写真 風景

写真:小堤西池のかきつばたが見頃です。2024/05/15@刈谷市

2024/5/16

5/15小堤西池のかきつばたが見頃です。 先週よりも花に勢いが感じられます。 池の東のシャリンバイの白い花が満開になってその当たりが華やいでいます。 そこでは、かきつばたの花はシャリンバイに主役の座を譲って引き立て役に回っています。 今年は池の水量が多い 今年は池の水が多いので、水面に映り込むかきつばたの花が波に揺らいで融けていくような風情があります。 こんどの週末は今年のかきつばたの見納めになるかも知れません。 かきつばたと混生している葦が伸び始めているからです。 葦が伸びてくると背の低いかきつばたはど ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:2024年5月9日、国の天然記念物小堤西池のかきつばたが見頃をむかえています。@刈谷市

2024/5/16

2024年5月9日、国の天然記念物、刈谷市にある小堤西池のかきつばたが見頃です。 4月27日に知立神社でかきつばたが咲いているのを見て、その足で小堤西池のかきつばたの様子を確かめに訪れた時はに開花にはほど遠い様子でしたが、それから10日ほどで一気に見頃になりました。 小堤西池のかきつばたは天然記念物なので自然の中にあるがままの姿です。 在原業平がこの辺りを通ったときの景色を伝えています。 ここから少し東にある三河八橋の無量寿寺に行くまでもなく、この辺り一帯は見渡す限りこの風景が広がっていたのだと思いながら ...

ReadMore

写真 風景

写真:2024年、知立神社のかきつばたが早く咲きましたが近くの小堤西池のかきつばたの開花はまだでした。@刈谷市

2024/4/27

知立神社のかきつばたが早く咲きましたが近くの小堤西池のかきつばたの開花はまだでした、 昨年は5月の初めに花が咲き始めました。 先日、知立神社のかきつばたが雨の中でツツジと一緒に美しく咲いていたので、今年は開花が早いのかと思って近くの天然記念物小堤西池に自生するかきつばたの様子を見に行きました。 結果はご覧のとおり花はまだまだでした。 とは言っても。そろそろ開花の時期を迎えます。 https://okazin86.com/chiryu

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:尾張国二宮 大縣神社は濃尾平野を開拓者した古代の人たちの守り神。@犬山市

2024/4/30

尾張国二宮 大縣神社(おおあがたじんじゃ)は濃尾平野を開拓した古代の人たちの守り神です。 犬山市にあります。 国宝の犬山城から南南東7㎞にある本宮山の麓にある神社です。 元は本宮山、(真霊山(みかみやま)ともいう)の山頂に祀られていた神様ですが、大縣神社の由緒書によると垂仁天皇27年(BC3年)に麓の現在地に遷座されたそうです。 祭神は尾張国開拓の祖神、大縣大神です。 尾張国一宮の真清田神社の祭神は天火明命(あめのほあかりのみこと)も国土開拓、産業開発の神様なので、濃尾平野の開拓と開発のために尽力された神 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:尾張国一宮 真清田神社@一宮市

2024/4/22

尾張国一宮の真清田神社(ますみだじんじゃ)は愛知県一宮市にある歴史ある神社です。 参道はアーケードのある大きな商店街になっていて、市役所も門前に立地しています。 御由緒 神社名 真清田神社(ますみだじんじゃ) 祭神 天火明命(あめのほあかりのみこと) 鎮座地 愛知県一宮市真清田1ノ1 祭礼日 四月三日(桃花祭) 当社は尾張国一宮にして、祭神天火明命は天孫瓊瓊杵尊の御兄神に坐しまし国土開発、産業守護の神として 御神徳弥高く、この尾張国はもとより中部日本今日の隆昌を招来遊ばれた貴い神様であります。 創建につい ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:知立神社にある東公園ではかきつばたとツツジが満開です。@知立市

2024/4/22

知立神社にある東公園ではかきつばたとツツジが満開です。 花菖蒲園(西公園)はまだ咲いていません。 強く降る雨のかなで、ツツジとかきつばたが薄暗い神社の森を背景にして光るように咲いています。 ツツジもかきつばたも例年に比べると咲くのが早いのですが、特にかきつばたがツツジと同じタイミングで咲いているのは、季節がこれまでとは大きく変化してきているのでしょう。 強い雨のせいで知立神社の社号標を撮り忘れました。

