写真 歴史 風景

写真:二むらや三河に出る秋の月 岳輅

2024/6/7

二むらや三河に出(いず)る秋の月   岳輅(がくろ) 二村山(ふたむらやま)は昔から鎌倉街道の歌枕として知られ、眺望に優れていた。 江戸時代の中頃名古屋乗西寺の住職岳輅(がくろ)が志朗とと月見に訪れた際に詠んだ句で、 寛政6年(1794)の「麻刈集」に載っている。 豊明市観光協会 名古屋市緑区と豊明市の境あたりにある鎌倉街道の名勝、二村山(ふたむらやま)に登りました。 といっても標高80mほどの山にある鎌倉街道の峠です。 そこにあった立て札を見て岳輅と士朗がわざわざ名古屋から見に来た三河に昇る月をどうして ...

ReadMore

写真 風景

写真:小堤西池のかきつばたが見頃です。2024/05/15@刈谷市

2024/5/16

5/15小堤西池のかきつばたが見頃です。 先週よりも花に勢いが感じられます。 池の東のシャリンバイの白い花が満開になってその当たりが華やいでいます。 そこでは、かきつばたの花はシャリンバイに主役の座を譲って引き立て役に回っています。 今年は池の水量が多い 今年は池の水が多いので、水面に映り込むかきつばたの花が波に揺らいで融けていくような風情があります。 こんどの週末は今年のかきつばたの見納めになるかも知れません。 かきつばたと混生している葦が伸び始めているからです。 葦が伸びてくると背の低いかきつばたはど ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:2024年5月9日、国の天然記念物小堤西池のかきつばたが見頃をむかえています。@刈谷市

2024/5/16

2024年5月9日、国の天然記念物、刈谷市にある小堤西池のかきつばたが見頃です。 4月27日に知立神社でかきつばたが咲いているのを見て、その足で小堤西池のかきつばたの様子を確かめに訪れた時はに開花にはほど遠い様子でしたが、それから10日ほどで一気に見頃になりました。 小堤西池のかきつばたは天然記念物なので自然の中にあるがままの姿です。 在原業平がこの辺りを通ったときの景色を伝えています。 ここから少し東にある三河八橋の無量寿寺に行くまでもなく、この辺り一帯は見渡す限りこの風景が広がっていたのだと思いながら ...

ReadMore

写真 風景

写真:2024年、知立神社のかきつばたが早く咲きましたが近くの小堤西池のかきつばたの開花はまだでした。@刈谷市

2024/4/27

知立神社のかきつばたが早く咲きましたが近くの小堤西池のかきつばたの開花はまだでした、 昨年は5月の初めに花が咲き始めました。 先日、知立神社のかきつばたが雨の中でツツジと一緒に美しく咲いていたので、今年は開花が早いのかと思って近くの天然記念物小堤西池に自生するかきつばたの様子を見に行きました。 結果はご覧のとおり花はまだまだでした。 とは言っても。そろそろ開花の時期を迎えます。 https://okazin86.com/chiryu

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:尾張国二宮 大縣神社は濃尾平野を開拓者した古代の人たちの守り神。@犬山市

2024/4/30

尾張国二宮 大縣神社(おおあがたじんじゃ)は濃尾平野を開拓した古代の人たちの守り神です。 犬山市にあります。 国宝の犬山城から南南東7㎞にある本宮山の麓にある神社です。 元は本宮山、(真霊山(みかみやま)ともいう)の山頂に祀られていた神様ですが、大縣神社の由緒書によると垂仁天皇27年(BC3年)に麓の現在地に遷座されたそうです。 祭神は尾張国開拓の祖神、大縣大神です。 尾張国一宮の真清田神社の祭神は天火明命(あめのほあかりのみこと)も国土開拓、産業開発の神様なので、濃尾平野の開拓と開発のために尽力された神 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:尾張国一宮 真清田神社@一宮市

2024/4/22

尾張国一宮の真清田神社(ますみだじんじゃ)は愛知県一宮市にある歴史ある神社です。 参道はアーケードのある大きな商店街になっていて、市役所も門前に立地しています。 御由緒 神社名 真清田神社(ますみだじんじゃ) 祭神 天火明命(あめのほあかりのみこと) 鎮座地 愛知県一宮市真清田1ノ1 祭礼日 四月三日(桃花祭) 当社は尾張国一宮にして、祭神天火明命は天孫瓊瓊杵尊の御兄神に坐しまし国土開発、産業守護の神として 御神徳弥高く、この尾張国はもとより中部日本今日の隆昌を招来遊ばれた貴い神様であります。 創建につい ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:知立神社にある東公園ではかきつばたとツツジが満開です。@知立市

