写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:谷汲山華厳寺の仁王像と門前町の桜祭り@岐阜県揖斐川郡

2024/4/15

西国三十三番満願霊場谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)は、その山号と寺号は醍醐天皇より賜ったと伝えられています。 お寺の場所は、根尾川が山から濃尾平野に流れでる手前の西に位置しています。 その根尾川は濃尾平野にでて木曽三川(きそさんせん)のひとつ揖斐川(いびがわ)に合流します。木曽三川とは長良川、木曽川、揖斐川のことをこのように呼びます。 谷汲山華厳寺は日本最古の観音霊場「西国三十三所観音霊場」の第三十三番札所で結願・満願のお寺として知られています。 春には桜、秋には紅葉の名所として多くの参拝者を集めま ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:壬申の乱で大海人皇子に破れた大友皇子の墓と伝わる古墳があります。@岡崎市

2024/4/10

壬申の乱(じんしんのらん・672年)で大海人皇子(おおあまのおうじ)に破れた大友皇子(おおとものおうじ)の墓と伝わる古墳が岡崎市にあります。 壬申の乱は天智天皇死後の皇位を巡り、天智天皇の弟、大海人皇子と天智天皇の息子、大友皇子との戦いのことです。 近年では、鸕野讃良皇女(うののさららのこうじょ)(のちの持統天皇)が夫である大海人皇子(後の天智堪能)の皇位継承のために、近江を去り吉野でいの準備を行い、兄である天智天皇が亡くなった後に、兄の息子の大友皇子を討つことを説得したのではという説も有力になっているよ ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市

2024/4/10

満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市 1500年前に迫害を避けてこの地(岐阜県本巣市根尾)に潜んでいた男大迹王(おほどのおおきみ)が継体天皇として即位するためにこの地を去るにあたり形見として植えられた桜です。 「身の代と残す桜は薄住よ 千代に其の名を栄盛(さか)へ止(とど)むる」。 歌まで添えられています。 継体天皇(男大迹王)は福井で育てられ、迫害を避けてこの地に隠れていました。 そういった歴史上の出来事を知る、やんごとなき桜の木です。 【PR】初心者も安心のサポート充実【DMM FX】 国指定天然記念物 根尾 ...

ReadMore

news 写真 風景

写真:東山植物園桜の廻廊満開@名古屋市

2024/4/10

東山植物園の桜の廻廊の桜が満開です。

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:持統天皇のお手植えと伝わる奥山田のしだれ桜が放つオーラに負けそうです。@岡崎市

2024/4/14

持統天皇のお手植えと伝わる奥山田のしだれ桜が放つオーラに負けそうです。 奥山田のしだれ桜は、豊田市と岡崎市の境近くにあるしだれ桜の名木です。 1300年前に持統天皇(645-703)が上皇となられ、村積山(むらづみやま)に行幸されたときにお手植えになったと伝わる美しいしだれ桜の巨木です。 西暦702年のことです。 【PR】DMM.com証券のFX取引サービス【DMM FX】 その村積山の頂きには村積神社があります。 物部真福(もののべのまさち)が聖徳太子に願いこの地に真福寺を建立(推古天皇2年(594年) ...

ReadMore

写真 風景

写真:雨続きだったので貴重な青空。彼岸桜が一気に満開。まさに花開く!。

2024/3/29

雨続きだったから貴重な青空、彼岸桜が一気に満開。うれしそうです。まさに花開く!。 なんとまあ、誇らしげな咲きっぷりでしょう! https://okazin86.com/amenohigansakura/ 【PR】【DMM FX】について詳しくはこちら  

ReadMore

写真 風景

写真:寒の戻り!冷たい雨に耐えてふるえる彼岸桜

2024/3/26

寒の戻り!冷たい雨に耐えてふるえる彼岸桜。 2024年ことしの春は去年と違っていつまでも寒い。 花の季節がやってきたと思ったのに、カチンと寒い。 雨の日と曇りの日が続いて青空が見える日が少ない。 写真がなかなかうまく撮れません。 初めから気持ちが天候に負けているのが原因です。 雨の日には雨の写真があるとか言いますが、それはその通りです。 心からそう思います。 とはいうものの、心の奥では雨と寒さにくじけているので調子が出ません。 ビニール傘を差してはいますが、カメラもレンズも雨粒だらけです。 「モチーフとカ ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:石上神宮(いそのかみじんぐう)は伊勢神宮などと並ぶ日本最古の神社のひとつです。@天理市

2024/3/17

『日本書紀』には「石上振神宮」との記載も見えますが、そもそも『日本書紀』に「神宮」と記されているのは出雲と石上と伊勢だけなのです。 と石上神宮の森正光 宮司が説明されています。 石上神宮(いそのかみじんぐう)の神様は 布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ) 布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ) 布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ) です。 続いて、次のように説明されています。 古事記の神武東征のところに、熊野で難に遭われた天皇を救うために建御雷神(たけみかづちのかみ)が剣を降された話があります。 そこ ...

