写真 寺社仏閣 歴史

写真:熱田神宮の伝説の梅「ならずの梅(不実梅)」の花が咲いた!@名古屋市

2024/2/27

熱田神宮の伝説の梅「ならずの梅」の花が咲いた! 大きな梅の木です。 真っ白にいっぱい咲かせている花の中に、隠すようにして咲かせている桃色の花を見つけました。 源平桃に似て、花びらに赤白の色がまだらにある花もあります。 この梅の花は八重です。 花をよく見てくれる人にしか分からないような印象的な咲き方で、見る人を楽しませてくれます。 500年もの長い間、こうしてひとの心を惹きつけてきたのです。 ならずの梅 この梅は享禄の古図(1529年頃)にも描かれている奇木で 毎年二月上旬頃から薄桃色の清らかな八重の花が咲 ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:正岡子規記念球場@東京都台東区

2024/2/24

「春風や まりを投げたき 草ノ原」  子規 正岡子規記念球場 正岡子規(1867~1902)は俳人、歌人、随筆家であり、現在の愛媛県松山市に生まれた。名は常規(つねのり)。子規は、明治時代のはじめに日本に紹介されて間もない野球(ベースボール)を愛好し、明治23年3月21日午後に上野公園博物館横の空き地で試合を行ったことが記されており、子規はこのとき捕手であったことがわかる。子規の雅号のひとつに、幼名の升(のぼる)にちなみ「野球(のぼーる)」という号がある。子規は野球を俳句や短歌、また随筆、小説に描いてその ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 徳川家康 歴史

写真:上野公園には上野東照宮があります。そして五重塔もあります。@東京都台東区

2024/2/22

上野公園に東照宮があります。 また五重塔の向こうの上野動物園の中には藤堂高虎の墓があります。 上野動物園は明治15年(1882)に寛永寺の元敷地内にできた施設ですが、藤堂高虎は天海と共に元和2年(1616)に家康の枕元で聞いた遺言を実現するために寛永寺創建の場所として自分の屋敷を提供しました。 上野動物園ができる266年前の出来事です。 そして、寛永7年(1630)高虎が74才で亡くなったときに寛永寺の天海(寛永20年(1643)没)が高虎の墓所とするのは当然のことと言えます。 上野の五重塔は、現在は上野 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:世界文化遺産の清水寺、その舞台からは雨の愛宕山が見えます。左の天王山でも降っているようだからやがて雨がやってくるはず。@京都市

2024/2/21

清水寺舞台 茶碗坂最後の上り坂と階段 世界文化遺産の清水寺、その舞台からは雨の愛宕山が見えます。 天王山も降っているようだ。 すぐにここにも雨がやってくるはず。 急いで東山通りまで下りておかないと雨に降られると困る。 傘は持ってないのだ。 清水寺のお土産にビニール傘はあまり買いたくないのです。 大谷本廟総門で雨宿り 先にお話ししておくと、雨の降り出した清水寺から東山通りまで下りてきても予想通りタクシーは拾えませんでした。 仕方なく雨に濡れた頭と上着を拭きつつ、東山五条にある大谷本廟の総門下で30分ほど雨宿 ...

ReadMore

写真 風景

写真:外国人でごった返す土曜の夜の道頓堀と戎橋の様子がこれです。@大阪市

2024/2/22

えびすばし橋伝統のグリコ電飾看板 えびす橋南詰 えびす橋北詰 道頓堀橋(御堂筋)から見たえびす橋の船着場 えびす橋南詰戎橋筋 インバウンドの外国人でごった返す土曜日の夜の道頓堀と戎橋(えびすばし)の様子がこれです。 飲食店の前には入店街の列に並ぶアジア系の外国人でいっぱいです。 歩きながら、あちらこちらから聞こえてくる会話は、英語ではなくアジアの国々の言葉です。 お店の方が話す日本語の会話が耳に届くと、ホッとします。 私には肩身の狭い思いをする街になっています。 道頓堀商店街 千日前には私の知っているディ ...

ReadMore

写真 風景

写真:紀勢自動車道の勢和多気インターすぐ、”VISON”と猿田彦珈琲。

2024/2/20

名古屋から東名阪自動車道、伊勢自動車道から紀勢自動車道に入ってすぐの勢和多気ICすぐにあるVISON(ヴィソン)と猿田彦珈琲。 三重県の伊勢神宮近くにある”VISON(ヴィソン)”に行って写真を撮ってきた。 三重県のほぼ真ん中にある多氣町。 「氣」は命を意味することから、 「多くの氣を育む場所」とも言われていました。 そんな豊かな背景を持つ土地で。 VISONでは[癒・食・知]を軸とした、 みずみずしくしあわせな体験が待っています。 ViISON(ヴィソン)のHPにそのように説明されています。 一方で、V ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:東京の上野恩賜公園は幕末の上野戦争で寛永寺の伽藍の多くが失われるまでは、そのほとんどが寛永寺の敷地でした。

