辺りを通ったときの景色を伝えています。 ここから少し東にある三河八橋の無量寿寺に行くまでもなく、この辺り一帯は見渡す限りこの風景が広がっていたのだと思いながら ...

ReadMore

写真 風景

写真:2024年、知立神社のかきつばたが早く咲きましたが近くの小堤西池のかきつばたの開花はまだでした。@刈谷市

2024/4/27

知立神社のかきつばたが早く咲きましたが近くの小堤西池のかきつばたの開花はまだでした、 昨年は5月の初めに花が咲き始めました。 先日、知立神社のかきつばたが雨の中でツツジと一緒に美しく咲いていたので、今年は開花が早いのかと思って近くの天然記念物小堤西池に自生するかきつばたの様子を見に行きました。 結果はご覧のとおり花はまだまだでした。 とは言っても。そろそろ開花の時期を迎えます。 https://okazin86.com/chiryu

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:尾張国二宮 大縣神社は濃尾平野を開拓者した古代の人たちの守り神。@犬山市

2024/4/30

尾張国二宮 大縣神社(おおあがたじんじゃ)は濃尾平野を開拓した古代の人たちの守り神です。 犬山市にあります。 国宝の犬山城から南南東7㎞にある本宮山の麓にある神社です。 元は本宮山、(真霊山(みかみやま)ともいう)の山頂に祀られていた神様ですが、大縣神社の由緒書によると垂仁天皇27年(BC3年)に麓の現在地に遷座されたそうです。 祭神は尾張国開拓の祖神、大縣大神です。 尾張国一宮の真清田神社の祭神は天火明命(あめのほあかりのみこと)も国土開拓、産業開発の神様なので、濃尾平野の開拓と開発のために尽力された神 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:尾張国一宮 真清田神社@一宮市

2024/4/22

尾張国一宮の真清田神社(ますみだじんじゃ)は愛知県一宮市にある歴史ある神社です。 参道はアーケードのある大きな商店街になっていて、市役所も門前に立地しています。 御由緒 神社名 真清田神社(ますみだじんじゃ) 祭神 天火明命(あめのほあかりのみこと) 鎮座地 愛知県一宮市真清田1ノ1 祭礼日 四月三日(桃花祭) 当社は尾張国一宮にして、祭神天火明命は天孫瓊瓊杵尊の御兄神に坐しまし国土開発、産業守護の神として 御神徳弥高く、この尾張国はもとより中部日本今日の隆昌を招来遊ばれた貴い神様であります。 創建につい ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:知立神社にある東公園ではかきつばたとツツジが満開です。@知立市

2024/4/22

知立神社にある東公園ではかきつばたとツツジが満開です。 花菖蒲園(西公園)はまだ咲いていません。 強く降る雨のかなで、ツツジとかきつばたが薄暗い神社の森を背景にして光るように咲いています。 ツツジもかきつばたも例年に比べると咲くのが早いのですが、特にかきつばたがツツジと同じタイミングで咲いているのは、季節がこれまでとは大きく変化してきているのでしょう。 強い雨のせいで知立神社の社号標を撮り忘れました。

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:谷汲山華厳寺の仁王像と門前町の桜祭り@岐阜県揖斐川郡

2024/4/15

西国三十三番満願霊場谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)は、その山号と寺号は醍醐天皇より賜ったと伝えられています。 お寺の場所は、根尾川が山から濃尾平野に流れでる手前の西に位置しています。 その根尾川は濃尾平野にでて木曽三川(きそさんせん)のひとつ揖斐川(いびがわ)に合流します。木曽三川とは長良川、木曽川、揖斐川のことをこのように呼びます。 谷汲山華厳寺は日本最古の観音霊場「西国三十三所観音霊場」の第三十三番札所で結願・満願のお寺として知られています。 春には桜、秋には紅葉の名所として多くの参拝者を集めま ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:壬申の乱で大海人皇子に破れた大友皇子の墓と伝わる古墳があります。@岡崎市

2024/4/10

壬申の乱(じんしんのらん・672年)で大海人皇子(おおあまのおうじ)に破れた大友皇子(おおとものおうじ)の墓と伝わる古墳が岡崎市にあります。 壬申の乱は天智天皇死後の皇位を巡り、天智天皇の弟、大海人皇子と天智天皇の息子、大友皇子との戦いのことです。 近年では、鸕野讃良皇女(うののさららのこうじょ)(のちの持統天皇)が夫である大海人皇子(後の天智堪能)の皇位継承のために、近江を去り吉野でいの準備を行い、兄である天智天皇が亡くなった後に、兄の息子の大友皇子を討つことを説得したのではという説も有力になっているよ ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市

2024/4/10

満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市 1500年前に迫害を避けてこの地(岐阜県本巣市根尾)に潜んでいた男大迹王(おほどのおおきみ)が継体天皇として即位するためにこの地を去るにあたり形見として植えられた桜です。 「身の代と残す桜は薄住よ 千代に其の名を栄盛(さか)へ止(とど)むる」。 歌まで添えられています。 継体天皇(男大迹王)は福井で育てられ、迫害を避けてこの地に隠れていました。 そういった歴史上の出来事を知る、やんごとなき桜の木です。 【PR】初心者も安心のサポート充実【DMM FX】 国指定天然記念物 根尾 ...