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:谷汲山華厳寺の仁王像と門前町の桜祭り@岐阜県揖斐川郡

2024/4/15

西国三十三番満願霊場谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)は、その山号と寺号は醍醐天皇より賜ったと伝えられています。 お寺の場所は、根尾川が山から濃尾平野に流れでる手前の西に位置しています。 その根尾川は濃尾平野にでて木曽三川(きそさんせん)のひとつ揖斐川(いびがわ)に合流します。木曽三川とは長良川、木曽川、揖斐川のことをこのように呼びます。 谷汲山華厳寺は日本最古の観音霊場「西国三十三所観音霊場」の第三十三番札所で結願・満願のお寺として知られています。 春には桜、秋には紅葉の名所として多くの参拝者を集めま ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:壬申の乱で大海人皇子に破れた大友皇子の墓と伝わる古墳があります。@岡崎市

2024/4/10

壬申の乱(じんしんのらん・672年)で大海人皇子(おおあまのおうじ)に破れた大友皇子(おおとものおうじ)の墓と伝わる古墳が岡崎市にあります。 壬申の乱は天智天皇死後の皇位を巡り、天智天皇の弟、大海人皇子と天智天皇の息子、大友皇子との戦いのことです。 近年では、鸕野讃良皇女(うののさららのこうじょ)(のちの持統天皇)が夫である大海人皇子(後の天智堪能)の皇位継承のために、近江を去り吉野でいの準備を行い、兄である天智天皇が亡くなった後に、兄の息子の大友皇子を討つことを説得したのではという説も有力になっているよ ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市

2024/4/10

満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市 1500年前に迫害を避けてこの地(岐阜県本巣市根尾)に潜んでいた男大迹王(おほどのおおきみ)が継体天皇として即位するためにこの地を去るにあたり形見として植えられた桜です。 「身の代と残す桜は薄住よ 千代に其の名を栄盛(さか)へ止(とど)むる」。 歌まで添えられています。 継体天皇(男大迹王)は福井で育てられ、迫害を避けてこの地に隠れていました。 そういった歴史上の出来事を知る、やんごとなき桜の木です。 【PR】初心者も安心のサポート充実【DMM FX】 国指定天然記念物 根尾 ...

ReadMore

news 写真 風景

写真:東山植物園桜の廻廊満開@名古屋市

2024/4/10

東山植物園の桜の廻廊の桜が満開です。

ReadMore

写真

写真:クリスマス🔔なのに美しく上品なモミジに出会いました。

モミジ
紅葉を赤く写すために光りのやり繰りをする

紅葉といえば京都を思いますが撮影したのは近所です。

近所のモミジを見ていると紅葉の色合いが良くなかったりして写真を撮る気持ちが起こらなかったりすることがあります。けど、このモミジは遠くから見つけたときに「オヤッ」?と思わせる色合いでした。手入れはされている様子がなく、言ってみれば「野良モミジ」です。しかし、近づいてよく見ると、モミジの葉の形がシュッとして長く美しいことに気づきました。

上品!。

木の形などから剪定などの手入れがあまりされていないことがわかりますが、葉の形が良いのでこの木が欲しくなりました。思わず種が落ちてないか探してしまいました。

平地の紅葉はイメージよりもタイミングが遅い

モミジと青空
鉄塔を背景に入れてローカル感を演出?

紅葉は、11月中旬~12月上旬が見頃なのだと子供の頃から親に何度も聞かされているので、毎年秋になるとその言葉を思い出します。

写真好きだった父親の教えはまさにその通りで、紅葉の見頃は11月中旬~12月上旬にかけてが、撮影のタイミングです。

この紅葉に対する季節感は主に京都に紅葉を撮りに行く父親の季節感なのですが、関東や東北、北海道ではタイミングが少し早くなります。

ちょうど桜前線が北に上っていくのとは反対に、紅葉前線?は日本列島を下ってくることになります。

紅葉のイメージは「そうだ 京都、行こう。」の広告が作った?

