写真 歴史 風景

写真:二むらや三河に出る秋の月 岳輅

2024/6/7

二むらや三河に出(いず)る秋の月   岳輅(がくろ) 二村山(ふたむらやま)は昔から鎌倉街道の歌枕として知られ、眺望に優れていた。 江戸時代の中頃名古屋乗西寺の住職岳輅(がくろ)が志朗とと月見に訪れた際に詠んだ句で、 寛政6年(1794)の「麻刈集」に載っている。 豊明市観光協会 名古屋市緑区と豊明市の境あたりにある鎌倉街道の名勝、二村山(ふたむらやま)に登りました。 といっても標高80mほどの山にある鎌倉街道の峠です。 そこにあった立て札を見て岳輅と士朗がわざわざ名古屋から見に来た三河に昇る月をどうして ...

ReadMore

写真 風景

写真:小堤西池のかきつばたが見頃です。2024/05/15@刈谷市

2024/5/16

5/15小堤西池のかきつばたが見頃です。 先週よりも花に勢いが感じられます。 池の東のシャリンバイの白い花が満開になってその当たりが華やいでいます。 そこでは、かきつばたの花はシャリンバイに主役の座を譲って引き立て役に回っています。 今年は池の水量が多い 今年は池の水が多いので、水面に映り込むかきつばたの花が波に揺らいで融けていくような風情があります。 こんどの週末は今年のかきつばたの見納めになるかも知れません。 かきつばたと混生している葦が伸び始めているからです。 葦が伸びてくると背の低いかきつばたはど ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:2024年5月9日、国の天然記念物小堤西池のかきつばたが見頃をむかえています。@刈谷市

2024/5/16

2024年5月9日、国の天然記念物、刈谷市にある小堤西池のかきつばたが見頃です。 4月27日に知立神社でかきつばたが咲いているのを見て、その足で小堤西池のかきつばたの様子を確かめに訪れた時はに開花にはほど遠い様子でしたが、それから10日ほどで一気に見頃になりました。 小堤西池のかきつばたは天然記念物なので自然の中にあるがままの姿です。 在原業平がこの辺りを通ったときの景色を伝えています。 ここから少し東にある三河八橋の無量寿寺に行くまでもなく、この辺り一帯は見渡す限りこの風景が広がっていたのだと思いながら ...

ReadMore

写真 風景

写真:2024年、知立神社のかきつばたが早く咲きましたが近くの小堤西池のかきつばたの開花はまだでした。@刈谷市

2024/4/27

知立神社のかきつばたが早く咲きましたが近くの小堤西池のかきつばたの開花はまだでした、 昨年は5月の初めに花が咲き始めました。 先日、知立神社のかきつばたが雨の中でツツジと一緒に美しく咲いていたので、今年は開花が早いのかと思って近くの天然記念物小堤西池に自生するかきつばたの様子を見に行きました。 結果はご覧のとおり花はまだまだでした。 とは言っても。そろそろ開花の時期を迎えます。 https://okazin86.com/chiryu

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:尾張国二宮 大縣神社は濃尾平野を開拓者した古代の人たちの守り神。@犬山市

2024/4/30

尾張国二宮 大縣神社(おおあがたじんじゃ)は濃尾平野を開拓した古代の人たちの守り神です。 犬山市にあります。 国宝の犬山城から南南東7㎞にある本宮山の麓にある神社です。 元は本宮山、(真霊山(みかみやま)ともいう)の山頂に祀られていた神様ですが、大縣神社の由緒書によると垂仁天皇27年(BC3年)に麓の現在地に遷座されたそうです。 祭神は尾張国開拓の祖神、大縣大神です。 尾張国一宮の真清田神社の祭神は天火明命(あめのほあかりのみこと)も国土開拓、産業開発の神様なので、濃尾平野の開拓と開発のために尽力された神 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:尾張国一宮 真清田神社@一宮市

2024/4/22

尾張国一宮の真清田神社(ますみだじんじゃ)は愛知県一宮市にある歴史ある神社です。 参道はアーケードのある大きな商店街になっていて、市役所も門前に立地しています。 御由緒 神社名 真清田神社(ますみだじんじゃ) 祭神 天火明命(あめのほあかりのみこと) 鎮座地 愛知県一宮市真清田1ノ1 祭礼日 四月三日(桃花祭) 当社は尾張国一宮にして、祭神天火明命は天孫瓊瓊杵尊の御兄神に坐しまし国土開発、産業守護の神として 御神徳弥高く、この尾張国はもとより中部日本今日の隆昌を招来遊ばれた貴い神様であります。 創建につい ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:知立神社にある東公園ではかきつばたとツツジが満開です。@知立市