ReadMore

news 写真 風景

写真:東山植物園桜の廻廊満開@名古屋市

2024/4/10

東山植物園の桜の廻廊の桜が満開です。

ReadMore

写真 徳川家康

写真:名古屋城本丸御殿上洛殿は尾張徳川家の親戚でもある将軍徳川家光に対する礼を尽くした造りです。徳川幕府(将軍)への礼を見える形で示していることの意味は、とても大きかったと思います。

上洛殿上段之間
上洛殿上段之間

名古屋城本丸御殿上洛殿は、尾張徳川家と血がつながった親戚でもある、将軍徳川家光に対する礼を尽くした造りです。徳川幕府(将軍)への礼儀を徳川御三家筆頭である尾張徳川家の威信にかけて目に見える形で示したことの意味はとても大きかったと思います。

実際に他藩の大名がこの御殿を見学して学んだのかどうかはわかりませんが、将軍への礼儀が具体的な例として目に見える形で存在することは後々大きな意味を持ったのではないかと思います。

そのことは、いずれ徳川家光の上洛に同行した近習から、他藩に尾張藩でのもてなしのことが伝わることは間違いないので、やはり大きな意味を持ったことは間違いないでしょう。

調べてみると、初代尾張藩主の徳川義直は徳川家康の九男で1601年生まれ、徳川家光は二代将軍徳川秀忠の子で1604年生まれで同年代です。

名古屋城総合事務所蔵 昭和実測図 より 上洛殿・黒木書院・対面所
「出典 名古屋城総合事務所蔵 昭和実測図」 より  上洛殿・黒木書院・対面所

調べてみると、初代尾張藩主の徳川義直は徳川家康の九男で1601年生まれ、徳川家光は二代将軍徳川秀忠の子で1604年生まれで家康の孫にあたります。家光のお父さん秀忠と義直は兄弟です。徳川家光は、徳川家康、織田家、浅井家という名門の血を引く生まれであり、その血筋において異を唱えようのないほどのサラブレッドです。

家光と同世代である徳川家康の九男義直が、父家康の孫でもあり甥でもある将軍家光が上洛するときに、尾張藩主としてもてなすために増築したのが名古屋城本丸御殿上洛殿なのです。

そして、徳川家康がまだ現役の時代には、旅して名古屋を通るときには、清洲城の黒木書院を宿泊所として使っていたそうですから、その黒木書院を家康を尊敬する家光のためにわざわざ名古屋城本丸御殿に移築してもてなすというこの計らいは、家康の息子でなければできないことでしょうから、その念の入れようは見事です。

尾張藩は、徳川家の身内に対する計らいと、公的な身分に対する敬意と礼儀の2つのことを目に見える形で示すことができました。尾張藩の関係者は相当に頑張ったに違いありません。

そしてこの上洛殿によって義直が家康の息子であることの面目を大いに立てられたのではないでしょうか。家康を尊敬していた家光は、きっとこのもてなしに喜ぶやら恐縮するやらだったでしょうから尾張藩としての面目躍如は間違いなかったでしょう。

ただ、清洲城の廃城は1610年、家光が上洛殿に泊まったのは1634年なので、黒木書院は早くから本丸御殿に移築されていたのか部材が解体されて保存されていたのかの詳しいことはまだ調べられていないので今のところわかりません。

また表書院と対面所の上段之間には廊下に飛び出した付け書院がありますが、上洛団の上段之間にはありません。また、廊下の幅は対面所から鶯之廊下までは二間ですが、上洛殿では一間半になります。その理由は建った年代の社会背景にあるかもしれません。既に甲冑を着て御殿の中を行き来する時代ではなくなっていたのもその理由のひとつとして考えられます。

関ヶ原の戦い1600年、大坂夏の陣が1615年、本丸御殿完成が1615年、上洛殿完成は1633年、家光の上洛殿泊が1634年。こう考えると時代の流れと考えられなくはありません。

ただ、そのときには藩主義直はすでに二之丸御殿に移っていました(1620年)。

名古屋城本丸御殿 昭和実測図閲覧サービス https://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/learn/document/

使ったカメラ Nikon:D500 レンズ Nikkor DX 16-80mm F2.8-4.0

※なお、記事の内容は史実もございますが、筆者の想像で書いた部分もありますのでご承知の上お楽しみください。

-写真, 徳川家康
-

テキストのコピーはできません。