写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:谷汲山華厳寺の仁王像と門前町の桜祭り@岐阜県揖斐川郡

2024/4/15

西国三十三番満願霊場谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)は、その山号と寺号は醍醐天皇より賜ったと伝えられています。 お寺の場所は、根尾川が山から濃尾平野に流れでる手前の西に位置しています。 その根尾川は濃尾平野にでて木曽三川(きそさんせん)のひとつ揖斐川(いびがわ)に合流します。木曽三川とは長良川、木曽川、揖斐川のことをこのように呼びます。 谷汲山華厳寺は日本最古の観音霊場「西国三十三所観音霊場」の第三十三番札所で結願・満願のお寺として知られています。 春には桜、秋には紅葉の名所として多くの参拝者を集めま ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:壬申の乱で大海人皇子に破れた大友皇子の墓と伝わる古墳があります。@岡崎市

2024/4/10

壬申の乱(じんしんのらん・672年)で大海人皇子(おおあまのおうじ)に破れた大友皇子(おおとものおうじ)の墓と伝わる古墳が岡崎市にあります。 壬申の乱は天智天皇死後の皇位を巡り、天智天皇の弟、大海人皇子と天智天皇の息子、大友皇子との戦いのことです。 近年では、鸕野讃良皇女(うののさららのこうじょ)(のちの持統天皇)が夫である大海人皇子(後の天智堪能)の皇位継承のために、近江を去り吉野でいの準備を行い、兄である天智天皇が亡くなった後に、兄の息子の大友皇子を討つことを説得したのではという説も有力になっているよ ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市

2024/4/10

満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市 1500年前に迫害を避けてこの地(岐阜県本巣市根尾)に潜んでいた男大迹王(おほどのおおきみ)が継体天皇として即位するためにこの地を去るにあたり形見として植えられた桜です。 「身の代と残す桜は薄住よ 千代に其の名を栄盛(さか)へ止(とど)むる」。 歌まで添えられています。 継体天皇(男大迹王)は福井で育てられ、迫害を避けてこの地に隠れていました。 そういった歴史上の出来事を知る、やんごとなき桜の木です。 【PR】初心者も安心のサポート充実【DMM FX】 国指定天然記念物 根尾 ...

ReadMore

news 写真 風景

写真:東山植物園桜の廻廊満開@名古屋市

2024/4/10

東山植物園の桜の廻廊の桜が満開です。

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:持統天皇のお手植えと伝わる奥山田のしだれ桜が放つオーラに負けそうです。@岡崎市

2024/4/14

持統天皇のお手植えと伝わる奥山田のしだれ桜が放つオーラに負けそうです。 奥山田のしだれ桜は、豊田市と岡崎市の境近くにあるしだれ桜の名木です。 1300年前に持統天皇(645-703)が上皇となられ、村積山(むらづみやま)に行幸されたときにお手植えになったと伝わる美しいしだれ桜の巨木です。 西暦702年のことです。 【PR】DMM.com証券のFX取引サービス【DMM FX】 その村積山の頂きには村積神社があります。 物部真福(もののべのまさち)が聖徳太子に願いこの地に真福寺を建立(推古天皇2年(594年) ...

ReadMore

写真 風景

写真:雨続きだったので貴重な青空。彼岸桜が一気に満開。まさに花開く!。

2024/3/29

雨続きだったから貴重な青空、彼岸桜が一気に満開。うれしそうです。まさに花開く!。 なんとまあ、誇らしげな咲きっぷりでしょう! https://okazin86.com/amenohigansakura/ 【PR】【DMM FX】について詳しくはこちら  