2024/4/22

知立神社にある東公園ではかきつばたとツツジが満開です。 花菖蒲園(西公園)はまだ咲いていません。 強く降る雨のかなで、ツツジとかきつばたが薄暗い神社の森を背景にして光るように咲いています。 ツツジもかきつばたも例年に比べると咲くのが早いのですが、特にかきつばたがツツジと同じタイミングで咲いているのは、季節がこれまでとは大きく変化してきているのでしょう。 強い雨のせいで知立神社の社号標を撮り忘れました。

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:谷汲山華厳寺の仁王像と門前町の桜祭り@岐阜県揖斐川郡

2024/4/15

西国三十三番満願霊場谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)は、その山号と寺号は醍醐天皇より賜ったと伝えられています。 お寺の場所は、根尾川が山から濃尾平野に流れでる手前の西に位置しています。 その根尾川は濃尾平野にでて木曽三川(きそさんせん)のひとつ揖斐川(いびがわ)に合流します。木曽三川とは長良川、木曽川、揖斐川のことをこのように呼びます。 谷汲山華厳寺は日本最古の観音霊場「西国三十三所観音霊場」の第三十三番札所で結願・満願のお寺として知られています。 春には桜、秋には紅葉の名所として多くの参拝者を集めま ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:壬申の乱で大海人皇子に破れた大友皇子の墓と伝わる古墳があります。@岡崎市

2024/4/10

壬申の乱(じんしんのらん・672年)で大海人皇子(おおあまのおうじ)に破れた大友皇子(おおとものおうじ)の墓と伝わる古墳が岡崎市にあります。 壬申の乱は天智天皇死後の皇位を巡り、天智天皇の弟、大海人皇子と天智天皇の息子、大友皇子との戦いのことです。 近年では、鸕野讃良皇女(うののさららのこうじょ)(のちの持統天皇)が夫である大海人皇子(後の天智堪能)の皇位継承のために、近江を去り吉野でいの準備を行い、兄である天智天皇が亡くなった後に、兄の息子の大友皇子を討つことを説得したのではという説も有力になっているよ ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市

2024/4/10

満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市 1500年前に迫害を避けてこの地(岐阜県本巣市根尾)に潜んでいた男大迹王(おほどのおおきみ)が継体天皇として即位するためにこの地を去るにあたり形見として植えられた桜です。 「身の代と残す桜は薄住よ 千代に其の名を栄盛(さか)へ止(とど)むる」。 歌まで添えられています。 継体天皇(男大迹王)は福井で育てられ、迫害を避けてこの地に隠れていました。 そういった歴史上の出来事を知る、やんごとなき桜の木です。 【PR】初心者も安心のサポート充実【DMM FX】 国指定天然記念物 根尾 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 徳川家康 歴史

写真:徳川幕府初期の政(まつりごと)に大きな影響力を持った春日局。彼女の念持仏が大樹寺に安置されています。@岡崎市

徳川幕府初期の政(まつりごと)に大きな影響力のあった春日局(かすがのつぼね)。

その彼女が毎日手を合わせて拝んでいた念持仏(ねんじぶつ)が大樹寺に客仏として安置されています。

春日局は徳川家光公の乳母(うば)となり三代将軍にまで育てあげた徳川幕府初期の功労者です。

幕府の政(まつりごと)にも深く関わっていたことなどから、歴史書や物語の中によく登場するので、その名前を聞いたことがない人はいないと思います。

それに、従二位と位階が高く女性としては最高位にありました。

それは、なんと加賀藩(金沢)100万石の祖、生前の前田利家公と同じ位階の従二位です。

その春日局の*念持仏が松平家(徳川)の菩提寺大樹寺に安置されています。

この仏像は室町時代に製作された寄木造(よせぎづくり)の地蔵菩薩像です。

眼には玉眼が施されています。

*念持仏(常に自分の居間に安置し、また携帯して念仏し供養する仏像のこと)

地蔵菩薩立像(79.8cm)

