写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:飛行神社は航空安全を祈願し、古代の飛行神 饒速日命(にぎはやひのみこと)と航空殉難者諸神を祀る神社です。@八幡市

飛行神社は航空安全を祈願し古代の飛行神饒速日命(にぎはやひのみこと)と航空殉難者諸神を祀る神社です。

日本で初めて動力飛行機を発明した二宮忠八(1866-1936)(愛媛県八幡浜市出身)によって1915年に創建されました。

飛ぶことへ興味を持った忠八は、20代の頃、カラスが滑空する姿に着想を得て固定翼の「カラス型飛行器」を製作し、1891年に飛行を成功させました。また、人が乗れる複葉機モデルの「玉虫型飛行器」を設計しました。

1903年にライト兄弟が有人飛行を成功させたことを聞き、飛行器の製作を断念

その後、京都八幡の地で試作機の製作を始めましたが、完成前の1903年にライト兄弟が有人飛行を成功させたことを聞き、製作を断念しました。

本殿中央には、空の神様である饒速日命(にぎはやひのみこと)を祀り、向かって左側は日本薬学会の偉人らを祀る薬光神社、向かって右側は航空事故で亡くなられた航空殉難者と航空業界の先覚者を祀る祖霊社で、世界は同じ空の下でつながっているという忠八の信念で、国籍に関係なく全ての犠牲者を祀っています。

境内に飛行機と関係のないように思える薬光神社があるのは、二宮忠八が飛行器の開発を断念した後に製薬の仕事に打ち込み、1909年(明治42年)に二宮合資会社、大阪製薬株式会社を設立し局方塩の製造を開始したという経緯によるものだと想像しています。

彼は10代の頃は叔父の薬種商で、20代は看護兵として働いていたことから、医薬品分野での仕事の経験と知識がその根底にあったのだと考えられます。

併設の資料館には、忠八が残した玉虫型飛行器(模型)をはじめ、発明に関する品々などが展示されています。

飛行機の形をしたかわいらしい絵馬が目にとまります。

航空業界各社の方々の願いが機体に書かれています。

皆様の安全への祈りが込められています。

https://www.city.yawata.kyoto.jp/yawata-story/introduction/introduction022.html

航空安全祈願

飛行神社 縁起略記

鎮座 大正4年(1915)3月10日

主祭神 饒速日命(にぎはやひのみこと)天津神古代の飛行神 (中央社殿)

祭神 航空殉難者諸神(向かって右側社殿)

祭神 薬祖神(向かって左側社殿)

別社 常磐稲荷神社

当神社は明治24年(1891)4月29日に世界の誇るゴム動力プロペラ式飛行器の飛翔実験に成功した二宮忠八が、後進のの航空殉難者の尊霊を慰めるべく崇め祀った神社である。

晩年自ら神職に就き昭和2年(1927)忠八の二男顕次郎が、再興にあたり「空は一つなり」の信条の元に、あまねく全世界の航空先覚者並びに遭難者の霊を迎え祀り、今日に至っている。現在の本殿拝殿及び資料館、集会所は、忠八の飛行原理発見百周年記念に際し、平成元年(1989)に全面改築したものである。

平成12年9月

京都八幡市土井44

宗教法人 飛行神社

2024年1月2日羽田空港で発生した航空機事故の犠牲者のご冥福をお祈り申し上げます。

合掌

広告 不動産の売却をご検討なら【三井のリハウス】

-写真, 寺社仏閣, 歴史, 風景
-, , , , , ,

テキストのコピーはできません。