ReadMore

写真 風景

写真:寒の戻り!冷たい雨に耐えてふるえる彼岸桜

2024/3/26

寒の戻り!冷たい雨に耐えてふるえる彼岸桜。 2024年ことしの春は去年と違っていつまでも寒い。 花の季節がやってきたと思ったのに、カチンと寒い。 雨の日と曇りの日が続いて青空が見える日が少ない。 写真がなかなかうまく撮れません。 初めから気持ちが天候に負けているのが原因です。 雨の日には雨の写真があるとか言いますが、それはその通りです。 心からそう思います。 とはいうものの、心の奥では雨と寒さにくじけているので調子が出ません。 ビニール傘を差してはいますが、カメラもレンズも雨粒だらけです。 「モチーフとカ ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:石上神宮(いそのかみじんぐう)は伊勢神宮などと並ぶ日本最古の神社のひとつです。@天理市

2024/3/17

『日本書紀』には「石上振神宮」との記載も見えますが、そもそも『日本書紀』に「神宮」と記されているのは出雲と石上と伊勢だけなのです。 と石上神宮の森正光 宮司が説明されています。 石上神宮(いそのかみじんぐう)の神様は 布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ) 布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ) 布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ) です。 続いて、次のように説明されています。 古事記の神武東征のところに、熊野で難に遭われた天皇を救うために建御雷神(たけみかづちのかみ)が剣を降された話があります。 そこ ...

ReadMore

news

愛知県警は、2024.3.19(火)以降運転免許更新の手続きをスムーズにするため、インターネットと電話による予約制への移行を発表しました。

2024/3/6

愛知県警は、運転免許更新の手続きをスムーズにするため、インターネットと電話による予約制への移行を発表しました。 3月19日以降に更新を迎える優良、一般、違反の各運転者と初回更新者が対象。 3月15日から専用サイトか専用ダイヤル=052(680)9777、平日午前9時~午後5時=で予約を受け付けます。 予約制度の対象となる人 令和6年3月19日(火曜日)以降に免許更新をされる方で、運転免許の講習区分が 「優良」「一般」「違反」「初回」の方が対象となります。 ※但し、西署・港署・幹部交番(高蔵寺、尾西、大府、 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 徳川家康 歴史

写真:現在の上野寛永寺の根本中堂は江戸の歴史に残したその威容をつつましくしても、屋根に葵の紋が眩しく輝いています。@台東区

2024/2/29

現在の上野寛永寺の根本中堂は江戸の歴史に残したその威容をつつましくしても、屋根に葵の紋が眩しく輝いています 寛永寺は天台宗の別格大本山です。 寛永2(1625)年に、徳川幕府の安泰と万民の平安を祈願するため、江戸城の鬼門(東北)にあたる上野の台地に、慈眼大師(じげんだいし)天海(てんかい)大僧正によって建立されました。 上野には津藩の藩主藤堂高虎の屋敷がありました。 高虎はその屋敷を提供し天海と共に家康の遺言通り、家康と天海そして高虎の3人が心静かに過ごすことのできる寺を上野に建てました。 高虎が家康が亡 ...

ReadMore

写真 歴史 風景

てんのじ村の記念碑をみつけたので、おもわず手を合わせました。@大阪市

てんのじ村の記念碑を見つけて思わず手を合わせました。

阪神高速環状線の阿倍野入口のすぐ横にあります。

地名の天王寺村が昔あったことは知っていましたが、上方の芸人が多く住んでいた街をてんのじ村と呼んでいたことは知らなかった。

揮毫は漫才作家の秋田実さんです。

漫才作家・秋田實。上方漫才の黎明期である戦前から台本を書き始め、蝶々・雄二、いとし・こいしなど数多くの漫才コンビを育て上げた。秋田實は明治38年大阪市で生まれた。演劇演芸好きの父親に連れられ幼い頃から芝居や演芸に親む。東京帝国大学文学部在学中から軽妙な時事風刺の文章を執筆。歴史上の人物と現代人との架空対談などが評判を呼び、その後の漫才作家を彷彿させる「掛け合い」の才を発揮した。昭和6年、新しい漫才を模索していた横山エンタツを紹介され、漫才作家の道を歩み始める。戦後も漫才台本や演芸番組の構成を手がける一方、漫才の研究会「MZ研進会」を発足。多くの漫才師を育てた。常に上方漫才発展のために力を尽くした半生が語られる。

