写真 寺社仏閣 歴史

写真:熱田神宮の伝説の梅「ならずの梅(不実梅)」の花が咲いた!@名古屋市

2024/2/27

熱田神宮の伝説の梅「ならずの梅」の花が咲いた! 大きな梅の木です。 真っ白にいっぱい咲かせている花の中に、隠すようにして咲かせている桃色の花を見つけました。 源平桃に似て、花びらに赤白の色がまだらにある花もあります。 この梅の花は八重です。 花をよく見てくれる人にしか分からないような印象的な咲き方で、見る人を楽しませてくれます。 500年もの長い間、こうしてひとの心を惹きつけてきたのです。 ならずの梅 この梅は享禄の古図(1529年頃)にも描かれている奇木で 毎年二月上旬頃から薄桃色の清らかな八重の花が咲 ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:正岡子規記念球場@東京都台東区

2024/2/24

「春風や まりを投げたき 草ノ原」  子規 正岡子規記念球場 正岡子規(1867~1902)は俳人、歌人、随筆家であり、現在の愛媛県松山市に生まれた。名は常規(つねのり)。子規は、明治時代のはじめに日本に紹介されて間もない野球(ベースボール)を愛好し、明治23年3月21日午後に上野公園博物館横の空き地で試合を行ったことが記されており、子規はこのとき捕手であったことがわかる。子規の雅号のひとつに、幼名の升(のぼる)にちなみ「野球(のぼーる)」という号がある。子規は野球を俳句や短歌、また随筆、小説に描いてその ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 徳川家康 歴史

写真:上野公園には上野東照宮があります。そして五重塔もあります。@東京都台東区

2024/2/22

上野公園に東照宮があります。 また五重塔の向こうの上野動物園の中には藤堂高虎の墓があります。 上野動物園は明治15年(1882)に寛永寺の元敷地内にできた施設ですが、藤堂高虎は天海と共に元和2年(1616)に家康の枕元で聞いた遺言を実現するために寛永寺創建の場所として自分の屋敷を提供しました。 上野動物園ができる266年前の出来事です。 そして、寛永7年(1630)高虎が74才で亡くなったときに寛永寺の天海(寛永20年(1643)没)が高虎の墓所とするのは当然のことと言えます。 上野の五重塔は、現在は上野 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:世界文化遺産の清水寺、その舞台からは雨の愛宕山が見えます。左の天王山でも降っているようだからやがて雨がやってくるはず。@京都市

2024/2/21

清水寺舞台 茶碗坂最後の上り坂と階段 世界文化遺産の清水寺、その舞台からは雨の愛宕山が見えます。 天王山も降っているようだ。 すぐにここにも雨がやってくるはず。 急いで東山通りまで下りておかないと雨に降られると困る。 傘は持ってないのだ。 清水寺のお土産にビニール傘はあまり買いたくないのです。 大谷本廟総門で雨宿り 先にお話ししておくと、雨の降り出した清水寺から東山通りまで下りてきても予想通りタクシーは拾えませんでした。 仕方なく雨に濡れた頭と上着を拭きつつ、東山五条にある大谷本廟の総門下で30分ほど雨宿 ...

ReadMore

写真 風景

写真:外国人でごった返す土曜の夜の道頓堀と戎橋の様子がこれです。@大阪市

2024/2/22

えびすばし橋伝統のグリコ電飾看板 えびす橋南詰 えびす橋北詰 道頓堀橋(御堂筋)から見たえびす橋の船着場 えびす橋南詰戎橋筋 インバウンドの外国人でごった返す土曜日の夜の道頓堀と戎橋(えびすばし)の様子がこれです。 飲食店の前には入店街の列に並ぶアジア系の外国人でいっぱいです。 歩きながら、あちらこちらから聞こえてくる会話は、英語ではなくアジアの国々の言葉です。 お店の方が話す日本語の会話が耳に届くと、ホッとします。 私には肩身の狭い思いをする街になっています。 道頓堀商店街 千日前には私の知っているディ ...

