写真 風景

写真:小堤西池のかきつばたが見頃です。2024/05/15@刈谷市

2024/5/16

5/15小堤西池のかきつばたが見頃です。 先週よりも花に勢いが感じられます。 池の東のシャリンバイの白い花が満開になってその当たりが華やいでいます。 そこでは、かきつばたの花はシャリンバイに主役の座を譲って引き立て役に回っています。 今年は池の水量が多い 今年は池の水が多いので、水面に映り込むかきつばたの花が波に揺らいで融けていくような風情があります。 こんどの週末は今年のかきつばたの見納めになるかも知れません。 かきつばたと混生している葦が伸び始めているからです。 葦が伸びてくると背の低いかきつばたはど ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:2024年5月9日、国の天然記念物小堤西池のかきつばたが見頃をむかえています。@刈谷市

2024/5/16

2024年5月9日、国の天然記念物、刈谷市にある小堤西池のかきつばたが見頃です。 4月27日に知立神社でかきつばたが咲いているのを見て、その足で小堤西池のかきつばたの様子を確かめに訪れた時はに開花にはほど遠い様子でしたが、それから10日ほどで一気に見頃になりました。 小堤西池のかきつばたは天然記念物なので自然の中にあるがままの姿です。 在原業平がこの辺りを通ったときの景色を伝えています。 ここから少し東にある三河八橋の無量寿寺に行くまでもなく、この辺り一帯は見渡す限りこの風景が広がっていたのだと思いながら ...

ReadMore

写真 風景

写真:2024年、知立神社のかきつばたが早く咲きましたが近くの小堤西池のかきつばたの開花はまだでした。@刈谷市

2024/4/27

知立神社のかきつばたが早く咲きましたが近くの小堤西池のかきつばたの開花はまだでした、 昨年は5月の初めに花が咲き始めました。 先日、知立神社のかきつばたが雨の中でツツジと一緒に美しく咲いていたので、今年は開花が早いのかと思って近くの天然記念物小堤西池に自生するかきつばたの様子を見に行きました。 結果はご覧のとおり花はまだまだでした。 とは言っても。そろそろ開花の時期を迎えます。 https://okazin86.com/chiryu

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:尾張国二宮 大縣神社は濃尾平野を開拓者した古代の人たちの守り神。@犬山市

2024/4/30

尾張国二宮 大縣神社(おおあがたじんじゃ)は濃尾平野を開拓した古代の人たちの守り神です。 犬山市にあります。 国宝の犬山城から南南東7㎞にある本宮山の麓にある神社です。 元は本宮山、(真霊山(みかみやま)ともいう)の山頂に祀られていた神様ですが、大縣神社の由緒書によると垂仁天皇27年(BC3年)に麓の現在地に遷座されたそうです。 祭神は尾張国開拓の祖神、大縣大神です。 尾張国一宮の真清田神社の祭神は天火明命(あめのほあかりのみこと)も国土開拓、産業開発の神様なので、濃尾平野の開拓と開発のために尽力された神 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:尾張国一宮 真清田神社@一宮市

2024/4/22

尾張国一宮の真清田神社(ますみだじんじゃ)は愛知県一宮市にある歴史ある神社です。 参道はアーケードのある大きな商店街になっていて、市役所も門前に立地しています。 御由緒 神社名 真清田神社(ますみだじんじゃ) 祭神 天火明命(あめのほあかりのみこと) 鎮座地 愛知県一宮市真清田1ノ1 祭礼日 四月三日(桃花祭) 当社は尾張国一宮にして、祭神天火明命は天孫瓊瓊杵尊の御兄神に坐しまし国土開発、産業守護の神として 御神徳弥高く、この尾張国はもとより中部日本今日の隆昌を招来遊ばれた貴い神様であります。 創建につい ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:知立神社にある東公園ではかきつばたとツツジが満開です。@知立市

2024/4/22

知立神社にある東公園ではかきつばたとツツジが満開です。 花菖蒲園(西公園)はまだ咲いていません。 強く降る雨のかなで、ツツジとかきつばたが薄暗い神社の森を背景にして光るように咲いています。 ツツジもかきつばたも例年に比べると咲くのが早いのですが、特にかきつばたがツツジと同じタイミングで咲いているのは、季節がこれまでとは大きく変化してきているのでしょう。 強い雨のせいで知立神社の社号標を撮り忘れました。