貼り付け元  <https://www2.nhk.or.jp/archives/articles/?id=D0009250355_00000>

リンクの動画の中で秋田實先生がおっしゃっています。

新しい芽を出させるのは若い雰囲気若い人たち、

ええ台本書こうと思うから具合悪い。

自分が一番よく知っている生活の断片を人にわかるように書けばいい。

また、直木賞受賞作品 「てんのじ村」 著者:難波利三 が芸人が大勢住んでいたころの雰囲気をよく伝えています。

「新今宮ワンダーランド」というWEBサイトが詳しく伝えてくれています。

「新今宮ワンダーランド」というWEBサイトが詳しく伝えてくれています。

ここでこんなことを申し上げるのは、このサイトに失礼極まりないのですが

私は、このデニープなエリアのことをちゃんときちんと説明してくれているサイトは素晴らしいと思います。

大阪の言葉で言うと、ごまかしがないのでサイトの記事のケツがしまっています。

当然やないか。当たり前のこと言うな!と怒られそうですが。

きちんと網羅されていて、そのまま大阪の芸人のことが学べる教科書にしても良いくらいだと思います。

一生懸命生きたいる姿が目に浮かびます。

以前は作家の藤本義一さんのお話しや雑誌の記事などでしか垣間見ることができなかったことを詳しく伝えてくれています。

サイトの中の記事、「道を歩けば芸人がいた」芸人の聖地・てんのじ村の物語」をぜひ読んでみてください。

てんのじ村の起こり

由緒は古く、1400年ほど前の四天王寺創建時から。四天王寺周辺には伶人(れいじん)と呼ばれる人が住んでいた。伶人とは雅楽などを演奏する人たちのことであり、今でも伶人町という地名が四天王寺の西に残っている。天王寺村の西側には、道頓堀や難波新地など昔からたくさんの芸人が芸を披露する地域が広がっており、昔からたくさんの芸人が住んでいた。

伶人町から上町台地を下った地域は1903(明治36)年の第5回内国博覧会の会場となり、後の「新世界」となり、たくさんの劇場が生まれた。この新世界の南に接する天王寺村、後に山王と称されるエリアは、手ごろな長屋街で、劇場も近く、地方巡業への交通の便もよく、飲食店や風呂も遅くまで開いていて、芸人にはこの上なく便利な場所であった。

第二次大戦争が起こり、空襲で家を失い散り散りになった芸人たちを演芸斡旋事務所(今でいう芸能プロダクションのようなもの)が安く住居を提供して住まわせた。ここは大阪の中心に近いながらも被害があまりなかった。また、多くの劇場が焼けてしまった中で天王寺館という演芸小屋もあり、戦後の混乱の中で芸人たちがお金が稼げる数少ないところであった。まさに芸人のセーフティーネットとなったわけである。

上の地図のおふろや和光(和光浴場)がある山下筋 出典:新今宮ワンダーランド

ちんどん通信社のこと

ちんどん通信社の林幸治郎さんのお話を読むことができたのがよかったと思っています。

最近ではテナーバンジョーが加わってデキシーランドジャスっぽいサウンドなんですね。

林社長が立命館大学時代にデキシーランドジャス研究会を発足されたという、「通」ぶりが発揮されているようです。

ちんどん通信社HP

林社長の娘さんのインスタグラム https://www.instagram.com/ofumi023/

蛇足ですが、ちんどん屋さんは、東京の丸の内などのビジネス街に海外ブランドショップなどが新規オープンするときなどに起用して宣伝してもらうととても効果があると思うんですよね。

この一見ミスマッチ感覚、わかる人にはきっとわかるはずです。

平日の昼休みの仲通りを練り歩くと最高です。

テナーバンジョーのリズムがあるのでレトロモダンなところがみそ。

日本人はもちろん、西洋の方には受けると思いますね。

感性で勝負!。

こちらの話はいずれまた書きます。

娘さんが美しい!

-写真, 歴史, 風景
-, , , , , , , , , ,

テキストのコピーはできません。