一般的に「秋」といえば、そのイメージは10月頃からなのだろうと思いますが、「秋=紅葉」のイメージが頭の中に出来上がってしまっているので10月中旬にもなると、しびれを切らせてしまって、「紅葉を見に行きたい」という思いが、だんだんと自分の心の中で膨らんでくるようです。

「そうだ 京都、行こう」のキャッチフレーズと有名なお寺の美しい紅葉を写した大きなポスターを駅で見つけると、後先を考えずに無性に京都の紅葉が見たくなります。

そして紅葉のポスターの前に立ち止まって見とれてしまいます。

特に東京では大々的に宣伝するので、秘めたる京都へのあこがれに火をつけるような美しい紅葉の写真のポスターやコマーシャルがさらに追い打ちをかけて「京都に行きたい感」が最高潮に達します。

長い間、毎日を京都で仕事してきた経験がある私でも、東京で「そうだ 京都、行こう。」の大きなポスターを見かけると、「いーなー」と思ってつい見とれてしまいます。

京都の紅葉は感性の表現をすための手がかかっている

モミジが紅葉する加減は、その年の気温や天候に左右されると聞きますがその通りだと思います。

しかし、京都の紅葉はその赤の色がひときわ赤く美しいと思います。

「紅葉に外れがない」といってしまうと少し雑で京都に失礼でもあるのですが、要するに綺麗な赤い紅葉が見られるように日当たりとかも考えられた庭造りがされていて、維持管理にとてもお金をかけている。そのように感じます。

京都にあるお寺の庭の美しくきわだった紅葉は、普段の手入れをよほど丁寧にして備えておかなければ、遠路足を運んで来た人を感嘆させるはずがありません。

秋に備えて何もしないでおいて、あのように美しくなるはずはありません。

深くは知りませんが、そう考えるのが考えやすいです。

この紅葉は日当たりの良い環境に植えられているので木の生命力を感じます。

長い指みたいで美しいモミジ
京都○○院のモミジと書きたいところですが、近所のモミジ。

一方この写真のモミジは川の堤防脇に生えている名もない一本のモミジです。

日が傾いた堤防を散歩していて見つけたモミジです。まだ赤いなと思いながら寄っていくと、夕日に照らされたモミジの葉が真っ赤です。その上に、長くて上品な葉の形をしたモミジでした。

その辺のモミジとはちょっと違う上等なモミジです。剪定してやると魅力的な木に育つはずです。

もうクリスマスだというのに樹の根元に赤い葉を散らしながら上品な紅葉を保っています。

モミジの枝
背景がゴチャゴチャしてこのモミジの良さが表現できていません

少しアンダー(暗め)に写すと赤がしっかり赤として写りますが、明るく写すとせっかくの紅葉が白く飛んでしまったうえに見た目とは違って写ってしまいます。

このことに注意しながら木の周りを回って、逆光の位置から日の光が他の葉によって遮られて陰になっている部分の葉を狙って写しました。

ただ明るさが足りないと写真に華がなくなるように思うので、シャッタースピードと絞りとISO感度のやり繰りに悩みながらの撮影でした。

もう一つ大切な要素は被写体を揺らす風です。

この日は風がなくて被写体ブレの心配がありませんでした。

この日はついていました。

手鞠のようなモミジ
手鞠の模様を思わせるモミジ

木の葉はいつのときでも、だいたいが風に揺れているので、写真に撮るときにはシャッタースピードを速く設定しないと揺れを止めることができません。

ブレずに写っても、葉が風になびいているので風を感じさせる「せわしなさ」が写ってしまいます。

好条件が重なってたっぷりとした赤の紅葉が写せました。

まとめ

少し色あせたモミジ
色がくすみ始めた紅葉部分

紅葉を赤く写すためには葉に光を反射させない

紅葉を赤く写すためには少しアンダーを意識して実際の色が写るように撮影ポジションを工夫する。

写したい被写体に正対して大きく撮ることで意図を伝える

日の丸構図を避けた写真は往々にして弱い。「上手でしょ構図」なのが伝わるのでイラッとする。

寄って大きく写す。

良い被写体を撮ると教えられることが多いので勉強になる。

足で歩くと被写体との出会いがある。

そうだ 京都、行こう。→ https://souda-kyoto.jp/blog/00798.html

通販でモミジが買えるのですね。楽天市場

イロハモミジ株立ち 1.2m露地 1本【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】
価格:11000円(税込、送料無料) (2020/12/24時点)

-写真
-, , ,

テキストのコピーはできません。