2024/2/16

東京の上野恩賜公園は幕末の上野戦争で寛永寺の伽藍の多くが失われるまでは、そのほとんどが寛永寺の敷地でした。 東京都の公園を管轄する東京都建設局は、上野恩賜公園について短く簡単に、そしてわかりやすく説明しています。 明治6年の太政官布達によって、芝、浅草、深川、飛鳥山と共に、日本で初めて公園に指定されました。 ここは、江戸時代、東叡山寛永寺の境内地で、明治維新後官有地となり、大正13年に宮内省を経て東京市に下賜され「恩賜」の名称が付いています。 寛永寺跡を公園と決定された経緯は公園の説明板が教えてくれます。 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣

写真:岩津天満宮の梅園はもうすぐ見頃です。2/12@岡崎市

2024/2/13

岩津天満宮の梅はもう見頃です。 三河、尾張の受験生の願いを一身に受ける立場にある岩津天神です。 受験シーズンなので参拝者であふれています。 境内の駐車場にはキッチンカーが出店しているほどです。 梅園の梅は五分咲きですが、見事です。 開花の遅いしだれ梅はまだつぼみでした。 https://www.iwazutenjin.jp/access PR 不動産の売却をご検討なら【三井のリハウス】

ReadMore

写真 寺社仏閣

写真:旧正月の初詣も猿投神社です。@豊田市

2024/2/11

2024年は2月10日が旧正月です。 少し前にも来たのですが、再び旧正月の初詣にやってきました。 晴れて日が照っていますが、境内は冷えています。 入れ替わり立ち替わりクルマで参拝者がいらっしゃいます。 PR 貼るタイプのヒアルロン酸『ヒアロエイド』 御祭神は日本武尊(やまとたけるのみこと)の双子のお兄さんで左利きの大碓命(おおうすのみこと)です。 御祭神は日本武尊(やまとたけるのみこと)の双子のお兄さんで左利きの大碓命(おおうすのみこと)です。 日本武尊は小碓命(おうすのみこと)ともいいます。 日本武尊は ...

ReadMore

写真 風景 飛翔

写真:名古屋駅前のモニュメント飛翔跡地の工事の様子2024/02/06

2024/2/9

2024/02/06の名古屋駅前のモニュメント飛翔跡地の工事の様子です。 モニュメントの飛翔を撤去後の2023年8月に見たときの様子とあまり変化がありません。 飛翔の跡地は名古屋駅のタクシー乗り場をなくして高島屋のある桜通口から出っ張る形で地続きにする計画です。 この飛翔の跡地の下の部分は地下街の通路になっています。 通ってみると分かるのですが、それほど天井の厚みはありません。 そう考えると、この部分に穴を開けるなどできないので、このまま芝生を貼って養生してしまってもいいのではと思います。 左側に見える階 ...

ReadMore

写真 徳川家康 戦国の城 歴史

写真:徳川家康が三河から東に勢力を伸ばすために築いた出世城「浜松城」。@浜松市

徳川家康が三河から東に勢力を伸ばすために築いた出世城「浜松城」。

家康がそれまでの居城岡崎城を長男の信康に譲り、浜松城に移ってきたのは元亀元年(1570年)でした。

そして、浜松城から駿府城に移る天正112年(1584年)までの14年間をここ浜松城で過ごしています。

家康が人生で一番長い期間を過ごしたのが浜松城です。

その間、たくさんの戦(いくさ)出陣し、それをしのぎきりました。

そして、家康は家臣たちと共に浜松で経験値を積上げ、その実力を蓄えていきます。

浜松城在城時の大きな出来事

元亀元年(1570年/29歳)姉川の戦いで浅井朝倉軍を破る
元亀三年(1572年/31歳)武田信玄との三方ヶ原の合戦に大敗
天正三年(1575年/34歳)長篠の戦いで武田勝頼軍を破る
天正七年(1579年/38歳)信長の命により正室築山殿を殺害、長男信康自害。
天正九年(1581年/40歳)高天神城の攻略し遠江を平定
天正十年(1582年/41歳)本能寺の変伊賀越え 甲斐、信濃を手に入れ5カ国の大名となる
天正十二年(1584年/43歳)小牧・長久手の戦い

岡崎と浜松との距離は約60㎞なので、1日歩くと到着できる距離です。

googlemap

岡崎と浜松との距離は約60㎞なので、1日歩くと到着できる距離です。

現在と比べて当時の人たちは、そもそも脚力が驚異的なので1日(空が明るい間に)で歩き切ったでしょう。

道中では浜名湖が旅人の行く手を阻むのですが、岡崎と浜松を結ぶルートは湖の北回りの姫街道と南回りの海沿いのルートがあります。

どちらのルートも浜松から岡崎に向かって御油、藤川を経て岡崎に至るといった現在の国道1号線(東海道)を通るルートになります。

浜名湖の北回り、南回りの2つの街道は、どちらを使っても豊川稲荷あたりで合流することにになります。

当時は夜明け前に出発するのが普通だから日が暮れる前には目的地に着いていた。

昔は現在とは違い、旅するときは夜明け前に出発するのが普通でした。

目的地に向かって歩いているうちに東の空が白み始めるといったようなタイミングで歩き始めたのでしょう。

お江戸日本橋七つ立ちという歌があるくらいです。

七つとは朝の4時前後の時刻です。

そう考えると日が暮れる前には岡崎、あるいは浜松に到着できたはずです。

歩行速度を時速5㎞で歩き続けたとすると12時間の距離です。

馬を使って時速20㎞で駆けるとすれば、浜松、岡崎間は片道3時間ほどで到着できます。

浜松と岡崎の間を往来する御用の商人なども含めると、人の通行量が多かったと思われるので、道中では顔見知りとすれ違ったり、追いつき追い越されることも日常よくあったと思います。