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:谷汲山華厳寺の仁王像と門前町の桜祭り@岐阜県揖斐川郡

2024/4/15

西国三十三番満願霊場谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)は、その山号と寺号は醍醐天皇より賜ったと伝えられています。 お寺の場所は、根尾川が山から濃尾平野に流れでる手前の西に位置しています。 その根尾川は濃尾平野にでて木曽三川(きそさんせん)のひとつ揖斐川(いびがわ)に合流します。木曽三川とは長良川、木曽川、揖斐川のことをこのように呼びます。 谷汲山華厳寺は日本最古の観音霊場「西国三十三所観音霊場」の第三十三番札所で結願・満願のお寺として知られています。 春には桜、秋には紅葉の名所として多くの参拝者を集めま ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:壬申の乱で大海人皇子に破れた大友皇子の墓と伝わる古墳があります。@岡崎市

2024/4/10

壬申の乱(じんしんのらん・672年)で大海人皇子(おおあまのおうじ)に破れた大友皇子(おおとものおうじ)の墓と伝わる古墳が岡崎市にあります。 壬申の乱は天智天皇死後の皇位を巡り、天智天皇の弟、大海人皇子と天智天皇の息子、大友皇子との戦いのことです。 近年では、鸕野讃良皇女(うののさららのこうじょ)(のちの持統天皇)が夫である大海人皇子(後の天智堪能)の皇位継承のために、近江を去り吉野でいの準備を行い、兄である天智天皇が亡くなった後に、兄の息子の大友皇子を討つことを説得したのではという説も有力になっているよ ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市

2024/4/10

満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市 1500年前に迫害を避けてこの地(岐阜県本巣市根尾)に潜んでいた男大迹王(おほどのおおきみ)が継体天皇として即位するためにこの地を去るにあたり形見として植えられた桜です。 「身の代と残す桜は薄住よ 千代に其の名を栄盛(さか)へ止(とど)むる」。 歌まで添えられています。 継体天皇(男大迹王)は福井で育てられ、迫害を避けてこの地に隠れていました。 そういった歴史上の出来事を知る、やんごとなき桜の木です。 【PR】初心者も安心のサポート充実【DMM FX】 国指定天然記念物 根尾 ...

ReadMore

news 写真 風景

写真:東山植物園桜の廻廊満開@名古屋市

2024/4/10

東山植物園の桜の廻廊の桜が満開です。

ReadMore

写真 寺社仏閣 徳川家康 風景

写真:伊賀八幡宮は1470年に松平四代の松平親忠公が社(やしろ)を伊賀の国より三州額田郡井田村に移したことにはじまります。ピンチを乗り越えて勝利に導くパワースポットです。@岡崎市

伊賀八幡宮随神門と国旗
随身門

伊賀八幡宮は、1470年に松平四代の松平親忠(ちかただ)公が松平家の氏神として、武運長久、子孫繁栄を祈願するために伊賀の国より三州額田郡井田村に移したのにはじまります。

伊賀の国にちなんで伊賀八幡宮とよび、地名も伊賀と改めました。

三州とは三河のことです。

*岡崎市発行の「岡崎・史跡と文化財めぐり」より。

10倍の敵にもひるまず戦い、凌ぎに凌いでついには勝ってしまう。伊賀八幡宮はそんな奇跡に導く勝利のパワースポットです。

10倍の敵にもひるまず戦い、凌ぎに凌いでついには勝ってしまう。

これまでにそんな奇跡を何度も呼んで松平・徳川に勝利をもたらしました。

伊賀八幡宮はここ岡崎に遷されたときからすでにピンチを乗り越え勝利に導くパワースポットでした。

神意を自ら示したことのある伝説を持ち、松平・徳川に勝利を何度も授けたパワースポットはほかにはみつかりません。

それもそのはずで、松平親忠公は松平家の武運長久と子孫繁栄を願って建てた八幡宮です。

だから松平家(徳川家)以外の味方などするはずがありません。

今日では、古くから伝説となっているその御利益にあやかろうと多くの参詣者を集めています。

伊賀八幡宮東風の随神門

御祭神は

応神天皇、仲哀天皇、神功皇后、

そして東照大権現(徳川家康公)。

伊賀八幡宮の略記には次のように記されています。

伊賀八幡宮の略記

伊賀八幡宮略記

御祭神 応神天皇、仲哀天皇、神功皇后

    東照大権現(徳川家康公)