ReadMore

news

愛知県警は、2024.3.19(火)以降運転免許更新の手続きをスムーズにするため、インターネットと電話による予約制への移行を発表しました。

2024/3/6

愛知県警は、運転免許更新の手続きをスムーズにするため、インターネットと電話による予約制への移行を発表しました。 3月19日以降に更新を迎える優良、一般、違反の各運転者と初回更新者が対象。 3月15日から専用サイトか専用ダイヤル=052(680)9777、平日午前9時~午後5時=で予約を受け付けます。 予約制度の対象となる人 令和6年3月19日(火曜日)以降に免許更新をされる方で、運転免許の講習区分が 「優良」「一般」「違反」「初回」の方が対象となります。 ※但し、西署・港署・幹部交番(高蔵寺、尾西、大府、 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 徳川家康 歴史

写真:現在の上野寛永寺の根本中堂は江戸の歴史に残したその威容をつつましくしても、屋根に葵の紋が眩しく輝いています。@台東区

2024/2/29

現在の上野寛永寺の根本中堂は江戸の歴史に残したその威容をつつましくしても、屋根に葵の紋が眩しく輝いています 寛永寺は天台宗の別格大本山です。 寛永2(1625)年に、徳川幕府の安泰と万民の平安を祈願するため、江戸城の鬼門(東北)にあたる上野の台地に、慈眼大師(じげんだいし)天海(てんかい)大僧正によって建立されました。 上野には津藩の藩主藤堂高虎の屋敷がありました。 高虎はその屋敷を提供し天海と共に家康の遺言通り、家康と天海そして高虎の3人が心静かに過ごすことのできる寺を上野に建てました。 高虎が家康が亡 ...

ReadMore

写真 風景

写真:下呂温泉、雪の風景

地元の人は下呂温泉の雪は珍しいといいます。降っても道路が凍結することはないと聞きました。飛騨川の両岸まで迫っている山の斜面の温泉旅館までの道は「それほど急な坂ではない」。という気休めは、よそ者には通じるわけがない。誰が見ても急坂でしょう。駅から来た旅館の送迎バスはタイヤチェーンをジャラジャラと鳴らしながら慎重に登って行きました。

雪景色の下呂温泉有名旅館

下呂温泉には地熱があるそうです。

ただ、道路が凍結することはないというのは本当のようで、旅館までの登り坂は所々が乾いていてスタッドレスタイヤを履いていたので何の問題もなく登れました。

ここは温泉が湧いて出ているので地熱があり、雪が積もってもすぐに溶けるし凍ることはないと聞きましたが、それを教えてくれた方の車は4WDだそうです。いずれにしても冬場のスタッドレスタイヤは安全のためにも必要です。

雪の下呂温泉を撮影できてラッキーです。

昭和の慰安旅行先といった客層ではなく、若い人たちが多い。建物に昭和感が残っていて新しく現代的な建築に建て替えると、これから先々若い層の観光客を引きつけることができるように思います。

林羅山は江戸時代の儒学者、下呂、有馬、草津を三名泉としたことで下呂が発展したので恩人。いきなりのチャップリン像には困惑しますがその理由はこちらです。https://www.kankou-gifu.jp/blog/153/  そして最後の万里集九は室町時代の禅僧、下呂、有馬、草津を林羅山以前に三名泉としたことで下呂が発展したので恩人。

湯元には温泉の自動販売機がある。

下呂の街は山間を流れる飛騨川の両岸に橋を渡しエの字形に開発された温泉街です

雪景色の下呂温泉パノラマ

飛騨川の川幅は広く、下呂大橋あたりでは160mを超えています。下呂から車で1時間ほど北に走ると飛騨高山の街に入りますが、高山の街を流れる宮川の川幅は朱色の欄干で有名な中橋あたりで30mほどです。少し乱暴な比較になりますが、飛騨川は水量の大きな川だということがわかります。

宮川と飛騨川は、高山市の南、JR飛騨一宮駅付近で4㎞ほどの距離を隔てて流れがすれ違っています。

それぞれの川の最接近点が4㎞ほどしかないにもかかわらず、宮川は北に日本海へと流れ飛騨川は南に伊勢湾へとそれぞれ川の流れる方角が異なっています。
宮川は北に向かい神通川に流れ込んでやがて富山湾に至ります。飛騨川は南に流れて途中木曽川と合流してそのまま伊勢湾に向かいます。

そこで疑問に思うのが宮川と比べて、飛騨川の川幅が広い理由です。

地図を俯瞰してみると、飛騨川は北の乗鞍岳と南の御嶽山の谷間を源流としているので川に流れ込む水量が多いのだと考えられます。そしてそこから下呂温泉までの流域は御嶽山の西半分をぐるっと回るように流れて山の水を集めています。

乗鞍岳と御嶽山の2つの山はとても大きくて海抜が3000mを超える山です。裾野も広く山に蓄えられている水量が宮川とは比べものにならないことがわかります。

ちなみに宮川の源流は、高山と郡上八幡の境目になる、せせらぎ街道の標高標識1113mと示されているあたりで、周辺は山また山ですが、それでも乗鞍岳や御嶽山ほどの高い山はなく、そこを水源としている宮川と飛騨川の水量に大きな差があっても不思議ではないだろうと考えられます。

もしかしたら2つの川がすれ違う近くに分水嶺があるのではないだろうか?

話は元に戻りますが、たった4㎞しか離れていない川の流る方向が、それぞれに日本海側と太平洋側と全く違う理由は高山の南あたりに日本海側と太平洋側の分水嶺があるように思います。

そう思って調べていたら、まさしくその通りで「分水嶺公園」という公園が両方の川が最接近している高山市のJR飛騨一宮駅の南に見つかりました。https://www.city.takayama.lg.jp/shisetsu/1004141/1004358/1004368.html     道の駅「モンデウス飛騨位山」・「モンデウス飛騨位山スノーパーク」という場所にみつかりました。

頭のもやもやがスッととれました。

最後は写真ではなくてブラタモリのような地学の話になってしまいました。


使ったカメラ Nikon:D5600 レンズ Nikkor:DX 18-140mm f3.5-5.6

-写真, 風景
-, , , ,

テキストのコピーはできません。