写真 風景

写真:小堤西池のかきつばたが見頃です。2024/05/15@刈谷市

2024/5/16

5/15小堤西池のかきつばたが見頃です。 先週よりも花に勢いが感じられます。 池の東のシャリンバイの白い花が満開になってその当たりが華やいでいます。 そこでは、かきつばたの花はシャリンバイに主役の座を譲って引き立て役に回っています。 今年は池の水量が多い 今年は池の水が多いので、水面に映り込むかきつばたの花が波に揺らいで融けていくような風情があります。 こんどの週末は今年のかきつばたの見納めになるかも知れません。 かきつばたと混生している葦が伸び始めているからです。 葦が伸びてくると背の低いかきつばたはど ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:2024年5月9日、国の天然記念物小堤西池のかきつばたが見頃をむかえています。@刈谷市

2024/5/16

2024年5月9日、国の天然記念物、刈谷市にある小堤西池のかきつばたが見頃です。 4月27日に知立神社でかきつばたが咲いているのを見て、その足で小堤西池のかきつばたの様子を確かめに訪れた時はに開花にはほど遠い様子でしたが、それから10日ほどで一気に見頃になりました。 小堤西池のかきつばたは天然記念物なので自然の中にあるがままの姿です。 在原業平がこの辺りを通ったときの景色を伝えています。 ここから少し東にある三河八橋の無量寿寺に行くまでもなく、この辺り一帯は見渡す限りこの風景が広がっていたのだと思いながら ...

ReadMore

写真 風景

写真:2024年、知立神社のかきつばたが早く咲きましたが近くの小堤西池のかきつばたの開花はまだでした。@刈谷市

2024/4/27

知立神社のかきつばたが早く咲きましたが近くの小堤西池のかきつばたの開花はまだでした、 昨年は5月の初めに花が咲き始めました。 先日、知立神社のかきつばたが雨の中でツツジと一緒に美しく咲いていたので、今年は開花が早いのかと思って近くの天然記念物小堤西池に自生するかきつばたの様子を見に行きました。 結果はご覧のとおり花はまだまだでした。 とは言っても。そろそろ開花の時期を迎えます。 https://okazin86.com/chiryu

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:尾張国二宮 大縣神社は濃尾平野を開拓者した古代の人たちの守り神。@犬山市

2024/4/30

尾張国二宮 大縣神社(おおあがたじんじゃ)は濃尾平野を開拓した古代の人たちの守り神です。 犬山市にあります。 国宝の犬山城から南南東7㎞にある本宮山の麓にある神社です。 元は本宮山、(真霊山(みかみやま)ともいう)の山頂に祀られていた神様ですが、大縣神社の由緒書によると垂仁天皇27年(BC3年)に麓の現在地に遷座されたそうです。 祭神は尾張国開拓の祖神、大縣大神です。 尾張国一宮の真清田神社の祭神は天火明命(あめのほあかりのみこと)も国土開拓、産業開発の神様なので、濃尾平野の開拓と開発のために尽力された神 ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史

写真:尾張国一宮 真清田神社@一宮市

2024/4/22

尾張国一宮の真清田神社(ますみだじんじゃ)は愛知県一宮市にある歴史ある神社です。 参道はアーケードのある大きな商店街になっていて、市役所も門前に立地しています。 御由緒 神社名 真清田神社(ますみだじんじゃ) 祭神 天火明命(あめのほあかりのみこと) 鎮座地 愛知県一宮市真清田1ノ1 祭礼日 四月三日(桃花祭) 当社は尾張国一宮にして、祭神天火明命は天孫瓊瓊杵尊の御兄神に坐しまし国土開発、産業守護の神として 御神徳弥高く、この尾張国はもとより中部日本今日の隆昌を招来遊ばれた貴い神様であります。 創建につい ...