ReadMore

写真 風景

写真:紀勢自動車道の勢和多気インターすぐ、”VISON”と猿田彦珈琲。

2024/2/20

名古屋から東名阪自動車道、伊勢自動車道から紀勢自動車道に入ってすぐの勢和多気ICすぐにあるVISON(ヴィソン)と猿田彦珈琲。 三重県の伊勢神宮近くにある”VISON(ヴィソン)”に行って写真を撮ってきた。 三重県のほぼ真ん中にある多氣町。 「氣」は命を意味することから、 「多くの氣を育む場所」とも言われていました。 そんな豊かな背景を持つ土地で。 VISONでは[癒・食・知]を軸とした、 みずみずしくしあわせな体験が待っています。 ViISON(ヴィソン)のHPにそのように説明されています。 一方で、V ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:東京の上野恩賜公園は幕末の上野戦争で寛永寺の伽藍の多くが失われるまでは、そのほとんどが寛永寺の敷地でした。

2024/2/16

東京の上野恩賜公園は幕末の上野戦争で寛永寺の伽藍の多くが失われるまでは、そのほとんどが寛永寺の敷地でした。 東京都の公園を管轄する東京都建設局は、上野恩賜公園について短く簡単に、そしてわかりやすく説明しています。 明治6年の太政官布達によって、芝、浅草、深川、飛鳥山と共に、日本で初めて公園に指定されました。 ここは、江戸時代、東叡山寛永寺の境内地で、明治維新後官有地となり、大正13年に宮内省を経て東京市に下賜され「恩賜」の名称が付いています。 寛永寺跡を公園と決定された経緯は公園の説明板が教えてくれます。 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣

写真:岩津天満宮の梅園はもうすぐ見頃です。2/12@岡崎市

2024/2/13

岩津天満宮の梅はもう見頃です。 三河、尾張の受験生の願いを一身に受ける立場にある岩津天神です。 受験シーズンなので参拝者であふれています。 境内の駐車場にはキッチンカーが出店しているほどです。 梅園の梅は五分咲きですが、見事です。 開花の遅いしだれ梅はまだつぼみでした。 https://www.iwazutenjin.jp/access PR 不動産の売却をご検討なら【三井のリハウス】

ReadMore

写真 寺社仏閣

写真:旧正月の初詣も猿投神社です。@豊田市

2024/2/11

2024年は2月10日が旧正月です。 少し前にも来たのですが、再び旧正月の初詣にやってきました。 晴れて日が照っていますが、境内は冷えています。 入れ替わり立ち替わりクルマで参拝者がいらっしゃいます。 PR 貼るタイプのヒアルロン酸『ヒアロエイド』 御祭神は日本武尊(やまとたけるのみこと)の双子のお兄さんで左利きの大碓命(おおうすのみこと)です。 御祭神は日本武尊(やまとたけるのみこと)の双子のお兄さんで左利きの大碓命(おおうすのみこと)です。 日本武尊は小碓命(おうすのみこと)ともいいます。 日本武尊は ...

ReadMore

写真 風景 飛翔

写真:名古屋駅前のモニュメント飛翔跡地の工事の様子2024/02/06

2024/2/9

2024/02/06の名古屋駅前のモニュメント飛翔跡地の工事の様子です。 モニュメントの飛翔を撤去後の2023年8月に見たときの様子とあまり変化がありません。 飛翔の跡地は名古屋駅のタクシー乗り場をなくして高島屋のある桜通口から出っ張る形で地続きにする計画です。 この飛翔の跡地の下の部分は地下街の通路になっています。 通ってみると分かるのですが、それほど天井の厚みはありません。 そう考えると、この部分に穴を開けるなどできないので、このまま芝生を貼って養生してしまってもいいのではと思います。 左側に見える階 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 徳川家康 歴史

写真:浜松出身の徳川四天王のひとり井伊直政と龍潭寺のこと@浜松市

井伊直政赤備@どうする家康浜松大河ドラマ館

井伊直政(1561-1602)の生まれ故郷井伊谷(いいのや)は浜名湖の北、浜松市引佐町井伊谷にあります。

井伊家は南北朝の時代に後醍醐天皇の第四皇子である宗良(むねなが)親王が征東将軍として井伊谷を本拠地として五十年以上の間、吉野朝のために活躍されました。

その宗良親王を支えたのが井伊家です。

東征将軍であった宗良親王は73歳まで各地で活躍されてこの井伊谷にお戻りになりこの地で薨去なさいました。

そのような歴史を持つ井伊家の当主直政は井伊家の24代目です。

一方、主君の徳川家康は松平家9代目です。

井伊家は松平家(徳川家)よりも歴史があり、初代から数えて1000年以上続いている家柄です。

家康が重要な交渉ごとなどに直政を起用したといわれているのは、由緒ある家格の出であるというのがその理由のひとつだとされています。

相手が力のある武将や大名であっても、そもそも井伊の家柄は位負(くらいまけ)しないのです。

浜松市指定史跡

伝 井伊共保出生井(共保公出生の井戸)

