写真 風景

写真:小堤西池のかきつばたが見頃です。2024/05/15@刈谷市

2024/5/16

5/15小堤西池のかきつばたが見頃です。 先週よりも花に勢いが感じられます。 池の東のシャリンバイの白い花が満開になってその当たりが華やいでいます。 そこでは、かきつばたの花はシャリンバイに主役の座を譲って引き立て役に回っています。 今年は池の水量が多い 今年は池の水が多いので、水面に映り込むかきつばたの花が波に揺らいで融けていくような風情があります。 こんどの週末は今年のかきつばたの見納めになるかも知れません。 かきつばたと混生している葦が伸び始めているからです。 葦が伸びてくると背の低いかきつばたはど ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:2024年5月9日、国の天然記念物小堤西池のかきつばたが見頃をむかえています。@刈谷市

2024/5/16

2024年5月9日、国の天然記念物、刈谷市にある小堤西池のかきつばたが見頃です。 4月27日に知立神社でかきつばたが咲いているのを見て、その足で小堤西池のかきつばたの様子を確かめに訪れた時はに開花にはほど遠い様子でしたが、それから10日ほどで一気に見頃になりました。 小堤西池のかきつばたは天然記念物なので自然の中にあるがままの姿です。 在原業平がこの辺りを通ったときの景色を伝えています。 ここから少し東にある三河八橋の無量寿寺に行くまでもなく、この辺り一帯は見渡す限りこの風景が広がっていたのだと思いながら ...

ReadMore

写真 風景

写真:2024年、知立神社のかきつばたが早く咲きましたが近くの小堤西池のかきつばたの開花はまだでした。@刈谷市

2024/4/27

知立神社のかきつばたが早く咲きましたが近くの小堤西池のかきつばたの開花はまだでした、 昨年は5月の初めに花が咲き始めました。 先日、知立神社のかきつばたが雨の中でツツジと一緒に美しく咲いていたので、今年は開花が早いのかと思って近くの天然記念物小堤西池に自生するかきつばたの様子を見に行きました。 結果はご覧のとおり花はまだまだでした。 とは言っても。そろそろ開花の時期を迎えます。 https://okazin86.com/chiryu

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:尾張国二宮 大縣神社は濃尾平野を開拓者した古代の人たちの守り神。@犬山市

2024/4/30

尾張国二宮 大縣神社(おおあがたじんじゃ)は濃尾平野を開拓した古代の人たちの守り神です。 犬山市にあります。 国宝の犬山城から南南東7㎞にある本宮山の麓にある神社です。 元は本宮山、(真霊山(みかみやま)ともいう)の山頂に祀られていた神様ですが、大縣神社の由緒書によると垂仁天皇27年(BC3年)に麓の現在地に遷座されたそうです。 祭神は尾張国開拓の祖神、大縣大神です。 尾張国一宮の真清田神社の祭神は天火明命(あめのほあかりのみこと)も国土開拓、産業開発の神様なので、濃尾平野の開拓と開発のために尽力された神 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:尾張国一宮 真清田神社@一宮市

2024/4/22

尾張国一宮の真清田神社(ますみだじんじゃ)は愛知県一宮市にある歴史ある神社です。 参道はアーケードのある大きな商店街になっていて、市役所も門前に立地しています。 御由緒 神社名 真清田神社(ますみだじんじゃ) 祭神 天火明命(あめのほあかりのみこと) 鎮座地 愛知県一宮市真清田1ノ1 祭礼日 四月三日(桃花祭) 当社は尾張国一宮にして、祭神天火明命は天孫瓊瓊杵尊の御兄神に坐しまし国土開発、産業守護の神として 御神徳弥高く、この尾張国はもとより中部日本今日の隆昌を招来遊ばれた貴い神様であります。 創建につい ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:知立神社にある東公園ではかきつばたとツツジが満開です。@知立市

2024/4/22

知立神社にある東公園ではかきつばたとツツジが満開です。 花菖蒲園(西公園)はまだ咲いていません。 強く降る雨のかなで、ツツジとかきつばたが薄暗い神社の森を背景にして光るように咲いています。 ツツジもかきつばたも例年に比べると咲くのが早いのですが、特にかきつばたがツツジと同じタイミングで咲いているのは、季節がこれまでとは大きく変化してきているのでしょう。 強い雨のせいで知立神社の社号標を撮り忘れました。