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:知立神社にある東公園ではかきつばたとツツジが満開です。@知立市

2024/4/22

知立神社にある東公園ではかきつばたとツツジが満開です。 花菖蒲園(西公園)はまだ咲いていません。 強く降る雨のかなで、ツツジとかきつばたが薄暗い神社の森を背景にして光るように咲いています。 ツツジもかきつばたも例年に比べると咲くのが早いのですが、特にかきつばたがツツジと同じタイミングで咲いているのは、季節がこれまでとは大きく変化してきているのでしょう。 強い雨のせいで知立神社の社号標を撮り忘れました。

ReadMore

写真 寺社仏閣 歴史 風景

写真:谷汲山華厳寺の仁王像と門前町の桜祭り@岐阜県揖斐川郡

2024/4/15

西国三十三番満願霊場谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)は、その山号と寺号は醍醐天皇より賜ったと伝えられています。 お寺の場所は、根尾川が山から濃尾平野に流れでる手前の西に位置しています。 その根尾川は濃尾平野にでて木曽三川(きそさんせん)のひとつ揖斐川(いびがわ)に合流します。木曽三川とは長良川、木曽川、揖斐川のことをこのように呼びます。 谷汲山華厳寺は日本最古の観音霊場「西国三十三所観音霊場」の第三十三番札所で結願・満願のお寺として知られています。 春には桜、秋には紅葉の名所として多くの参拝者を集めま ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:壬申の乱で大海人皇子に破れた大友皇子の墓と伝わる古墳があります。@岡崎市

2024/4/10

壬申の乱(じんしんのらん・672年)で大海人皇子(おおあまのおうじ)に破れた大友皇子(おおとものおうじ)の墓と伝わる古墳が岡崎市にあります。 壬申の乱は天智天皇死後の皇位を巡り、天智天皇の弟、大海人皇子と天智天皇の息子、大友皇子との戦いのことです。 近年では、鸕野讃良皇女(うののさららのこうじょ)(のちの持統天皇)が夫である大海人皇子(後の天智堪能)の皇位継承のために、近江を去り吉野でいの準備を行い、兄である天智天皇が亡くなった後に、兄の息子の大友皇子を討つことを説得したのではという説も有力になっているよ ...

ReadMore

写真 歴史 風景

写真:満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市

2024/4/10

満開の根尾谷淡墨桜。@本巣市 1500年前に迫害を避けてこの地(岐阜県本巣市根尾)に潜んでいた男大迹王(おほどのおおきみ)が継体天皇として即位するためにこの地を去るにあたり形見として植えられた桜です。 「身の代と残す桜は薄住よ 千代に其の名を栄盛(さか)へ止(とど)むる」。 歌まで添えられています。 継体天皇(男大迹王)は福井で育てられ、迫害を避けてこの地に隠れていました。 そういった歴史上の出来事を知る、やんごとなき桜の木です。 【PR】初心者も安心のサポート充実【DMM FX】 国指定天然記念物 根尾 ...