2024/4/22

知立神社にある東公園ではかきつばたとツツジが満開です。 花菖蒲園(西公園)はまだ咲いていません。 強く降る雨のかなで、ツツジとかきつばたが薄暗い神社の森を背景にして光るように咲いています。 ツツジもかきつばたも例年に比べると咲くのが早いのですが、特にかきつばたがツツジと同じタイミングで咲いているのは、季節がこれまでとは大きく変化してきているのでしょう。 強い雨のせいで知立神社の社号標を撮り忘れました。

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:谷汲山華厳寺の仁王像と門前町の桜祭り@岐阜県揖斐川郡

2024/4/15

西国三十三番満願霊場谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)は、その山号と寺号は醍醐天皇より賜ったと伝えられています。 お寺の場所は、根尾川が山から濃尾平野に流れでる手前の西に位置しています。 その根尾川は濃尾平野にでて木曽三川(きそさんせん)のひとつ揖斐川(いびがわ)に合流します。木曽三川とは長良川、木曽川、揖斐川のことをこのように呼びます。 谷汲山華厳寺は日本最古の観音霊場「西国三十三所観音霊場」の第三十三番札所で結願・満願のお寺として知られています。 春には桜、秋には紅葉の名所として多くの参拝者を集めま ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:壬申の乱で大海人皇子に破れた大友皇子の墓と伝わる古墳があります。@岡崎市

2024/4/10

壬申の乱(じんしんのらん・672年)で大海人皇子(おおあまのおうじ)に破れた大友皇子(おおとものおうじ)の墓と伝わる古墳が岡崎市にあります。 壬申の乱は天智天皇死後の皇位を巡り、天智天皇の弟、大海人皇子と天智天皇の息子、大友皇子との戦いのことです。 近年では、鸕野讃良皇女(うののさららのこうじょ)(のちの持統天皇)が夫である大海人皇子(後の天智堪能)の皇位継承のために、近江を去り吉野でいの準備を行い、兄である天智天皇が亡くなった後に、兄の息子の大友皇子を討つことを説得したのではという説も有力になっているよ ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市

2024/4/10

満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市 1500年前に迫害を避けてこの地(岐阜県本巣市根尾)に潜んでいた男大迹王(おほどのおおきみ)が継体天皇として即位するためにこの地を去るにあたり形見として植えられた桜です。 「身の代と残す桜は薄住よ 千代に其の名を栄盛(さか)へ止(とど)むる」。 歌まで添えられています。 継体天皇(男大迹王)は福井で育てられ、迫害を避けてこの地に隠れていました。 そういった歴史上の出来事を知る、やんごとなき桜の木です。 【PR】初心者も安心のサポート充実【DMM FX】 国指定天然記念物 根尾 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 徳川家康 歴史

写真:浜松出身の徳川四天王のひとり井伊直政と龍潭寺のこと@浜松市

井伊直政赤備@どうする家康浜松大河ドラマ館

井伊直政(1561-1602)の生まれ故郷井伊谷(いいのや)は浜名湖の北、浜松市引佐町井伊谷にあります。

井伊家は南北朝の時代に後醍醐天皇の第四皇子である宗良(むねなが)親王が征東将軍として井伊谷を本拠地として五十年以上の間、吉野朝のために活躍されました。

その宗良親王を支えたのが井伊家です。

東征将軍であった宗良親王は73歳まで各地で活躍されてこの井伊谷にお戻りになりこの地で薨去なさいました。

そのような歴史を持つ井伊家の当主直政は井伊家の24代目です。

一方、主君の徳川家康は松平家9代目です。

井伊家は松平家(徳川家)よりも歴史があり、初代から数えて1000年以上続いている家柄です。

家康が重要な交渉ごとなどに直政を起用したといわれているのは、由緒ある家格の出であるというのがその理由のひとつだとされています。

相手が力のある武将や大名であっても、そもそも井伊の家柄は位負(くらいまけ)しないのです。

浜松市指定史跡

伝 井伊共保出生井(共保公出生の井戸)

昭和52年4月19日指定 浜松市教育委員会

寛弘7年(1010)、井伊氏初代の井伊共保(ともやす)が生まれたと伝わる井戸です。

共保は、遠江国司として志津城を居城とした藤原共資(ふじわらともすけ)の養子となり、井伊谷に移り姓を「井伊」としました。

江戸時代に建てられた卒塔婆形(そとうばがた)の石碑には、井戸の傍らに橘(たちばな)の木が生えていたことから、井伊氏は「橘」を家紋とし、「井」を旗幕としたことが記されています。

