写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:谷汲山華厳寺の仁王像と門前町の桜祭り@岐阜県揖斐川郡

2024/4/15

西国三十三番満願霊場谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)は、その山号と寺号は醍醐天皇より賜ったと伝えられています。 お寺の場所は、根尾川が山から濃尾平野に流れでる手前の西に位置しています。 その根尾川は濃尾平野にでて木曽三川(きそさんせん)のひとつ揖斐川(いびがわ)に合流します。木曽三川とは長良川、木曽川、揖斐川のことをこのように呼びます。 谷汲山華厳寺は日本最古の観音霊場「西国三十三所観音霊場」の第三十三番札所で結願・満願のお寺として知られています。 春には桜、秋には紅葉の名所として多くの参拝者を集めま ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:壬申の乱で大海人皇子に破れた大友皇子の墓と伝わる古墳があります。@岡崎市

2024/4/10

壬申の乱(じんしんのらん・672年)で大海人皇子(おおあまのおうじ)に破れた大友皇子(おおとものおうじ)の墓と伝わる古墳が岡崎市にあります。 壬申の乱は天智天皇死後の皇位を巡り、天智天皇の弟、大海人皇子と天智天皇の息子、大友皇子との戦いのことです。 近年では、鸕野讃良皇女(うののさららのこうじょ)(のちの持統天皇)が夫である大海人皇子(後の天智堪能)の皇位継承のために、近江を去り吉野でいの準備を行い、兄である天智天皇が亡くなった後に、兄の息子の大友皇子を討つことを説得したのではという説も有力になっているよ ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市

2024/4/10

満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市 1500年前に迫害を避けてこの地(岐阜県本巣市根尾)に潜んでいた男大迹王(おほどのおおきみ)が継体天皇として即位するためにこの地を去るにあたり形見として植えられた桜です。 「身の代と残す桜は薄住よ 千代に其の名を栄盛(さか)へ止(とど)むる」。 歌まで添えられています。 継体天皇(男大迹王)は福井で育てられ、迫害を避けてこの地に隠れていました。 そういった歴史上の出来事を知る、やんごとなき桜の木です。 【PR】初心者も安心のサポート充実【DMM FX】 国指定天然記念物 根尾 ...

ReadMore

news 写真 風景

写真:東山植物園桜の廻廊満開@名古屋市

2024/4/10

東山植物園の桜の廻廊の桜が満開です。

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:持統天皇のお手植えと伝わる奥山田のしだれ桜が放つオーラに負けそうです。@岡崎市

2024/4/14

持統天皇のお手植えと伝わる奥山田のしだれ桜が放つオーラに負けそうです。 奥山田のしだれ桜は、豊田市と岡崎市の境近くにあるしだれ桜の名木です。 1300年前に持統天皇(645-703)が上皇となられ、村積山(むらづみやま)に行幸されたときにお手植えになったと伝わる美しいしだれ桜の巨木です。 西暦702年のことです。 【PR】DMM.com証券のFX取引サービス【DMM FX】 その村積山の頂きには村積神社があります。 物部真福(もののべのまさち)が聖徳太子に願いこの地に真福寺を建立(推古天皇2年(594年) ...

ReadMore

写真 風景

写真:雨続きだったので貴重な青空。彼岸桜が一気に満開。まさに花開く!。

2024/3/29

雨続きだったから貴重な青空、彼岸桜が一気に満開。うれしそうです。まさに花開く!。 なんとまあ、誇らしげな咲きっぷりでしょう! https://okazin86.com/amenohigansakura/ 【PR】【DMM FX】について詳しくはこちら  

ReadMore

写真 風景

写真:寒の戻り!冷たい雨に耐えてふるえる彼岸桜

2024/3/26

寒の戻り!冷たい雨に耐えてふるえる彼岸桜。 2024年ことしの春は去年と違っていつまでも寒い。 花の季節がやってきたと思ったのに、カチンと寒い。 雨の日と曇りの日が続いて青空が見える日が少ない。 写真がなかなかうまく撮れません。 初めから気持ちが天候に負けているのが原因です。 雨の日には雨の写真があるとか言いますが、それはその通りです。 心からそう思います。 とはいうものの、心の奥では雨と寒さにくじけているので調子が出ません。 ビニール傘を差してはいますが、カメラもレンズも雨粒だらけです。 「モチーフとカ ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:石上神宮(いそのかみじんぐう)は伊勢神宮などと並ぶ日本最古の神社のひとつです。@天理市

2024/3/17

『日本書紀』には「石上振神宮」との記載も見えますが、そもそも『日本書紀』に「神宮」と記されているのは出雲と石上と伊勢だけなのです。 と石上神宮の森正光 宮司が説明されています。 石上神宮(いそのかみじんぐう)の神様は 布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ) 布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ) 布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ) です。 続いて、次のように説明されています。 古事記の神武東征のところに、熊野で難に遭われた天皇を救うために建御雷神(たけみかづちのかみ)が剣を降された話があります。 そこ ...