 岡崎の観光名所としても名高い、伊賀八幡宮は、郷土の英傑である、徳川家康公をご祭神と仰ぐ松平・徳川家累代の祈願所です。

 家康公より五代さかのぼる先祖、松平四代の親忠公は、文明二年(西暦1470年)に、氏神として伊賀八幡宮を創建され、五年後に、氏寺・菩提寺として大樹寺を建てられ、いずれも松平・徳川家の勢力伸長に伴い境内整備がなされました。

 当宮の極彩色の現社殿や、蓮池などは、江戸幕府三代将軍家光公により整備され、主な建造物は昭和八年に国宝に指定されました。(現、国の重要文化財)

 先の大戦で焼失することもなく、勝運出世・開運発展の守り神の大きな御神徳にあやかろうと訪れる人々で、社頭は賑わいます。

織田信秀の大軍を松平軍が井田野で迎え撃ったときに起こった伝説をひとつ紹介します。

伊賀八幡宮には鳥居が動いて神意を示し松平兵に勇気を与えたり、伊賀八幡宮の杜から敵軍に向かって無数の矢が放たれたりしたといういくつかの不思議な出来事が伝わっています。

伊賀八幡宮随神像
随身像
伊賀八幡宮随神像
随身像

松平軍が伊賀八幡宮の北に広がる野原と田んぼだった井田野で敵の織田信秀軍(信長の父)を迎え撃つときに、伊賀八幡宮の鳥居が井田野のほうに一歩歩くように動いたのを松平の兵が見たのです。

それを見た松平の兵たちは勝利を確信して奮戦した結果、8000人の織田信秀(信長の父)軍に対して800人の松平軍が勝利したそうです。

また、伊賀八幡宮の方角から織田軍に無数の矢が放たれたという言い伝えもあります。

そのほかにも伊賀八幡宮は松平。徳川氏のピンチには鳥居を動かし神意を示して松平・徳川氏を勝利に導いたと伝わっています。

伊賀八幡宮拝殿
本殿
伊賀八幡宮境内から見る随神門

そんな三河兵の戦い方が、宮城谷昌光さんの「風は山河より」の第2巻にあります。

小説とは言え、調べも深いはずですから、きっとそうだったに違いないと思います。

さらに、「その戦い方は鉄砲の時代になってもさほど変わらなかったといえるであろう」。

「個の技に走らず個を主張しないがゆえに、この武装集団(三河武士)はかえって独特な個性を発揮したといえるであろう」。

と作品のなかで表現されています。.

勝因は三河武士の間に浸透していた理にかなったクレバーで伝統的な戦い方にあったようです。

三河兵はその練度が高かったと言えます。

宮城谷昌光さんの「風は山河より」では三河武士の強さの本質をさらっと表現されています。

伊賀八幡宮随神門の北西角の力神
力神
伊賀八幡宮随神門帳面
随身門正面

家康の祖父の松平清康が守山で亡くなってすぐ、織田信秀が岡崎に攻め入ってきたときのそれを井田野で迎え撃つ松平軍の防衛戦の様子です。

大河ドラマ「どうする家康」が放映されているので伊賀八幡宮は大混雑しているかと思って心配していましたが、駐車場にうまく車を停めることができました。

駐車場は無料です。

伊賀八幡宮の楓の種 プロペラのような赤い種

※宮城谷昌光著「風は山河より」は野田城菅沼家三代の物語です。

随神門の扁額は1602年に家康が額に入れて寄進した後陽成天皇による御神号宸筆の写しなのだろうか?、本物はたぶん本殿にあるかも。

家光公の時代に改めて頂いた御宸筆かもわかりません。

伊賀八幡宮オフィシャルページ

-写真, 寺社仏閣, 徳川家康, 風景
-, , , , , , , ,

テキストのコピーはできません。