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:谷汲山華厳寺の仁王像と門前町の桜祭り@岐阜県揖斐川郡

2024/4/15

西国三十三番満願霊場谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)は、その山号と寺号は醍醐天皇より賜ったと伝えられています。 お寺の場所は、根尾川が山から濃尾平野に流れでる手前の西に位置しています。 その根尾川は濃尾平野にでて木曽三川(きそさんせん)のひとつ揖斐川(いびがわ)に合流します。木曽三川とは長良川、木曽川、揖斐川のことをこのように呼びます。 谷汲山華厳寺は日本最古の観音霊場「西国三十三所観音霊場」の第三十三番札所で結願・満願のお寺として知られています。 春には桜、秋には紅葉の名所として多くの参拝者を集めま ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:壬申の乱で大海人皇子に破れた大友皇子の墓と伝わる古墳があります。@岡崎市

2024/4/10

壬申の乱(じんしんのらん・672年)で大海人皇子(おおあまのおうじ)に破れた大友皇子(おおとものおうじ)の墓と伝わる古墳が岡崎市にあります。 壬申の乱は天智天皇死後の皇位を巡り、天智天皇の弟、大海人皇子と天智天皇の息子、大友皇子との戦いのことです。 近年では、鸕野讃良皇女(うののさららのこうじょ)(のちの持統天皇)が夫である大海人皇子(後の天智堪能)の皇位継承のために、近江を去り吉野でいの準備を行い、兄である天智天皇が亡くなった後に、兄の息子の大友皇子を討つことを説得したのではという説も有力になっているよ ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市

2024/4/10

満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市 1500年前に迫害を避けてこの地(岐阜県本巣市根尾)に潜んでいた男大迹王(おほどのおおきみ)が継体天皇として即位するためにこの地を去るにあたり形見として植えられた桜です。 「身の代と残す桜は薄住よ 千代に其の名を栄盛(さか)へ止(とど)むる」。 歌まで添えられています。 継体天皇(男大迹王)は福井で育てられ、迫害を避けてこの地に隠れていました。 そういった歴史上の出来事を知る、やんごとなき桜の木です。 【PR】初心者も安心のサポート充実【DMM FX】 国指定天然記念物 根尾 ...

ReadMore

news 写真 風景

写真:東山植物園桜の廻廊満開@名古屋市

2024/4/10

東山植物園の桜の廻廊の桜が満開です。

ReadMore

写真 徳川家康 戦国の城 風景

写真:武田軍の三河侵入を防ぐための徳川方の拠点、長篠城の籠城戦では救援を家康に伝えるために命がけで城を脱出した鳥居強右衛門が主命を果たし城に戻る途中に武田方に捕えられて磔にされてしまいます。

武田軍の三河侵入を防ぐための徳川方の拠点、長篠城の籠城戦では岡崎にいる家康に救援を求めるために命がけで城を脱出した鳥居強右衛門(とりいすねえもん)らが見事に主命を果たします。

しかし、鳥居強右衛門が援軍が長篠に来ることを見届けて戻ってきたところを武田方に捕えられ磔(はりつけ)にされて命を落としてしまいます。

今に伝わる有名な出来です。

長篠城は、三河国設楽郡長篠(現在の愛知県新城市長篠)にあった城です。

長篠城は、三河国設楽郡長篠(現在の愛知県新城市長篠)にあった城です。

戦国時代の歴史の転換点となった長篠・設楽原の戦いは、1575年(天正3年)5月19日から5月21日にかけて、三河国長篠城(現在の愛知県新城市)をめぐって、武田勝頼軍と徳川家康・織田信長連合軍が戦いました。

武田軍の勇猛な騎馬隊と徳川・織田軍の鉄砲隊との戦いでした。

そんな設楽原での戦いのそもそもの原因は、武田軍の長篠城攻めにあります。

その長篠城をめぐり、寄せ手である15,000人の武田軍に対して、籠城して城を守る500人との間で戦いがすでに始まっていました。

そのときに鳥居強右衛門らの現代にまで語り継がれているエピソードが生まれます。

現在の長篠城は、そんな戦いがあったとは思えないほど静かで国の史跡にも指定され、その城跡が整備されています。

鳥居強右衛門と鈴木金七郎が厳重に包囲された長篠城から脱出して岡崎の家康に救援を求めて走ります。

城は豊川と宇連川の合流点に位置し、城の南側は断崖、北側は堀と堀の土を掻上げて作った土居で守られていました。

武田軍との籠城戦では、鳥居強右衛門勝商(とりいすねえもんかつあき)らが武田軍の包囲網をかいくぐって、城の断崖の下を流れる豊川に潜って脱出し家康と信長のいる岡崎城に救援を求めて走ったりました。