地蔵菩薩とは

大地のように広大な慈悲で生あるものすべてを救うという菩薩。

釈迦(しゃか)の入滅後、弥勒(みろく)菩薩が如来(にょらい)として現れるまでの無仏の間,衆生を救済するとされる。

菩薩でありながら一般に僧形で、右手に錫杖(しゃくじょう、左手に宝珠をもつ。

日本では平安時代からひろく信仰され、とくに子供の守り仏とされる。

春日局は徳川家光公の乳母として、毎日この地蔵菩薩に手を合わせていました。

春日局は徳川家光公の乳母(うば)として、毎日この地蔵菩薩に手を合わせていたのです。

先に書いた地蔵菩薩の説明の通り、確かにこの地蔵菩薩も頭髪は短く僧形で、右手に錫杖(錫杖)、左手に宝珠を持っています。

春日局が家光公の乳母として、供の守り仏とされる地蔵菩薩に拝んでいたことを思うと、家光公の乳母である彼女の思いが強く伝わってきます。

徳川幕府初期のあらゆる出来事を局の祈りを通して見聞きし、その思いを受け止めてきた地蔵菩薩像です。

春日局(1579-1642)三代将軍家光の乳母(うば)

名は福、父は斉藤俊三、母は稲葉道明の娘、

稲葉佐渡守正成に嫁したが、1604年(慶長9)

家光が生まれると板倉勝重について乳母となる。

夫の正成は幕府に召されたが これを辞退し局を

離別した。局は家光をよく保育し秀忠の後継

としたことは有名である。大奥を統轄し大きな努力

を持ち内外に畏怖された。1639年(寛永6)

朝廷と幕府の融和のために参内したがその効は

なかった。晩年 江戸湯島に天澤寺(てんたくじ)を建てた。

その墓は東京都本郷の麟祥寺にある。

平成十年八月地蔵盆の日 大樹寺六十一世

念阿識

春日という名は朝廷参内の折に下賜された名前で本名は斎藤 福。

春日局 ウィキペディアより

父は、美濃国守護代斎藤氏の一族で明智光秀の重臣だった斎藤利三で、母は稲葉一鉄の娘である「康」と伝わっている。

朝廷から賜った春日の名は、局の出身地(生まれ故郷)で父の居城のあった兵庫県丹波市春日町に拠るものと思われます。

春日局は丹波の国「黒井城」の姫として生まれています。

本能寺の変後、光秀の重臣であった局の父斎藤利三は羽柴秀吉に討たれてしまいます。

それからは、母方の親戚である公卿の三条西家で養育されています。

ここで彼女は公卿の素養である書道・歌道・香道等を身につけます。

彼女は美濃国の守護代斎藤一族の出で、血筋がよく身分高い家柄の姫として生まれていることもそれまでに身につけていた高い教養と共に家光公の乳母として必要な条件を満たしたのだと思います。

春日局と南光坊天海の関係について想像すること

春日局の持念仏の地蔵菩薩像は見るからに美しく由緒ありげな姿です。

局の元にやってきたのはいつ頃なのでしょう。

気になりますが分かりません。

きっと幕府に家光公の乳母としてに出仕した頃にどこかの有力な人の伝(つて)によって彼女の元にやってきたのでしょう。

南光坊天海も春日局同様に地蔵菩薩を信奉していたとされ、江戸にその地蔵菩薩像が残っているようです。

もしかしたら天海から彼女に贈られたものなのでしょうか。

天海と春日局は初対面のはずなのに、昔からの知り合いのように親しく語り合っているの様子が目撃されています。

その様子を見て不思議に感じたという話をどこかで読んだことがあります。

そこで思い出すのが天海=明智光秀 説です。

突然現れて、そのときにはもう家康公の参謀としての地位にありました。

どうして家康公は天海が現れてするに信じることができたのでしょうか。

お互いを知り、人として長い関係がないことには、そううまく行くことはありません。

お互いの信頼を築くためには何年も時間がかかるのが普通です。

とても不思議です。

もし天海が光秀だったら、光秀と家康はお互いに織田信長の元で戦(いくさ)働きをしていたのだから、よく知っている仲ということになります。

また、その一方では春日局は明智光秀の領地だった丹波の国の生まれです。

光秀は織田信長に使えた時代は丹波の国の領主でした。

春日局が子供の頃に、父の斎藤利三が仕える光秀とは丹波の地で顔見知りであったと考えられます。

そう考えるのはごく普通のことでしょう。

そうであれば、春日局と天海の二人は初対面のはずなのに、人の目から見て懐かしそうに?話り合ってるようには見えないだろうと思います。

そんなことから天海は光秀であってもよいと思います。

このことは物語なのか歴史資料なのか忘れたのですが、興味ある内容なので記事に書きました。

本当にそうだったら面白いなと思うので、この説に一票!。

何に書いてあったのかを思い出したときには追記します。

-写真, 寺社仏閣, 徳川家康, 歴史
-, , , , , , , , , ,

テキストのコピーはできません。