家老として石川数正が西三河の岡崎城を、酒井忠次が東三河の吉田城(豊橋)を任されていました。

家老として石川数正が西三河の岡崎城を、酒井忠次が東三河の吉田城(豊橋)を任されていました。

そして家康はいちばん東の浜松城に在って遠江の押さえて東に睨みをきかせていたという徳川の体制です。。

この三人がそれぞれ分担して徳川の支配地域を守り、その隆盛を支えていきました。

家康が浜松に入った当時の浜松城の状態

元亀元年(1570年)、徳川家康は、岡崎城から引間城に拠点を移し、城の根本的な拡張工事を行い浜松城と

改名しました。城の中心部を現在の天守の辺りへ移し、引間城は新城の中に組み込まれました。

中でも、天正3年(1578年)頃からの築城工事は大規模なもので、浜松城は家康が新規に築いた城とも言えます。

天正14年(1596年)に駿府城へ移るまで浜松城が家康の本拠でした。

浜松城は、三方原大地(みかたがはらだいち)の端部(はしぶ)の地形を利用し、本丸や二の丸などが東西に連なっており、北側には

守りに適した湿地が広がっていたと推定されます。家康により拡張された浜松城の範囲は、江戸時代の浜松城の天守曲輪・本丸・二の丸・西端城曲輪(にしはじょうくるわ)・清水曲輪・作左曲輪・出丸などの範囲に当たるとみられます。

家康が築いた頃の浜松城は、その後に城主となった豊臣氏家臣の堀尾吉晴による改修工事でその大部分が地下に埋もれていますが、曲輪の位置や大きさには変りがなかったようです。

家康時代には、まだ石垣や天守はなく、土塁に囲まれた曲輪に、板葺きの屋根が建てられていたと想定されます。

堀尾吉晴在城期の浜松城中枢部と城下町

天正18年(1590年)、徳川家康は豊臣秀吉の命令で江戸城へ移り、家康の旧領には秀吉の家臣の大名らが配置されました。

岡崎城に田中吉政、駿府城に中村一氏、掛川城に山内一豊、そして浜松城には堀尾吉晴が入りました。

吉晴は浜松城に高い石垣を築き、瓦葺きの櫓や城門、そして天守を建築しました。

天守や門の位置から浜松城は東を正面にして整備されたとみられます。

吉晴が整備した浜松城の姿は、現在顕わとなっている石垣等や発掘調査の成果から知ることができます。

発掘調査では、天守曲輪の内部の地面は現在よりも低く、それを廻る石塁は高さ3.2mほどもあって、天守曲輪南東隅には瓦葺きの櫓が存在した可能性があります。

昭和33年(1958年)に復興された現在の天守は三重三階ですが、吉晴が築いた大きな天守台の三分の二ほどに縮小して建てられています。

吉晴が建築した天守は、現存する天守台の規模や、後に建てた松江城天守を参考に四重五階、地下一階であったと推定されます。

天守正面と背後に附櫓を設けた複合式天守と考えられます。

廃城時の浜松城中枢部と遠州浜松城絵図・城下町

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで徳川家康が率いた東軍が西軍に勝利し、浜松城をはじめ東海道の要所には徳川譜代の大名が配置されました。

浜松城は、譜代大名が治める浜松藩の拠点として、三の丸の各町や既存の建物の整理・改修が行われました。

江戸時代の浜松城の姿は、絵図などの古記録から知ることができます。

絵図には天守曲輪に天守や櫓が見えず、江戸時代の早い段階には失われたと推定されます。

天守曲輪の周囲は土塀が廻るのみで、表門の天守門と、裏門の埋門(土塀下の小門)だけがありました。

天守門は、江戸時代を通じて最も高所にある櫓門として維持されました。

また、本丸には、表門(南門)に当たる鉄門(くろがねもん)(扉に鉄板を貼った城門)とその北方の多門櫓(長屋のやぐら)(多聞?)、南東隅の菱櫓(台形平面の櫓)、本丸北側の富士見櫓などの建物がありました。

明治5年(1872年)から同6年に、浜松城に存在した建物や土地の払い下げが行われ、建造物はこの時にすべてが失われました。

現在の浜松城の姿

 

 

-写真, 徳川家康, 戦国の城, 歴史
-, , , , , , , , ,

テキストのコピーはできません。