ReadMore

news

愛知県警は、2024.3.19(火)以降運転免許更新の手続きをスムーズにするため、インターネットと電話による予約制への移行を発表しました。

2024/3/6

愛知県警は、運転免許更新の手続きをスムーズにするため、インターネットと電話による予約制への移行を発表しました。 3月19日以降に更新を迎える優良、一般、違反の各運転者と初回更新者が対象。 3月15日から専用サイトか専用ダイヤル=052(680)9777、平日午前9時~午後5時=で予約を受け付けます。 予約制度の対象となる人 令和6年3月19日(火曜日)以降に免許更新をされる方で、運転免許の講習区分が 「優良」「一般」「違反」「初回」の方が対象となります。 ※但し、西署・港署・幹部交番(高蔵寺、尾西、大府、 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 徳川家康 歴史

写真:現在の上野寛永寺の根本中堂は江戸の歴史に残したその威容をつつましくしても、屋根に葵の紋が眩しく輝いています。@台東区

2024/2/29

現在の上野寛永寺の根本中堂は江戸の歴史に残したその威容をつつましくしても、屋根に葵の紋が眩しく輝いています 寛永寺は天台宗の別格大本山です。 寛永2(1625)年に、徳川幕府の安泰と万民の平安を祈願するため、江戸城の鬼門(東北)にあたる上野の台地に、慈眼大師(じげんだいし)天海(てんかい)大僧正によって建立されました。 上野には津藩の藩主藤堂高虎の屋敷がありました。 高虎はその屋敷を提供し天海と共に家康の遺言通り、家康と天海そして高虎の3人が心静かに過ごすことのできる寺を上野に建てました。 高虎が家康が亡 ...

ReadMore

写真 徳川家康 戦国の城

写真:信玄の2万7千の兵に包囲されながらも城内の井戸の水脈を断たれるまで籠城。そのひと月をわずか400の兵で持ちこたえた野田城主菅沼定盈。信玄はここで鉄砲に撃たれ、しばらくして亡くなったと伝えられている。@新城市

信玄の2万7千の兵に包囲されながらも城内の井戸の水脈を断たれるまで籠城。

開城するまでのひと月をわずか400の兵で持ちこたえた野田城主菅沼定盈(すがぬまさだみつ)。

1573年1月から2月にかけての出来事でした。

包囲軍2万7千人、籠城軍400人という合戦の人数には驚くほどの差があります。

信玄はこの時の戦いで鉄砲に撃たれ、しばらくして亡くなったと伝えられています。

新城市設楽原歴史資料館に展示の信玄砲の説明書

日本最古

伝説の火縄銃【信玄砲】

 日本に残る最古といわれる火縄銃が 新城にある

 宗堅寺に伝わる「信玄砲」である

 濡羽色に鈍く光る銃身は

 440年のはるかな時空を超え

 戦国の猛虎「信玄」の哀傷の最後を物語る

時は元亀4年(1537)1月11日より

野田城を巡る激しい戦いが繰り広げられた

宮城谷昌光氏の著書『風は山河より』に描かれる武将

菅沼定盈 400の兵と

武田信玄 27000の兵との攻防である

 

 昼間 両軍の白熱の戦いも

 日が沈み 夜ともなると 城の周りは静けさに包まれる

 すると城内から聞こえる心に染み入る笛の音

 名人 村松芳休の 奏じる 笛である

 信玄 こよなく この音を愛し 夜な夜な傾聴する

その夜も信玄 笛の音に誘われ

野田城の堀端まで 忍び来て しばしたたずむ

これを見て 鉄炮名人 鳥居三左衛門

鉄炮を据え 狙いを定め 発砲する

信玄に当たるとの声もあり 武田に大きな衝撃あり

 

