写真 風景

写真:外国人でごった返す土曜の夜の道頓堀と戎橋の様子がこれです。@大阪市

インバウンドの外国人でごった返す土曜日の夜の道頓堀と戎橋(えびすばし)の様子がこれです。

飲食店の前には入店街の列に並ぶアジア系の外国人でいっぱいです。

歩きながら、あちらこちらから聞こえてくる会話は、英語ではなくアジアの国々の言葉です。

お店の方が話す日本語の会話が耳に届くと、ホッとします。

私には肩身の狭い思いをする街になっています。

千日前には私の知っているディープ感はすっかり払拭されていて、もうその時代の街の印象はほとんど残っていません。

大阪の友人は言います。

大切な想い出が散らばっていた街がなくなってしまったし、あまり行かなくなってしまった。

とはいうものの、阪神タイガースが優勝するとファンの人たちがここに集まってきて大喜びするスポットになります。

夜の道頓堀はアジアの若い人たちでいっぱいです。

大阪の若い人たちには、アジアの人たちが集まるボーダーレスの繁華街として自分たちもアジア人として違和感なくこの街を受入れているように思うのです。

道頓堀のまちは、道頓堀に掛かる西の御堂筋の道頓堀橋から、東の堺筋に掛かる日本橋(にっぽんばし)までの東西の通りが中心街です。

このエリアは、昔から演芸場や有名な飲食店が軒並み並んでいた大阪を代表する繁華街です。

その賑わいは現代になっても変わりませんでした。

それが知らぬ間にアジアを代表する繁華街になってしまったようです。

大阪に住む人が、道頓堀辺りに少なからず疎外感を感じていると聞く反面、もともと大阪が持っているアジア人が好む繁華街スタイルに街に作り変えて社会適応していると言えます。

ビジネスの基本といわれる環境への適応(進化)が進んでいるわけです。

大阪は遠い昔から形を変えながら続いてきた日本を代表するビジネス都市です。

このくらいの変化に臆しているようでは大阪人の名折れでしょう。

井原西鶴に笑われます。

大阪市HP https://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000010856.html

-写真, 風景
-, , , , , , ,

テキストのコピーはできません。