石碑の建造をはじめ、井戸の整備は彦根藩主が繰り返し行っており、井伊氏にまつわる聖地として、歴代当主が篤く崇拝していたことが分かります。

井伊家系図

初代 共保(ともやす)二代 共家(ともいえ)三代 共直(ともなお)四代 惟直(これなお)五代 道直(みちなお)六代 盛直(もりなお)七代 良直(おしなお)八代 彌直(みつなお)九代 泰直(やすなお)十代 行直(ゆきなお)十一代 景直(かげなお)十二代 道政(みちまさ)十三代 高顕(たかあき)十四代 時直(ときなお)十五代 顕直(あきなお)十六代 諄直(あつなお)十七代 成直(なりなお)十八代 忠直(ただなお)十九代 直氏(なおうじ)二十代直平(なおひら)二十一代 直宗(なおむね)二十二代 直盛(なおもり)二十三代 直親(なおちか)二十四代 直政(なおまさ二十五代 直孝(なおたか)二十六代 直澄(なおずみ)二十七代   直興(なおおき)二十八代 直道(なおみち)二十九代 直恒(なおつね)三十代 直惟(なおのぶ)三十一代 直定(なおさだ)三十二代直禔(なおよし)三十三代 直幸(なおひで)三十四代 直中(なおなか)三十五代 直亮(なおあき)三十六代 直弼(なおすけ)三十七代 直憲(なおのり)三十八代 直忠(なおただ) 三十九代 直愛(なおよし) 四十代 直豪(なおひで)

井伊家23代直親と24代直政を自分の生涯をかけて繋いだ井伊直虎(次郎法師)

二十三代直親が亡くなってしまった後、幼少の二十四代直政を後見して井伊家を守った女性の直虎(次郎法師)の存在は大きく、菩提寺の龍潭寺南渓和尚とともに井伊家再興(復活)の両輪として生涯をかけた歴史があります。

井伊氏歴代墓所

井の国を本拠としてきた井伊氏は、平安時代より室町時代まで、遠江(とおとうみ)の代表的な国人領主として西遠地方を治めてきました。

井伊介(いいのすけ)を名乗り鎌倉幕府に仕え、南朝方の皇子宗良親王(むねながしんのう)を迎え、北朝軍と戦いました。

室町時代今川軍が遠江に侵攻しますと、敢然と立ち向かいましたが敗れました。

戦国時代に入った井伊家は受難の連続でした。

今川義元に従って出陣した井伊家の当主22代直盛は桶狭間で戦死。永禄5年には養子直親が今川の手で殺害されます。

やむなく龍潭寺南渓和尚は直盛の娘、次郎法師を「女性地頭」に立て、井伊家の急場をしのぎます。

永禄11年徳川家康が遠州に侵攻、井伊領をを横領した家老を追放し井伊谷を平定します。

天正3年井伊家24代直政(なおまさ)が浜松城で家康に仕え、見事に井伊家を再興しました。

この墓所には、こうした井伊氏元祖共保(ともやす)より600年の歴史が静かに眠っています。

井伊直虎(次郎法師)と龍潭寺の南渓和尚は井伊直政を鳳来寺に隠しその成長を6年間待った。

鳳来寺本堂横には寺に関連することとして井伊直政や直虎についての説明がある。

鳳来寺と井伊直政

井伊直政(幼名:虎松)は永禄4年(1561年)に井伊直虎の元許嫁(もといいなづけ)である直親の子として生まれました。

永禄5年(1562年)に今川家の家臣により直親が殺されると、虎松は直虎と共に命を狙われる立場となってしまいました。

このため二人は城を出て龍潭寺に身を寄せたものの、龍潭寺にも危険が及んでいることを察し、虎松は「殺生禁断の地」として知られていた鳳来寺に預けられることとなりました。こうして8歳から14歳までを鳳来寺で過ごした虎松は、寺の僧侶たちにより武将として必要な教養を学びました。

その後、徳川家康に仕えた虎松は、万千代、直政と名を改め「井伊の赤備え」を率いて活躍し、徳川四天王と呼ばれるまでの大出世を遂げました。

武田家の旧臣を配下に従えた井伊の赤備え

-写真, 寺社仏閣, 徳川家康, 歴史
-, , , , , , , , , , , ,

テキストのコピーはできません。