そして、強右衛門は長篠城内に戻って援軍が2、3日中にやってくることを直接伝えようとしたところを武田軍に捕まって命を落としてしまうという出来事がありました。

それでも援軍が来ることを城内に伝えることができたことで、長篠城内の500人は勇気づけられ援軍が来るまで武田軍の攻撃を耐え凌ぎました。

脱出したのは鳥居強右衛門勝商と鈴木金七郎重政です。

繰り返しますが、2人は城の南側の谷を流れる豊川まで崖を下りて川に入ります。

ちょうど写真の右上の強右衛門の磔(はりつけ)の説明書きの下辺りになります。

谷底を覗くと驚くような断崖です。

川の流れの中を敵が仕掛けた鳴子を除けながら水中を泳ぎ4㎞下流の連吾川(れんごがわ)が豊川に合流するあたり(数日後に完成する馬防柵南端から800mほど南)に上陸しました。

そこから1.8㎞北にある川上村の鈴木金七郎の実家にたどり着き、とりあえず2人は腹ごしらえを済ませます。

たぶん、鈴木家の守り神の裏の白山社に参り成功を祈ったにちがいありません。

鈴木金七郎の実家ですねん門と金七郎は腹ごしらえをして白山宮に願をかけた
真ん中右の青い屋根の建物辺りが金七郎の実家の屋敷があったところで、右下すみの森と道路が重なるところが白山社あったところです。現在は説明板が建てられています。

そして、子供のころによく遊んだ北側の雁峯山(がんぼうやま)で脱出成功の狼煙(のろし)を上げた後、岡崎城までの50㎞近い山中を走りに走って家康に目通りしたのです。

鳥居強右衛門と鈴木金七郎は家康と信長に長篠城籠城戦の様子を伝え、城主の奥平貞昌からの書状を手渡すという大役を果たしました。

2人は岡崎で別れ、強右衛門は長篠に引き返し、援軍来たるの合図の狼煙(のろし)を再び雁峯山から上げて長篠城に伝えたのでした。

2人は岡崎で別れ、強右衛門は長篠に引き返して援軍来たるの狼煙(のろし)を再び雁峯山から上げましたが、そこから長篠城に戻る途中で武田軍に捕まり磔(はりつけ)にされて命を落としてしまいました。

一方の鈴木金七郎はすぐには戻らず岡崎に残り、家康軍と信長軍と行動を共にし長篠まで戻ってきます。

金七郎は、長篠・設楽原の戦いのあと、作手村田代(つくでむらたしろ)で帰農してしまったことが伝わっています。

彼は、命がけで岡崎城まで行動を共にした強右衛門の死や、戦で多くの人の命が奪われるのを目の当たりにして、心に大きな傷を負ってしまったのではないでしょうか。

そう思えてなりません。

長篠・設楽原の戦いは、鉄砲が戦争の主力兵器として使用された日本で最初の戦いの舞台となりました。

長篠の戦い史跡真繰りコース案内版

長篠・設楽原の戦いは、鉄砲が戦いの主力兵器として使用された日本で最初の戦いの舞台となりました。

この戦いで、徳川家康・織田信長連合軍は武田勝頼軍を破り、そのことが武田家の衰退と徳川家の台頭につながります。

このとき、長篠城籠城軍の城主、奥平貞昌は21歳、鳥居強右衛門は36歳です、鈴木金七郎の年齢は不明ですが、妻と一男一女があったようです。

城主の奥平貞昌以下籠城軍の平均年齢は25.3歳という若さでした。

武田勝頼に命を奪われてしまった鳥居強右衛門は名を残し、その子孫は代々強右衛門を名乗っています。

13代目の鳥居強右衛門商次(とりいすねえもんあきつぐ)は忍藩10万石(埼玉県行田市)の家老として明治維新を迎えています。

-写真, 徳川家康, 戦国の城, 風景
-, , , , , , ,

テキストのコピーはできません。