写真 徳川家康 戦国の城 歴史 風景

写真:小説家の今東光(こんとうこう)さんは大阪城の石垣を見て男の城と書いた。

井上博道さんの写真をまねて撮った写真

小説家の今東光さん(1898-1977)はその本のなかで、大阪城の石垣を見て男の城と書いています。

それは、ご自身の小説の中ではありません。

産経新聞社が出版した「美の脇役」の中でそうお書きになっています。

その「美の脇役」は産経新聞社時代の司馬遼太郎さんと、同じく産経新聞社時代の写真家、井上博道さんによって構成されています。

そして歴史や仏像ヘの造詣が深い二人が美の脇役として吟味し撮影した写真を、選ばれた著名な案内役の方々の解説によって楽しめるという構成になっています。

写真好きの方には写真を撮るためのバイブルになるほど内容の濃い本だと思います。

今東光さんは大阪城の石垣を見て男の城と感じました。

大阪城外堀南西角付近

・・・この金城が愛すべき愚かな女と、正確な判断力にさえ乏しい若大将によって、あえなく落城したことを悲しみ、その後幾歳月を経ても、ついに城として機能しなかった廃城を見てそこに殺風景をくみ取らずにはいられないのだ。

江戸城が女ならば疑いもなく大阪城は男だ。

僕はこの対照を、城という物を考える上において面白いと思っている。

(作家・今東光)

美の脇役より引用

最初の白黒写真は「美の脇役」の中で使われている井上博道さんの写真をまねて撮ってみました。

現在の大阪城は徳川幕府時代に再建された大阪城ですが、石垣が静かにスルッと堀の水の中に滑り込んでいる姿はとても美しいと感じます。

-写真, 徳川家康, 戦国の城, , 歴史, 風景
-, , , , , , , , , , , ,

テキストのコピーはできません。