 2月9日の夜の出来事なれども

 金堀衆により 水を絶たれた野田城

 翌10日 定盈 ついに 開城を決意する

 実に30日間に及ぶ籠城である

 その後 まもなく信玄 信州駒場で病歿す

このとき使われた鉄炮は

家康から定盈に贈られたものと言われ

そのいきさつから「信玄砲」とも呼ばれ 今に伝わる

この伝説がしんじつであるならば・・・

「信玄砲」はこの世に残された日本最古の火縄銃である

新城 宗堅寺所蔵

野田城跡にやって来ても、ここでの戦いがどのようなものであったのかは、物語に頼ることでしかイメージが湧

いてきません。

当時は城の中にこんなにたくさんの木が茂っていることはありません。どうやって城を守ればよいのか見当も立ちません。

野田城跡への入口の説明書を読んでから、ぐるっと野田城跡の周りを一周して地形を確かめながら想像するほかに手立てはなさそうです。

野田の戦

元亀4年(1573)1月、上洛を狙う武田信玄は、宇利峠を越えて三河に進入してきた。

菅沼定盈の守るこの野田城を攻撃するためであった。

野田城は小城ではあるが、そなえが固くなかなか攻め込めない。

そこで信玄は、甲州の金掘人足を使って水脈を切り、城内の水をからしてしまった。

定盈は、徳川家康の援軍も来ないので、城の運命もこれまでと判断し、城を明け渡した。

新城市教育委員会

大久保彦左衛門の 三河物語に野田の戦いのことがあります。

爰(ここ)に藪の内に小城有ける。何城ぞととわせ給へば、野田之城成りと申。

信玄は聞及たる野田は是にて有りか、その儀ならば通りかけに踏みちらせと仰(おおせ)あって押寄給へば、

打立てあたりへもよせ不付(つけず)。

三河物語

三河物語の著者の大久保彦左衛門は当時はまだ戦にでていません。

後の時代に元武田方の武士から野田城抱囲戦の話を聞いたのだろうと思います。

菅沼定盈本人や家臣からもっと取材して書けば良いと思うのですが、彦左衛門は野田の城を”藪の中の小城”などと表現しています。

そんな表現の仕方を見ると、菅沼定盈のことがあまり好きではなかったのかもしれません。

ちなみに、野田の戦は1573年なので、1560年生まれの大久保彦左衛門は当時13歳です。

河物語の野田城の記述は武田方の視点から書かれています。

爰(ここ)に藪の内に小城有ける。何城ぞととわせ給へば、野田之城成りと申。

信玄は聞及たる野田は是にて有りか、その儀ならば通りかけに踏みちらせと仰(おおせ)あって押寄給へば、

打立てあたりへもよせ不付(つけず)。

三河物語

三河物語の著者の大久保彦左衛門は当時はまだ戦にでていません。

後の時代に元武田方の武士から野田城抱囲戦の話を聞いたのだろうと思います。

菅沼定盈本人や家臣からも聞けば良いと思うのですが、彦左衛門は野田の城を”藪の中の小城”などと表現しています。

そんな表現の仕方を見ると、菅沼定盈のことがあまり好きではなかったのかもしれません。

ちなみに、野田の戦は1573年なので、1560年生まれの大久保彦左衛門は当時13歳です。

河物語の野田城の記述は武田方の視点から書かれています。

爰(ここ)に藪の内に小城有ける。何城ぞととわせ給へば、野田之城成りと申。

信玄は聞及たる野田は是にて有りか、その儀ならば通りかけに踏みちらせと仰(おおせ)あって押寄給へば、

打立てあたりへもよせ不付(つけず)。

三河物語

三河物語の著者の大久保彦左衛門は当時はまだ戦にでていません。

後の時代に元武田方の武士から野田城抱囲戦の話を聞いたのだろうと思います。

菅沼定盈本人や家臣からも聞けば良いと思うのですが、彦左衛門は野田の城を”藪の中の小城”などと表現しています。

そんな表現の仕方を見ると、菅沼定盈のことがあまり好きではなかったのかもしれません。

ちなみに、野田の戦は1573年なので、1560年生まれの大久保彦左衛門は当時13歳です。

河物語の野田城の記述は武田方の視点から書かれています。

爰(ここ)に藪の内に小城有ける。何城ぞととわせ給へば、野田之城成りと申。

信玄は聞及たる野田は是にて有りか、その儀ならば通りかけに踏みちらせと仰(おおせ)あって押寄給へば、

打立てあたりへもよせ不付(つけず)。

三河物語

三河物語の著者の大久保彦左衛門は当時はまだ戦にでていません。

後の時代に元武田方の武士から野田城抱囲戦の話を聞いたのだろうと思います。

菅沼定盈本人や家臣からも聞けば良いと思うのですが、彦左衛門は野田の城を”藪の中の小城”などと表現しています。

そんな表現の仕方を見ると、菅沼定盈のことがあまり好きではなかったのかもしれません。

ちなみに、野田の戦は1573年なので、1560年生まれの大久保彦左衛門は当時13歳です。

参考にした本

-写真, 徳川家康, 戦国の城
-, , , ,

テキストのコピーはできません。