昭和52年4月19日指定 浜松市教育委員会

寛弘7年(1010)、井伊氏初代の井伊共保(ともやす)が生まれたと伝わる井戸です。

共保は、遠江国司として志津城を居城とした藤原共資(ふじわらともすけ)の養子となり、井伊谷に移り姓を「井伊」としました。

江戸時代に建てられた卒塔婆形(そとうばがた)の石碑には、井戸の傍らに橘(たちばな)の木が生えていたことから、井伊氏は「橘」を家紋とし、「井」を旗幕としたことが記されています。

石碑の建造をはじめ、井戸の整備は彦根藩主が繰り返し行っており、井伊氏にまつわる聖地として、歴代当主が篤く崇拝していたことが分かります。

井伊家系図

初代 共保(ともやす)二代 共家(ともいえ)三代 共直(ともなお)四代 惟直(これなお)五代 道直(みちなお)六代 盛直(もりなお)七代 良直(おしなお)八代 彌直(みつなお)九代 泰直(やすなお)十代 行直(ゆきなお)十一代 景直(かげなお)十二代 道政(みちまさ)十三代 高顕(たかあき)十四代 時直(ときなお)十五代 顕直(あきなお)十六代 諄直(あつなお)十七代 成直(なりなお)十八代 忠直(ただなお)十九代 直氏(なおうじ)二十代直平(なおひら)二十一代 直宗(なおむね)二十二代 直盛(なおもり)二十三代 直親(なおちか)二十四代 直政(なおまさ二十五代 直孝(なおたか)二十六代 直澄(なおずみ)二十七代   直興(なおおき)二十八代 直道(なおみち)二十九代 直恒(なおつね)三十代 直惟(なおのぶ)三十一代 直定(なおさだ)三十二代直禔(なおよし)三十三代 直幸(なおひで)三十四代 直中(なおなか)三十五代 直亮(なおあき)三十六代 直弼(なおすけ)三十七代 直憲(なおのり)三十八代 直忠(なおただ) 三十九代 直愛(なおよし) 四十代 直豪(なおひで)

井伊家23代直親と24代直政を自分の生涯をかけて繋いだ井伊直虎(次郎法師)

二十三代直親が亡くなってしまった後、幼少の二十四代直政を後見して井伊家を守った女性の直虎(次郎法師)の存在は大きく、菩提寺の龍潭寺南渓和尚とともに井伊家再興(復活)の両輪として生涯をかけた歴史があります。

井伊氏歴代墓所

井の国を本拠としてきた井伊氏は、平安時代より室町時代まで、遠江(とおとうみ)の代表的な国人領主として西遠地方を治めてきました。

井伊介(いいのすけ)を名乗り鎌倉幕府に仕え、南朝方の皇子宗良親王(むねながしんのう)を迎え、北朝軍と戦いました。

室町時代今川軍が遠江に侵攻しますと、敢然と立ち向かいましたが敗れました。

戦国時代に入った井伊家は受難の連続でした。

今川義元に従って出陣した井伊家の当主22代直盛は桶狭間で戦死。永禄5年には養子直親が今川の手で殺害されます。

やむなく龍潭寺南渓和尚は直盛の娘、次郎法師を「女性地頭」に立て、井伊家の急場をしのぎます。

永禄11年徳川家康が遠州に侵攻、井伊領をを横領した家老を追放し井伊谷を平定します。

天正3年井伊家24代直政(なおまさ)が浜松城で家康に仕え、見事に井伊家を再興しました。

この墓所には、こうした井伊氏元祖共保(ともやす)より600年の歴史が静かに眠っています。

井伊直虎(次郎法師)と龍潭寺の南渓和尚は井伊直政を鳳来寺に隠しその成長を6年間待った。

鳳来寺本堂横には寺に関連することとして井伊直政や直虎についての説明がある。

鳳来寺と井伊直政

井伊直政(幼名:虎松)は永禄4年(1561年)に井伊直虎の元許嫁(もといいなづけ)である直親の子として生まれました。

永禄5年(1562年)に今川家の家臣により直親が殺されると、虎松は直虎と共に命を狙われる立場となってしまいました。

このため二人は城を出て龍潭寺に身を寄せたものの、龍潭寺にも危険が及んでいることを察し、虎松は「殺生禁断の地」として知られていた鳳来寺に預けられることとなりました。こうして8歳から14歳までを鳳来寺で過ごした虎松は、寺の僧侶たちにより武将として必要な教養を学びました。

その後、徳川家康に仕えた虎松は、万千代、直政と名を改め「井伊の赤備え」を率いて活躍し、徳川四天王と呼ばれるまでの大出世を遂げました。

武田家の旧臣を配下に従えた井伊の赤備え

-写真, 寺社仏閣, 徳川家康, 歴史
-, , , , , , , , , , , ,

テキストのコピーはできません。