ReadMore

news 写真 風景

写真:東山植物園桜の廻廊満開@名古屋市

2024/4/10

東山植物園の桜の廻廊の桜が満開です。

ReadMore

写真 風景

写真:ラ コリーナ近江八幡の草ぶき屋根の色は季節が変わると緑から黄金色(こがねいろ)になります。メインショップへのアプローチは幸せを誘うプロムナードのようです。

黄金色したショップ棟と庭

ラ コリーナ近江八幡の草ぶき屋根の色は季節が変わると緑から黄金色になります。

メインショップへのアプローチは幸せを誘うプロムナードのようです。

軒先には草ぶき屋根に降りた夜露がつららをつくっています。

メインショップ棟のつららと滴
メインショップ棟の軒先のつららと滴

朝から冷たい風が吹いていますが、ラ コリーナ近江八幡の北側と西側にある山が風を防いでくれるのでちょうど陽だまりになります。

遮る山のない東と南からはたっぷりとした陽の光が差して寒さも穏やかです。

昨日は風が強く気温も低かったそうです。

何かの写真で草の生えた緑色の屋根の建物を見たのですが今日見たら黄金色でした。

窓のあるメインショップの草屋根
黄金色のメインショップ棟

何かの写真で草の生えた緑色の屋根の建物を見たことがあります。

そのときには、日本から遠く離れたヨーロッパのどこかにある建物なのだろうと思って深く関心はもちませんでした。

ところが、その建物が日本の、さらに個人的になじみ深い近江八幡市にある建物であることを知りました。

そしてその建物は、和菓子、洋菓子で有名なたねやクラブハリエの建物であることも知りました。

そんなことが分かってからはラ コリーナ近江八幡に行ってみたいと強く思うようになり、とうとうやってきた。

というのがこの記事の内容です。

ラコリーナ近江八幡メインショップ棟
ラコリーナ近江八幡案内図

ここでは、メインショップで販売されているバームクーヘンやお饅頭はとても気になるのですが、それは後回しにして、これまでに見たことのない不思議な屋根の建物の写真ばかり撮っていました。

さいわいにも、寒いとはいえ琵琶湖を渡ってくる強風で空気中のチリが吹き飛ばされて空気が澄みわたり、空は抜けるような青さです。

たっぷりとした明るい日差しにラ コリーナ近江八幡全体がつつまれているという、めったにない撮影日和です。

メインショップ棟中庭出入口

日なたが明るく日かげが暗いコントラストの強い写真にならないように気をつけましたが、思ったようには撮れませんでした。

しかし、空気の透明度と青い空と十分な光に救われました。

ラ コリーナ近江八幡の建物は写真で初めて見たときの緑の草ぶき屋根を想像していたのですが、黄金色でした。

カステラショップ&カフェ棟

ラ コリーナ近江八幡の建物ははじめて写真で見たときの緑の草ぶき屋根を想像していたのですが、黄金色(こがねいろ)でした。

植え込みの笹?も黄金色です。

まるで現実とはかけ離れた非日常的な世界に迷い込んだ気分です。

ショップ棟までのアプローチを歩くと、体全体が黄金色(こがねいろ)に包まれるので運気が上昇したように感じます。

そんな感じがしたのは私だけではないようで、ここを訪れたほかの方もそんな風なことを話されていました。

体がゾワゾワッとなります。

ラ コリーナ近江八幡の中庭の田んぼの中には木の生えた小さな山がいくつかあって、そこには神様がいらっしゃるのではないかと思えるのです。

田んぼの中にある神様の住む小さな丘

ラ コリーナ近江八幡の中庭に田んぼの中には小さな島のように見える山がいくつかあって、そこには神様がいらっしゃるのではないかと思えるのです。

その山の神様に手を合わせて祈りたいと思ったことは発見です。

日牟禮八幡宮にも行かなければ!。

それはわたしが心の中で思ったことですが、きっとほかの人の中にも同じように感じるひとがいるはずです。

そんな気がします。

お正月には中庭で振る舞い酒があると最高ですね!。

いつかそんな時代が来るのかも!。

けど飲酒運転はだめですから微妙です。

蛇足ですが、私はお饅頭を食べながらお酒が飲めるタイプです。

話が横道にそれてしまいました。

たねやクラブハリエ本社棟

建物の草ぶき屋根のてっぺんに生えている小さな常緑樹(松の木?)は緑色です。

ちょうど神社や神棚に飾る榊のようにも見えます。

神様が降臨されるための目印のようにも感じます。

思い付きですがこんなデザインの避雷針があってもいいですね!。

多くの人が黄金色のメインショップ棟をバックに記念写真を撮っていました。

きっといいことがあるに違いありません。

ラ コリーナ近江八幡のフードコートやギフトショップあたりに佇んでいると美大のキャンパスに来ているようなデジャブを感じます。

フードコートは美大のキャンパスにいるようです
小さなフィアットにサンタクロースの帽子が

お店があるメインショップ棟を通り抜けて中庭に出るとフードコートやガレージスタイルのギフトショップがあります。

このあたりで腰かけていると、どこかの美術大学のキャンパスのテラスでサンドイッチを食べながら休憩しているようなデジャブを感じます。

きっと心で感じることでしか伝わらない何かがここに隠されているのでしょう。

ラ コリーナ近江八幡は不思議な場所でした。

ラ コリーナ近江八幡写真ギャラリー

-写真, 風景
-, , , , ,

テキストのコピーはできません。